サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 78件

三体 新着

著者 劉 慈欣,大森 望,光吉 さくら,ワン チャイ,泊功(訳),立原透耶(訳),上原かおり(訳),ワン チャイ(訳)

尊敬する物理学者の父・哲泰を文化大革命で亡くし、人類に絶望した中国人エリート女性科学者・葉文潔。彼女が宇宙に向けて秘密裏に発信した電波は惑星〈三体〉の異星人に届き、驚くべき結果をもたらす。現代中国最大のヒット小説にして《三体》三部作の第一作

三体

税込 1,210 11pt

三体

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー78件

みんなの評価4.3

評価内訳

三体 1

2020/08/05 23:49

圧倒的スケールで描かれるSFの原点。

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は、アメリカ最高のSF賞とも言えるヒューゴ賞を受賞している。
しかもアジア人初受賞であり、そもそも翻訳小説としてヒューゴ賞を受賞すること自体が初快挙なのである。
そんな大注目作品である本作、結論からいうと前評判に劣らない見事な作品だった。

本作のコンセプトは異星文明とのファーストコンタクトである。
これだけを聞くと今まで何度も使い古されてきた題材であると思われるかもしれないが、本作はそのシンプルさが強みとなっている。
最近のSF作品は身近な出来事や日常生活に焦点を当てた、こじんまりとした作品が多いと思われる。
そんな中、本作は圧倒的なスケールで話が展開されていく。
それはまるでSFの原点に立ち返ったかのようで、誰もが宇宙規模の「未知」の世界や科学技術に魅せられることだろう。

また、そのシンプルさに併せてSF要素以外のエンタメ要素をうまく取り入れているのも、本作の魅力の一つだ。
主人公であるワン・ミャオが撮影する写真に映る謎のカウントダウン。
科学者たちの相次ぐ自殺。
そして物語の中盤でワン・ミャオの身に起こる事件。
これらのミステリー要素やサスペンス要素を盛り込むことでページを繰る手が止まらない。

個人的に最も素晴らしいアイデアだと思ったのは、物語内で出てくるVRゲーム「三体」である。
これを用いることで三体世界の説明を登場人物に理解させつつ、読者にも物語の世界観を説明する構造が非常に上手いと思った。
またVRゲームのパートは世界観の説明ではあるのだが、このゲーム内の描写もとても面白い。

そしてもう一人の主人公である葉文潔の過去も本作の欠かせない要素である。
彼女が経験してきた辛い出来事の至る所に政治的問題が描かれており、彼女の下した決断について非常に考えさせられた。
彼女を通して人間に対する「絶望」を描き、ワン・ミャオや史強を通して人間に対する「希望」を描いている。
この人間に対するそれぞれの考え方や、三体協会の内部分裂などが物語に奥行を与えていた。

本作はSF好きな方は勿論のこと、今までSFを遠ざけていた方にも是非読んで頂きたい。
ジャンルに囚われることなく、ただひたすらに面白い小説として本作は素晴らしい作品なのである。
しかもこれがまだ三部作の一作目というのが恐ろしい・・。
二作目以降にも大いに期待したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 2 黒暗森林 下

2020/08/12 16:32

副題に込められた意味。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

フェルミのパラドックス
ーー物理学者エンリコ・フェルミが指摘した地球外生命体の文明の存在の可能性の
高さと、その様な文明との接触の証拠が皆無である事実間の矛盾を指す。

本作の副題である「黒暗森林」はフェルミのパラドックスに対する解釈となっている。
下巻では、上巻の冒頭で葉文潔がルオ・ジーに提案した「宇宙社会学」が物語の鍵となる。
「宇宙社会学」の二つの公理と概念を駆使して導き出される結論に驚きを禁じ得ないと同時に、とても納得できる内容となっていた。

下巻では上巻の伏線回収は勿論のこと、アッと思わず声を出してしまう驚きの展開の連続である。
ミステリーと言ってしまっても差し支えないのではと思ってしまうぐらいの、見事な伏線回収と展開なのだ。

第一部以上にハードSFとしてエンタメ小説としてパワーアップした本作は、もう非の打ち所がない。
難解な技術的描写でさえもエンタメに昇華してしまう著者の筆力に感服した。

