サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:日替わりクーポン(0813-16)

【SS/700】【白泉社】【特集】【クーポン】【OP】白泉社 全品30%OFFクーポン(~8/16)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 漫画・コミック
  4. 内容別ジャンル
  5. 秘密 -トップ・シークレット-
秘密 -トップ・シークレット-(ジェッツコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 53件

電子書籍

秘密 -トップ・シークレット- 完結

著者 清水玲子

変死を遂げた米大統領、自殺した連続殺人犯…。彼らの脳に遺された映像が語る「秘密」とは…!? 大幅加筆の上、シリーズ第1作より収録!!

秘密 -トップ・シークレット-(1)

686 (税込)

秘密 -トップ・シークレット-(1)

ポイント :6pt / 紙の本より44おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 54.4MB 無制限
Android EPUB 54.4MB 無制限
Win EPUB 54.4MB 無制限
Mac EPUB 54.4MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本秘密 トップ・シークレット 7

2009/11/05 18:10

質量ともに、シリーズ最強の読みごたえ。衝撃度は、マグニチュード7クラスです。

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 死亡した犯人あるいは被害者の脳を取り出し、彼らが生前に見た映像をスクリーンに映すことで得られる情報をもとに、捜査員が事件解明を行う「MRI捜査」が可能になった2060年頃の日本。特に、通常の捜査では解明不可能な凶悪犯罪、異常犯罪に用いられるこの「MRI捜査」を一手に担っている科学警察研究所法医第九研究室、通称“第九”を舞台にしたこのシリーズ。犯人や被害者だけが知っていた生前の「秘密」が、事件の真相を知るためとはいえ、容赦なくさらけ出されてくるスリリングな妙味。今回、シリーズ7冊を一気に読まされながら、毎回、ぞくぞくさせられました。

 なかでもこの最新刊の第7巻は、凄かった! 余命わずかな人物が「鬼」となって実行した事件に潜む、恐るべき復讐の刃(やいば)。周到に計画、実行に移された誘拐事件の全容が明らかになった時、思わずぐぐっ・・・・・・とこう、息を呑みましたねぇ。地獄の機械が回している運命の歯車を思わせる事件の顛末、皮肉な様相を呈する事件の悲劇的な展開に、震撼させられましたです。

 さらに、シリーズ第4巻で導入され、新機軸となった話の妙味として、“第九”の室長である薪(まき)警視正と、“第九”の捜査員で部下の青木一行(いっこう)、法医第一研究所の女・薪こと三好雪子の三角関係があります。本巻でも、薪と青木の精神的な繋がりの強さ、深さを描いた場面が出てきて、それがこの、胸をえぐる復讐戦のアクセントとして効いているんですね。癒し効果というか、人間的な温もりを感じることができる本書の210~217頁にかけて。ぐっと胸に迫ってくるものがありました。

 余談ですが、本シリーズと一脈通じる味わいを持つシリーズとして、漫画ではないミステリ小説ですが、山田正紀の「おとり捜査官」シリーズ5巻(朝日文庫)を挙げておきます。こちらもとても面白いですよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本秘密 トップ・シークレット 1

2004/12/29 10:12

「見る」という行為の真髄。

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いくら - この投稿者のレビュー一覧を見る

生前の脳が見た映像を再現するMRIスキャナーという装置が実用化され、捜査に使われるようになった未来が描かれています。
様々な犯罪の真相を暴く秘密兵器になる!と期待されたが、MRI捜査には絶対的な精神力が必要とされ…。

表紙の美しさと帯の紹介文を見て、衝動的に買ってしまったのですが、これが大正解でした。世界観に見事に共感してしまいました。
MRI捜査に関わる人々の思いや、自身の抱えるジレンマも丁寧に描かれているのも印象的でした。

MRIスキャナーで映し出された映像は、その人の瞳を通しているので、とても主観的で「本当の姿を映している」のではなく、「その人の瞳に映った姿」なのです。
自分の視線の行く先を他人に知られたら…? 恥ずかしくて死にそうです。(もちろん、死んでからMRIスキャナーにかけられるのですが…)
普段何気なく行っている「見る」という行為の真髄を考えさせられる、奥の深い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サスペンス好きに…!

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あい。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもハラハラして次巻が出るのが楽しみな作品です。
私は推理小説を読むのが好きなのですが、そんな方にはピッタリの作品だと思います。
主人公が美形なのにボスという…女性からしたらそういった意味でも嬉しい作品です。
話は50年ほど未来の設定ですが、特に現代でも違和感を感じません。
「死んだ人の脳を見て、犯人を見つける」という言葉にすると単純なのですが、話は本当にスリリングでドキドキします。
当初は夜読むのが怖かったです。
本格的な推理物を好きな方にも是非、読んでもらいたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本秘密 トップ・シークレット 2

2003/07/16 10:37

清水玲子の真骨頂

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:べあとりーちぇ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 精密で優美な絵と骨太なストーリー、それが清水玲子の持ち味であるが、忘れてはならないのが細やかな細やかな心情表現であろう。誰にでもある喜怒哀楽を、時にはストレートに、時には思いもかけないところからまるで手品のように取り出して見せ、読者の涙腺を弛ませるのである。

