サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~7/29)

夏のメディア化タイトル 全品ポイント5倍! (~7/22)

ちょびっツ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 22件

電子書籍

ちょびっツ 完結

著者 CLAMP(著)

可愛さ無敵!の人型パソコン「ちぃ」! ――浪人生の本須和秀樹(もとすわ・ひでき)が、近所のゴミ捨て場で拾ってきた、1台の人型パソコン。「ちぃ」と名付け、思いっきり期待したものの、なんのソフトも入っていない役立たずとわかり……!? パソコンが人型をしている世界を舞台にCLAMPが描く、キュートな21世紀型ファンタジック・ラブコメディ!!

ちょびっツ(1)

540 (税込)

ちょびっツ(1)

ポイント :5pt / 紙の本より5おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 31.0MB 無制限
Android EPUB 31.0MB 無制限
Win EPUB 31.0MB 無制限
Mac EPUB 31.0MB 無制限

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア
対象商品
最大40%OFFクーポン

「最大40%OFF」の各種クーポン配布中!
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

キャンペーン期間

2018年7月13日(金)~2018年7月29日(日)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

アタシだけの人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちょび - この投稿者のレビュー一覧を見る

男性向けの雑誌に掲載されていた作品だったので、男受けを狙って、サービスシーン満載で、内容はさっぱりというのを予想していたのですが…
読み終えたときにはつくづく私もちいのように幸せになりたいと感じました。
そのひとがそのひとであるから愛するし、だからこそ自分を唯一無二の存在として愛して欲しいという気持ちは、男女共に変わらないのかな…と思いました。
絵も、色味がやわらかくて、ちいの着ている服を眺めているだけでも楽しめます。小さい頃着せ替え人形に着せたような、懐かしくて、なんのためらいもないものを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちょびっツ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりのひよこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょびっツ。
チョコレート見たいなタイトルですが、とっても可愛いパソコンのストーリーです。
パソコンも人形に…
ペッ○ー君ではなく、ドールですね。
mobileは小人さんサイズの人形パソコン。

続きがめっちゃ気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ちょびっツ(1)

2016/06/21 10:51

すももちゃんかわいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

PCが人間型がってのが変わってる。浪人生の本須和秀樹が、近所のゴミ捨て場で拾ってきたのは1台の人型パソコン「ちぃ」!ちぃちゃんも可愛いけど、すももちゃんは小さくてもっと可愛いしいな。ちぃちゃんの起動ボタンが…。青年誌向けだからかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちょびっと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:天雪 - この投稿者のレビュー一覧を見る

CLAMPの作品って、ホントにきれいですね。繊細で、言葉の一つ一つに、深い意味を持たせている。このちょびっツに出てくる登場人物は、みんな、ちょびっとの幸せに手が届いていない。ホントの幸せって、一体どこにあるのでしょうか。絵本の中の「アタシ」に、自分を重ねてしまうのは、きっと私だけではないはずだ、と思う。
笑いもあるのに、寂しさを感じてしまうのは、ココロのどっかが欠けているからかも知れない。ちぃの失われた記憶を一緒に探すように、戸惑いながら読んでしまう作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

たったひとつ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

たったひとつだけ。

世界を壊すために必要なのは、たった一つの設定を変更することだけなのだ。

それだけで十分に、世界は、今までと違った様相を見せ、異なった音楽を奏で、異なった笑顔を見せ、異なった怒り顔を見せるものなのである。

これほど衝撃的な設定の変更を、わたしはかつて経験したことがない。
クラークの『神々自身』でさえこれほどの衝撃を運んではこなかった。カードの『エンダーのゲーム』だって不可能だった。強いてあげると‥‥

キイスの『アルジャーノンに花束を』に匹敵するほどの衝撃だ。

衝撃。それは、コロンブスのタマゴである。

以上に掲げたSF史上に輝く3作品は、どれも「コロンブスのタマゴ」的な要素を持っている(ネタバレごめんなさい、と言いつつ、読者は「あっ」と声に出すまでそれに気づけないと思うから良いと思うのだが)。

しかし、この少女漫画チックな絵で展開される、
かなりシリアスなモノになっていくであろうことが予想される少年漫画は‥‥

(男の)生活に密接している二つの要素(女性・パソコン)を見事に結びつけてしまったという点で、
やはり空前絶後なのである。

ストーリィが面白いとか、その他の設定
(登場する女性が美女ばかり・転がり込んだ「女の子」がカワイイなど)
がオタッキー向けであることなど、一切関係がない。

ドラえもん的に「非日常の日常化」に顛倒していく危険を秘めたストーリィ。
しかしそのような「非日常の日常化」を我々に要求しないストーリィ。

ちぃはやはり、こちら側にとってだけではなく、マンガの中の世界の人々にとっても、少し逸脱した存在なのである。主人公が抱く「ちぃってなんか変だ?」という思いは、我々読者が感じる「うん、このマンガの設定ってなんか変だぞ?」という感想を内在化させ、ひきずっていくだけの力量を持った作家にしか不可能な表現なのだ。秀樹の感じる素朴な疑問は、我々読者の抱く素朴な疑問と、奇妙にシンクロしているのだ。そして作者は秀樹の疑問と読者の疑問を両輪にして、それだけで前に進んでいくのである。

つまり、秀樹や我々がすべてを了解して涙を流すとき。
それが、この物語の終焉なのだろう。

絵のオーソドックス。ストーリィのオーソドックス。そして設定の画期的。
この作品は設定以外のすべてがオーソドックスだ。

『アルジャーノン‥』もそうだった。

やはり、われわれ読者は「たったひとつの違い」に惹きつけられるものなのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちぃ可愛すぎ〜w

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミズキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

CLAMPだし、ラブコメということで読んでみたらヤングマガジンのだったんですね…。
でも絵もほんわかしてて可愛いし内容もおもしろくて笑えちゃいます。
ラブコメとゆうのですがストーリーはもっと奥深いです。やっぱりCLAMPだなぁ〜と実感してしまいました。
Hなところもあるんですが女の子でも気軽に読めちゃいます。
キャラも個性的で可愛いので見なきゃそんそん♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感情

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akice - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人型パソコンちぃと彼女を拾った本須和秀樹のラブコメディ。秀樹のアパートの管理人の日比谷とちぃには何か秘密が隠されている。彼女はちぃの過去を何もかも知っているようだ。ちