サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

ぬらりひょんの孫 モノクロ版(ジャンプコミックスDIGITAL)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 27件

電子書籍

ぬらりひょんの孫 モノクロ版 完結

著者 椎橋寛 (著)

妖怪の総大将・ぬらりひょんの血を継ぐ奴良リクオは、一見普通の男の子。妖怪の総本山・奴良組の若頭として、祖父のような立派な首領になることに憧れを抱くのだが…!? 痛快妖怪任侠活劇、ここに開演――!!

ぬらりひょんの孫 モノクロ版 1

401 (税込)

ぬらりひょんの孫 モノクロ版 1

ポイント :3pt / 紙の本より20おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 53.2MB 無制限
Android EPUB 53.2MB 無制限
Win EPUB 53.2MB 無制限
Mac EPUB 53.2MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!

「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

 

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー27件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (13件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

奴良組、反撃の狼煙

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 牛鬼が奴良リクオを鍛えるために連れて行ってしまったため、主を失った奴良組の百鬼夜行は壊滅してしまいそうになる。しかし、何人かの妖怪の頑張りと、花開院ゆらと破軍、竜二や魔魅流の助力もあり、何とか京妖怪の鬼童丸や茨木童子の攻撃を凌ぐことに成功する。
 その頃、修行中のリクオや鴆、そして花開院本家には、それぞれ別の敵が迫っていた。

 本巻は羽衣狐が比較的お暇な感じです。強力な京妖怪に対抗するため、新たな畏を身につけたり、改めて協力関係を強力にするなど、攻撃側は準備にいそしんでいます。
 前回と同様、奴良組主力妖怪の過去編も盛り込まれています。今回は青田坊。しょうけらの伝承と絡めて、面白いストーリーが展開されます。

 カバー下の表紙には、十三代目の凄まじい適応力が垣間見えるおまけマンガが掲載されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

反転攻勢のきっかけ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 第一から第三の「慶長の封印」を守護する花開院の陰陽師である秋房、雅次、波戸が羽衣狐一党に撃破され、ゆらや竜二、魔魅流が守護の前線に加わる。そして、魑魅魍魎あふれる街となった京都には、清十字団のメンバーたちも到着する。
 一方、奴良リクオを筆頭とする奴良組京都侵攻部隊と、リクオについてきた遠野妖怪たちは、間もなく京都上空にさしかかる。だが、混成部隊の弱みが露見しようとしていた。

 防戦一方だった花開院に予想外の助っ人が登場。約四百年のうちに失伝しかけていた「慶長の封印」の仕組みを生かし、反転攻勢のきっかけがつかめるのか、というのが興味深いところ。
 そして、京妖怪と対等に戦うには必須能力である畏を、なぜリクオが遠野に行くまで身につけることができなかったのか?果たして奴良組の妖怪は京妖怪と渡り合える実力を持っているのか?という疑問も、今後の戦いの帰趨を占う上で重要なことだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

百鬼夜行の目指す道

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 奴良組の幹部を襲っているだけだった四国の妖怪たちが、人間もその対象とし始め、そしてついにリクオの学校にまで来るようになる。クラスメイトにまで被害が及ぶ状況になったリクオの対策とは。
 妖怪であるがゆえに人間とはなれなかった犬神。そしてその犬神を使役し、人間と妖怪の枠を超えた頂点に立とうとする玉章。同じように妖怪の血を引きながらも人間であろうとし、それでいて妖怪も守ろうとするリクオ。二人の百鬼夜行の行く道が交差し、次巻では衝突します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ぬらりひょんの孫

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:karasunoboss - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぬらりくおが百鬼夜行を率いて鵺(安部請明)を倒す妖怪物語

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

雑誌の週刊ジャンプで読むよりも面白い。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:giwatake - この投稿者のレビュー一覧を見る

雑誌の週刊ジャンプだと読めない作品だがコミックスになると評価がグンとあがる。
とても面白い作品だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鵺の正体

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 鬼纏を習得して土蜘蛛と戦えるレベルになったリクオのもとに、遠野妖怪たちも集結する。そんな戦いが行われている裏では、弐條城で羽衣狐とぬらりひょんが400年ぶりの再会を果たしていた。
 鵺の正体と、千年前の京都で起きた鵺誕生の物語が明らかになる。