そして「黒暗森林」や「猜疑心連鎖」といった学説は、現代社会のメタファーなのではないかと考えてしまう。
恐怖から相手への理解よりも攻撃を最優先してしまう姿勢は、未だに我々がとりうる行動である。
そういった目で本作を見るとただのエンタメ小説ではなく、危機に面した時に我々がどのような行動を取るべきかを記しているように解釈できるのではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 2 黒暗森林 上

2020/08/12 16:04

前作はプロローグに過ぎなかった。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の圧倒的スケールでさえもプロローグに過ぎなかった。
本作では、「智子(ソフォン)」というスーパー粒子によって三体人に情報が筒抜けの状況下で、どの様に三体人に対抗するかが舞台となっている。
そこで登場するのが「面壁計画(ウォールフェイサープロジェクト)」。
「智子」から唯一秘匿にできるのが人間の脳なのである。
「面壁者(ウォールフェイサー)」に選ばれた人間は自らの真の計画をだれにも明かさずに推進する必要がある。
この設定が非常に素晴らしい。
「面壁者」の真の意図が何なのか読者にも明かされず、その「面壁者」の計画を暴こうとする「破壁者」との頭脳戦が第二部である本作の見所の一つだ。

またそれら以外にも、三体人が侵攻してくるにあたって世界情勢の変化や逃亡主義等の思想の問題などの描写も圧巻である。
先進諸国に対して技術公開を求める技術公有化運動や、危機に陥ろうとも自国の安全を第一優先する国家の描写にとてもリアリティがあった。

「面壁者」達の本当の計画とは。
本作の主人公であるルオ・ジーは何故三体人に恐れられているのか。
そしてルオ・ジーの計画の真意とは。

様々な謎を残したまま物語は下巻へと続く。
早く謎の答えを知りたい一方で、まだ読み終わりたくないという思いも強くなる。
現代小説の最高峰である本作。
まだ読んでいない方は是非手に取ってみてほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 1

2019/10/04 16:55

久しぶりのSF

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマトビール - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても楽しめました。
過去と現在。ゲーム世界と現在。
交差しながらも読み手を混乱させない手腕。
科学雑誌読んでいると馴染みのワクワクする単語が散りばめられ。
「ここから先は作者の創造」
のSFの肝部分の理論が美しい。
続編が待ち遠しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体III 死神永生 上

2021/07/22 23:14

書籍版は字が小さく読みづらい...

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻を読了、作品の内容については下巻読了後にするとして、印象だけを書いておきます。
 前二作にくらべると、読んでも読んでもなかなか進まない印象があり、それは話の内容というよりは、活字が小さくなってページを繰るのが遅くなっているだけと思われる。ただ、数ページ程度のエピソードが並べ立てられているためか、話のつながりが悪く感じる。
 特に気になるのが、前二作でも感じたが、ある時に英雄として奉られた人が、少し時代が変わっただけで手のひらを返したように評価が反転し、悪人として扱われるところ。
 これは現実世界でもよくあることではあるものの、称賛か批判のどちらかしかなく、その中間的な状態がほとんど見られないというのが気になり、ちょっとついていけない感じがした。 作者としては意図的にそういう書き方をしているのか、それとも自然にそうなってしまっているのかは分からないが、何となく現実の中国の世情が反映されているように感じてしまう。
 それを端的に示しているのが、第一作冒頭の文化大革命のエピソードであるのだが、単に中国共産党による独裁がそうさせているのではなく、中国という国や民族の歴史がそうさせているのではないかと感じた。自らの知らぬところで、いつの間にか政権がひっくり返されてしまい、まったく別の民族が支配者になってしまえば、反対意見を言っても無駄であり、無条件に従わざるをえない、あるいは従ったふりをしなければ生きていけない。そういう世界に生きていると、時流に合わせて考え方が変わってしまう、というのもなんとなく納得できてしまう。その一方、心底まで考え方が変わってしまうわけではなく、虎視眈々と次のチャンスを狙っており、いざという時のために、あるいは保険のために、二の手、三の手を用意しておく。
 そういう中国人のメンタリティやしぶとさのようなものがにじみ出ており、日本人では作り出せない作品であり、また完全には受け入れることはできない作品であるとも感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体

2021/08/06 06:54

圧倒的なスケール。 息をもつかせぬ、緩急巧みな展開。 さすがの全世界2900万部の大ベストセラー。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語は文化大革命の真っ只中からスタートする。