 得意のSF分野、しかもかなりハードな設定にうっかりするとグロくなってしまう題材(それが美しく見えるのだからさすがとしか言いようがない)を扱ったこのシリーズ、第1巻も大変読み応えのある素晴らしい出来であったが、どこかに実験作的な印象も残っていた。第2巻はさらに清水玲子らしさを増して、より完成された作品になっている。

 主に犯罪者の今わの際の映像を見つづけなければならない第9の人々にとって、異色新人捜査官天地のおとぼけ、コミカルなズレ具合は、もしかすると時に鬱陶しいものだったかもしれない。その彼女が誘拐され、とんでもない脅迫状が届けられる。唯一の手がかりである天地の「夢」を追ううち、主人公は窮地に踏み込んで行くのだが…。

 人の幸せとは何なのか。メーテルリンクの「青い鳥」のように、幸せは日常のなんでもないところに潜んでいるのかも知れない。みんな気が付かないだけなのだ。天地の夢の中にいた「青い鳥」はそのことを思い出させてくれる。第9の人々には遅すぎる苦い後悔を伴って。

 思わず泣いてしまったとしても、それはあなたが悪いのではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本秘密 トップ・シークレット 1

2002/06/16 13:02

永遠の秘密が暴かれる時。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 合衆国大統領の死に際し、その死因を特定するために警察はMRIと呼ばれる捜査を採用した。それは、死んだ人間の脳が見ていた映像をビデオのようにそっくり再現する方法だった。そして永遠に守られるはずだった死者の「記憶」が明らかになる…。

 人の脳に残る記憶は実際に起こった出来事を正確に記憶しているとは限らない。主観によって、好きな相手が美しく見えたり嫌いな相手がモンスターに見えたりしていることもあるかもしれない。けれど、それは本人だけが知る「秘密」。真実は自分にしかわからない。しかしもし、その秘密が暴かれることがあったら……? というサイコサスペンス。
 上記のお話は読み切りの短編で、その後に本編?が始まる。こちらは日本を舞台にした、少年達の謎の自殺を追う捜査官たちのお話。清水玲子さんの麗しい絵柄とスピード感のあるストーリーが絡んで、目が離せなかった。内容的にはこの1冊完結しているが、「1」となっているので続編にも期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本秘密 トップ・シークレット 2

2005/01/01 01:25

モノクロームの奇跡

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐原さば - この投稿者のレビュー一覧を見る

近未来の日本の科捜研が2巻目では舞台となる。猟奇殺人に挑む捜査官らの秘策は、やはり1巻目と同様、死者の脳が見せる映像となる。

だがやはり、ここでも死者の見たものは、決して唯一の「現実」ではありえない。そこに介在する主観によって、現実(といえるものは存在するのだろうか)は歪み、変態する。

だが、作者が本作で提示したのは、一方方向の歪みだけではない。ものごとには光があれば闇がある。扱われている事件そのものに光などはないが、事件を解決するキーとなったモノクロームの奇跡に、こころ掴まれぬひとはいないのではないだろうか。

漫画というメディアの恐ろしさと美しさを、作者はあますところなく見せてくれた。そんな白と黒の奇跡に、たとえようもなく美しい光を見たような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定無料】秘密 -トップ・シークレット-(1)

2017/03/05 07:59

目は口ほどに語りけり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

真実は見た人との関係性の中にある。そんなことを考えさせる作品でした。誰かから、美しく見られたいと思うなら、見る人を惹き付けるような関係を築くべし。病的になると、メンドクサイが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

全シリーズオススメです。ただし、重いです。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ全編を通して軽く読み飛ばすことはできませんでした。
1話1話丁寧に読み進め、しまいには必ず泣いてしまいます。犯人や被害者の秘密のどこかに子ども時代の自分が隠れているような気がして。
なので再読するときはいつも1人で家の中で読むと決めています。
これらのお話がリアルではなかったことが幸いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

話に惹きこまれます

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

清水先生の物語はいつも凝っていて奥が深い物が多いですが、この作品も間違いなく読者の心に残るものになっていると思います。誰でも一つくらいは人に隠しておきたいことがあると思いますが、それがもし死後に人に知られることになるかもしれないとしたら?そんなテーマが貫かれていて惹きこまれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

捜査

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

薪警視正って、特別捜査官じゃなくても、相当に優秀な捜査官、もしくはプロファイラーなんじゃないんだろうか?
なぜいつもあれほど冷静に状況がわかるのか、すごい人だわ~~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

青木君お手柄!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新人の頃は、とっても頼りないイメージでしたが、今回は大活躍!!
目の付け所が違うってのがみそですかね?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やばすぎ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

すっごく、ぶっとんだ設定。
冒頭の某国大統領の秘密もだけど、
連続少年殺人犯のメッセージ、見たらそりゃやばいよ。
続きがすごく楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

予想外の目撃

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

完全犯罪であるかに思えた事件の真相を暴いた相手。
そこに行きつくのがこの捜査の肝になってくる。
脳を調べればわかるけれど、誰の脳なのかを探し出すのは通常の捜査とかわらないのかも・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

未来の捜査

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖い世界のお話です。
もし、現実がここまで追いついたら、安心して目を開けていることが怖くなるんじゃないかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

映画も見たけど、原作もいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:momoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

映画も、すごくよかったのですが
原作もとても良かったです。シリーズで読みたいと思いました。
絵も好きです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する