 リクオが新しい百鬼夜行を築き始めているのと同時に、ぬらりひょんは四百年前から続く奴良組と羽衣狐の因縁を断ち切るために弐條城に赴く。そこで今回の事件に秘められた陰謀が見え隠れするのだ。
 一方で、鵺の意外な正体も分かってくる。妖怪と人間のクォーターであるリクオと、同じ様な立場の存在であるのだが、そこから目指した方向性はかなり違う。これから始まる戦いは、そういう思想の違いによる衝突という面もあるのかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

首無と毛倡妓

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 土蜘蛛に完敗し、つららを人質に取られてしまったリクオの前に、総大将がもっとも信頼する人物が現れ、彼を導こうとする。
 一方、主を失った百鬼夜行はバラバラになる寸前。守るべきものを守れなかった自責の念に捕われた首無は、百鬼夜行を離れ、一人で京妖怪に戦いを挑む。それを追いかける毛倡妓、そして明かされる彼らの過去。

 対象がパワーアップ修行中の間、これまで一歩控えているポジションにいた首無や毛倡妓がメインをはる。番外編も含め、江戸時代の彼らの姿が描かれていて、いつもとは違うしっとりとした雰囲気になっている気がする。ちょっと大人っぽいというか。
 パワーアップしたリクオが活躍するのは次巻になりそう。

 番外編では、ぬらりひょんと珱姫の新婚時代の姿が、表紙ではすっかり影を潜めた家長カナの読モデビューが描かれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一つの目的に向かって

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 京都の入口にようやくたどり着いたリクオ率いる百鬼たちは、打倒した白蔵主の助言に従い、第一の封印である伏目稲荷の地に向かう。その頃、十三代目秀元の導きにより、花開院の陰陽師たちも伏目稲荷に向かっていた。
 人間と妖怪、双方が集まる場所に降りたつ恐るべき怪異とは。

 今回から「奴良組通信」第一号が織り込まれている。本体表紙のおまけも健在。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すべてはあのとき始まった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 穏やかな日常も、その夜の部分である妖としての因縁も、ぬらりひょんの過去から現在へとつながっている。その内容は読んでいただければ良いとして、過去編の中で浮き彫りにされるのは、四百年という時間は妖怪にとっても長い時間だということだろう。
 ぬらりひょんの百鬼夜行に連なる一ツ目の濁りのない瞳や、狒々の若々しい姿など、現在の変わり果てた姿からは想像するべくもない。妖怪ですら変わり果ててしまうというのに、式神破軍で再び出会えると言える花開院秀元は、人間として異質な存在なのかもしれない。

 そして舞台は現代へと戻り、遠野&京都編へ。妖怪としてのステージを一段上がろうとするリクオと、本家へ戻ったゆらの姿が見られる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ぬらりひょんの過去

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 花開院ゆらの兄たちの登場により舞台の中心は四百年前の京都へと移り、若かりし頃のぬらりひょんと羽衣狐の因縁のはじまりが描かれる。青春18キップで京都まで移動するゆらは兄たちのいいおもちゃになっています。

 これまではリクオが主役で、彼がほとんど人間だったこともあり、妖怪と人間が対立するという構図はほとんどなかった。しかし、人間を襲う羽衣狐が現れ、花開院流の陰陽術師が関わるのならば、いずれ人間と妖怪の違いは問題になってくるかもしれない。でも少年マンガという性格上、妖怪なのに人間を守るヒーローの奴良組という構図は崩れ様がないのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

菩提を弔いながら何をなすのか

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 敗者の息子として生まれ、隠遁して暮らすには有り余る才気を持ってしまった妖怪の不運というべきか。自らの器も知らぬまま、身をもって教えてくれる者もおらず、結果、ただ力でねじ伏せるだけの生き方しかできなかった玉章。ぬらりひょんの孫として、その強さを間近で見て学ぶことができたリクオとの、成育環境の違いによる影響は否定できないだろう。今回の戦いの結末は、彼を一つ成長させたに違いない。
 シリアスな戦いの後は清十字団の活動でちょっと和み…と思いきや、結構深い内容のストーリーになっている。ここで妖怪と人間のどっちがあくどいのだろうかと考えさせておいて、次に妖怪を絶対悪とみなす人たちを登場させる構成の妙がある。