想像をはるかに超えた、現実に打ちのめされる間もなく事態は展開していく。

文革後の時代パートの主人公である、天体物理学者のイエ・ウェンジェ。
父を紅衛兵の女子中学生に大衆の面前で殺され、この国の未来に絶望する。
その後勤務することになった軍事基地である発見をする。


そして、現代パートの物語は、ナノマテリアル研究者のワン・ミャオ。
「科学フロンティア」への潜入を命じられた彼に、ある日ありえないものが現れる。

「ゴースト・カウントダウン」
目の前に巨大な数値が現れ、常に減っていくのだ。


4000年の歴史を持つ国らしい、圧倒的なスケール。
息をもつかせぬ、緩急巧みな展開。

そして個性豊かな登場人物たちをたった一人で語り抜いた、朗読の祐仙勇の圧倒的な技量にも魅了される。

中国では2100万部、全世界では2900万部のベストセラーに偽りはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 2 黒暗森林 下

2020/11/30 22:12

水滴!!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゃび - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻も面白かったけど、下巻の面白さはもうとどまるところを知らないという感じだった。いくら科学が発展したとは言え未来の人類があまりに楽観的すぎて、おかしくない?なんかおかしくない??これ絶対やばいでしょと思っていたら案の定。とにかく水滴のインパクトにやられました。夢に見そう。
重苦しく凄惨な展開(本当に容赦がない)もある反面、未来社会の描写にはすごくワクワクさせられたり、何もかもが面白い。クライマックスも秀逸。第三部が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 1

2024/04/28 19:31

三体

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ムギ - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく話題になった本だということで読んでみた。普段SFはほとんど読まないし映画も見ない。どちらかというと苦手であったが、この作品は抵抗感なく読み進められた。三体という名前のゲーム世界の話と現実世界の物語、登場人物の過去の物語に最後には異星人の物語まで、次々と展開が進むが、章立てが細かく、置いてきぼりにならずに読みやすい。キーとなる三体問題についてはイマイチ理解できたかといわれると微妙だが、それで投げ出さないくらい物語として魅力的だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 1

2022/01/21 09:24

シリーズ全体のプロローグ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とらとら - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わって、シリーズの次、最後の結末までをとてもよみたくなりました。
しっかりしたSFものは、ここ10年くらいずっと読んでいなかったのですが、中国発で、各方面からの推薦がされている作品ということで、久しぶりに読みました。
最初の、文革関係の描写の部分では、読み進めるのに少し苦労をしました。でも、その後の展開と、その特定の設定の中での人間・世界の行動・考えが披露される部分は、とても楽しめました。   登場人物のなかでは、史強がとても魅力的です
この後のつづき、2、3を読むのが楽しみになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体

2021/12/03 10:56

面白かったです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:iha - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に複雑で壮大な物語です。冒頭は中国の文化大革命から始まり歴史小説かと思いきや、あっという間に時間軸が現代に移動し、科学者の不審死を扱うサスペンス物のようでもあり、SFのようでもあり…。いろいろな要素が繋がりはじめ物語に全容が少しづつ明らかになり始めるのは中盤以降。難解な科学や思想的な考察もあって非常に読み応えがあります。そして物語は全人類に絶望を与え唐突に終わりを迎えます。次作ではどういう展開になるのでしょう。非常に楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面壁者は、新しい世界で答えのない戦いに挑んでいく。圧倒的なスケールと、その奥底に流れる人間への洞察の素晴らしさ。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mitu - この投稿者のレビュー一覧を見る

