サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

修正:定期購読キャンペーン(1012-31)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. ライトノベル
  4. 男性向け
  5. 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん

電子書籍

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 完結

著者 著者:入間 人間,イラスト:左

御園マユ。僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひと。彼女は今、僕の隣にちょこんと座り、無邪気に笑っている。リビングで、マユと一緒に見ているテレビでは、平穏な我が街で起こった誘拐事件の概要が流れていた。誘拐は、ある意味殺人より性悪な犯罪だ。殺人は本人が死んで終了だけど、誘拐は、解放されてから続いてしまう。ズレた人生を、続けなければいけない。修正不可能なのに。理解出来なくなった、人の普通ってやつに隷属しながら。──あ、そういえば。時間があれば、今度質問してみよう。まーちゃん、キミは何で、あの子達を誘拐したんですか。って。第13回 電撃小説大賞の最終選考会で物議を醸した問題作が登場!

50%OFF

【期間限定 半額】嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸

11/01まで通常594

297 (税込)

【期間限定 半額】嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸

ポイント :2pt / 紙の本より297おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.5MB 無制限
Android EPUB 10.5MB 無制限
Win EPUB 10.5MB 無制限
Mac EPUB 10.5MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

「ぼく」と彼女たち

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ト―チ - この投稿者のレビュー一覧を見る

春、夏、秋、冬――四つの季節とともに語られる、「ぼく」の思い出。
この物語は、あの事件から生還を果たしてから「みーくん」となるまでの、僕の××と感動と笑いと涙で構成されたウキウキ青春学園恋愛コメディーである。後半嘘だけど。あ、一応学校はあるかな。

春――、事件が解決してまだ間もない季節。「ぼく」がまだ、病院にいたころ。せんせーこと坂下恋日医師の治療を受けながら、世間から隔絶された生活を過ごす。そこでぼくが会ったのは、テレビの前に陣取る女性・ヤマナさんだった。
「しょーねんは、ここから出たら絶対に孤立する」
夏――、小学校を留年し、下の学年に編入した「ぼく」。そこで待っていたのは、これから一生ついて回る「誘拐犯の息子」というレッテル、そして風変わりないじめっ子、ト―エだった。
「じゃーわたしだけか。えせ君の友達は」
秋――、近所の山の遠足で1人迷子になった「ぼく」。ここは、懐かしくもにもうとがよく狩りに来ていた山だ。思い出されるにもうととの一日。「ぼく」が初めて「あにーちゃん」と呼ばれた日。
「変なのが動物を殺してた。あたしより先に」
冬――、久しぶりにみかけた、御園マユ。一番先に壊れて、「ぼく」をお人形として、「ぼく」を覚えていない女の子。だから「ぼく」は、またみーくんになるなんて思いもよらなかった。
「みーくんはこれから、まーちゃんとずっと一緒なんだもん」

監禁事件から帰って日が浅く、本編以上に異常性の目立つ主人公。後ろ指をさされながら、自分の狂気を知りながら、それでも生きていく「ぼく」。
他人から見れば不幸の塊かもしれないけれど、それでも、ぼくはあの時幸せでした。
とってももしもにもしかして、壊れていない正しさのある世界なら、
どうかぼくの世界が、壊されませんように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ある単語がタブーになっている理由は

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まずこの本を手にとって驚くのは、カバー裏のデザインだろう。黒字に朱色で様々な文中のセリフがデザインされており、異様な印象を醸し出す。赤ではなく朱にしたのは、少し躊躇があったのかもしれない。そして内容。これも一般的に言う普通ではない。
 舞台となるのは普通から少しずれた街。なにせ現在、連続殺人事件と小学生兄妹の誘拐事件が継続中。そして普通の高校に通う女子高校生、御園マユ、まーちゃんも普通じゃない。彼女は小学生の時に、幼なじみのみーくんと共に誘拐監禁され、現在は小学生兄妹を自宅に監禁中。それを察して自宅に乗り込んできたみーくんと共に、不思議な共同生活が始まる。
 幼少期の事件によるPTSD、連続殺人事件犯の動機、誘拐された兄妹がとどまる理由、そして幸せの形。様々な要素が、精神科医の恋日先生、刑事の上社奈月などを織り込みつつ、みーくんの視点で語られる。あえて一言で言うならば、子供の頃に犯罪に巻き込まれ心に深い傷を負い、その影響が今に現われてしまっている少年少女のおこした犯罪と、贖罪あるいは代償の物語。
(うがった見方をするならば、どこかのひな形を分かりやすく書き下した物語と言うこともできるかもしれない。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もどれない、もどれる、もどれない

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 行方不明だったみーくんの妹が登場。いきなりミンチ殺人の容疑者扱いです。
 みーくんの妹は、みーくんにとって過去の象徴のようなもの。シアワセとは言い切れなかったかもしれないけれど、監禁事件で壊れる前の関係を今に届けられる唯一の人物。一方で、まーちゃんは壊れた後の象徴。明らかにまーちゃん側に寄っているみーくんの選択が変わるか否かという点が一つの見所かもしれない。
 今回は二人の学校での人間関係にも注目。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

はじまりのはじまり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

事件が起こる前にさかのぼったランドセル姿の主人公が初々しい。全10巻にもおよぶ壮大な物語が始まる前の、胎動が感じられてよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

事件の動機は

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 前巻でかなり閉じた結末を迎えたので、正直言ってどのように展開させるのか分からなかったのだが、新たな人物が登場してきました。長瀬透。みーくんの元彼女という設定。
 こうなると、みーくんは幼少期の事件後、どういう立ち位置で生きて来たのか良く分からなくなってくるなあ。まーちゃんらぶと言いながらも、浩太&杏子誘拐事件が起きるまではその存在と関わることなく、長瀬らぶで生きていた時代もあったことになってしまう。そうなると、みーくんは本心では今でも普通の生活がしたいのだけれど、色々な事情があってそれができないから、代替案としてまーちゃんとの暮らしを求めているんじゃないの、とも思えてくる。でもそれって、まーちゃんの記憶が戻ることを恐れていることと矛盾するしねぇ。まあ、透が登場してくるのには、それなりの理由があるわけだけど。まだまだ過去にとらわれ続けます。

 お話的には、(恋日先生の実家の病院に)入院中のみーくんと、後追い入院したまーちゃんが病院で(自然死ではない)死体に遭遇する、というもの。そしてまた犯人と対峙する。
 過去の事件に関係する展開もあり、新たなキャラとして看護師さん(おそらく、らぶみさんと言う名前だろう、きっと)も登場するという、前巻の正統的な続編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

イカレきっている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:september - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずイカレてしまっているみーまーバカップル。ふぅ、いつものことだけど読みにくいな。でもちゃんとミステリしてますね。元カノ長瀬が波乱を起こすかと思いましたが過去の事件にも存在が繋がっていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

入間人間デビュー10周年記念作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nawade - この投稿者のレビュー一覧を見る

入間人間デビュー10周年記念作品。
みーくんとまーちゃんの双子の姉妹の運命を描いた物語。
親の因果が子に報うというのとはちょっと違うかもしれないが数奇な運命に振り回される姉妹。

至極、不安定な物語で主語、時間が曖昧で読んでいて酩酊とした気分になってしまう。
それにしても、10周年記念にこんな作品をぶつけてくるとは、らしいといえばらしいのかもしれないが、モヤモヤを抑えきれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する