 おまけページには、玉章に魔王の小槌を渡した夜雀の主を示唆する情報も掲載されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ぬらりひょんの実力

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 牛鬼との闘いに決着もつき、奴良組を継ぐ決心を固めたリクオ。組の内部も何とかまとめ、若頭に就任したものの、その裏では、四国からの刺客が迫っていた。幹部の殺害に動揺する組員たち。そして、ぬらりひょんと花開院ゆらの前にも刺客が現れた。
 牛鬼の件で妖怪サイドに傾いた話の流れを、カナのストーリーで人間側に戻しておいて、新たな展開へと突入しました。戦闘シーンでの緊張感と、生活感あふれるコメディ的な部分の落差が、飽きさせない展開を作っている気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なし崩しの総力戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ぬらりひょんが不在のいま、玉章率いる四国八十八鬼夜行の襲撃に浮足立つ奴良組の構成員たち。彼らをまとめようと必死になるリクオだが、なかなか上手くいかない。そんなリクオに対し、鴆はとある一言を告げる。

 ついに対決は総力戦の様相を呈してくる。人間にも妖怪にも同じ態度で臨むリクオと、力のみを信奉し全てをコマとして扱う玉章。リクオに対するそれぞれの想いが、形としても変化してきていることは、結果に何か影響を及ぼすのだろうか。
 ところで、番外編のゆらはかなり壊れているね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日常の絆が生きるとき

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

百物語組の策略により、人間の敵にされてしまった奴良リクオは、彼を殺そうとする人間たちから狙われつつ、人間を殺す百物語組の幹部と戦い人間を守るという、困難な状況に置かれてしまった。奴良組幹部たちを各所に配し、百物語組の幹部を排除させようとするのだが、なかなか順調には進まない。そうこうしているうちに、やられる奴良組幹部も出てきてしまった。
 一方、ネット世界で状況を中止する清継は、彼が敬愛する百鬼夜行の主が、そして彼の友人があっという間に世間からつまはじきにされ、狙われるようになることに憤りを隠せなくなっていた。そしてその思いの赴くまま、彼も行動を開始する。

 街中に妖怪が散らばり、人間が妖怪に襲われる状況が出来てしまった。しかしデマが事実を上書きし、真の敵が見えなくなり、守ってくれる存在を敵として誤認させられる環境が作られる。一人の人間が全ての状況を一覧できない以上、断片的に入ってくる情報が全てであり、それがある程度に尤もらしく、それによって恐怖から逃れられるのならば、デマでも真実になってしまうのだ。
 人間を守りたいと思いながら、人間から狙われるようになってしまったリクオ。だがそんなとき、彼を支えるのは普段から培ってきた絆なのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

妖怪すら生み出す人の闇

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 奴良リクオ率いる三代目奴良組が敵対する百物語組の起源は、二代目・奴良鯉半にまで遡る。時は五代将軍・徳川綱吉の頃。開府以来、繁栄の一途をたどる江戸の町には、その光に比例するように、色濃く影も落とされていた。
 奴良組のシマの中に現れる、人間を傷つける妖怪たち。その存在を、畏れを生み出しているのは、山ン本五郎左衛門という豪商だった。百物語を行って妖怪を生み出し、それに人を襲わせることで畏れを集める。それに賛同する人々を権力者の中に見出し、それを拡大していく。

 そんな現状を江戸の町を遊び歩いていることで覚った奴良鯉半は、その根源を探る中で、百物語の妖怪を守る黒田坊に命を狙われるのだった。
 このシリーズは、妖怪が悪さをするのではなく、その力にみせられた人間の欲望が最悪の妖怪を生み出していくという含みのある構成で、そのために山ン本五郎左衛門はちっぽけな人間らしい人間として描かれている。その落差から妖怪を産み出す心の闇が凄まじいのだ。

 安定した売上があるからこそ許される、主役が登場しない展開。でも、羽衣狐の依代として利用された山吹乙女が幸せだった頃が見られるので良いかもしれない。
 おまけもたくさん収録されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する