地球は三体文明により侵略の危機的状況にあることが判明。

人類は、人類文明最後の希望となる「面壁者」(ウオールフェイサー)を立てて立ち向かうことを決断する。

4人の面壁者の唯一の生き残りの「宇宙社会学者」羅輯(ルオ・ジー)は、将来の三体文明の襲来に備えた冬眠(コールド・スリープ)から200年ぶりに目覚める。

すべてが変わってしまった世界の中でも、三体の脅威は残っていた。

そして、盟友の警察官・史強(シー・チアン)とともに、新しい世界で答えのない戦いに挑んでいく。

14億人近くの民を抱え、4000年の歴史を誇る、大陸の隣人の国の超大作。

圧倒的なスケールと、膨大な情報量と、想像の上の上を行く展開の数々。

その根底にある人間への洞察が素晴らしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 1

2021/07/16 15:50

SFは読まないのですが、おもしろかった!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:owls - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFはほとんど読まないので、こんな大作よみきれるかな、と思いつつ読み始めたのですが、・・・一気読みでした。想像がつかない展開の連続で、おもしろかった! 物理や化学が苦手なので、SF要素だけだと読みづらかったかもしれませんが、物語自体がおもしろく、途中からなんだか、サスペンスみたいな感じでもありました。これからどうなっていくのか先が気になる。続きを読みたいとおもいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 3下 死神永生 下

2021/06/08 22:45

あまりにも広大で無機質な宇宙に対して、私たちに残されたものとは。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFというジャンルは、通常ならば考えられないような脅威に対して、私たち人類に何ができるかを考えさせてくれる。
つまり、人類共通の課題を明確に突きつけるのだ。

「三体」シリーズの最終巻となる本作では、宇宙という途方もないスケールの世界を描くことで、私たち人類を人類たらしめるものが何かを浮き彫りにしている。
もちろんそれは、地球が危機に瀕していようとも自己の安全だけを追求する利己的な姿勢であったり、
都合が悪くなると手のひらを反す自己保身であったりと、決して美しいものばかりではない。
特に「生存の障壁となるのは弱さや無知ではなく、傲慢さだ」という記述は、私たちが肝に銘じるべきであろう。

計り知れないほど広大で、私たちの理解など足元にも及ばないほど未知数で、冷酷無比な宇宙。
宇宙という膨大な世界から見れば、私たちなど自宅の部屋に引きこもり、玄関からすらも出ることができない子供に過ぎない。
なんと無力なことか。
しかし著者は、そんな宇宙においても人間の持つ「愛」には価値があることを信じている。
本作のクライマックスで描かれるシーンが、まさにそのことの証左と言えるだろう。

今現在コロナ禍で世界が混乱している中、カミュの「ペスト」が注目を集めている。
将来的に人類社会では太刀打ちできない、予期せぬ出来事に遭遇した時、
本作も「ペスト」のように人類の指針として再注目される可能性は大いにあるだろう。
SFの歴史を変えた超大作をリアルタイムで読むことができるのは、今この時代に生きている私たちだけに許された特権だ。
その幸福を享受できることに、感謝しながら最後のページを読み終えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 3上 死神永生 上

2021/06/05 18:18

SF史にその名を刻んだ作品の、有終の美。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲイリーゲイリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作はハードSF要素が前作及び前々作をも遥かに凌駕しており、より純粋なSF小説と言えるだろう。
気が遠くなるほどの時空的にも概念的スケールに圧倒され、胸の高鳴りを押さえることはできない。
これほどのスケールを描くには、膨大な科学的知識とそれを基にした独創性が欠かせず、著者はそのどちらもが世界最高峰だと再認識させられた。

また、ストーリーテラーとしての手腕にも度肝を抜かれる。
ストーリーの緩急、伏線、意外性、衝撃の展開など、どれをとっても一級品。
予期せぬ怒涛の展開が繰り広げられ、読者は著者の導くまま身を任せる他ない。
常に先の展開が気になり、ページを繰る手が止まらないといった読書の醍醐味を味わえる。

そして「三体」シリーズを通して浮き彫りになるのが、人類社会の脆弱性だ。
本作でも、どれほどの危機に直面しようとも団結せず、自己の利益を追求し足の引っ張り合いを幾度となく繰り返す人類が淡々と描かれている。
都合が悪くなると手のひらを返し、自己保身と正当化に傾倒する人類こそが三体文明以上よりも恐ろしいと感じるのは私だけだろうか。

しかし、そんな人類だからこそ持ちうる感情や道徳観・倫理観の尊さも同時に描かれている。
宇宙から見れば陳腐で強靭さとは無縁の存在かもしれないが、それでもそこに一筋の光が、美しさが、希望が見出せる気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三体 1

2024/05/13 02:52

三体1

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ごんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国のSFが面白かったです。三体の意味が最初はわかりずらかつたが、読むうちに数論の三体問題であることがわかり宇宙人である三体人と地球人の未来の話につながるところが面白いと思いました。続きがあるので読み続けていきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。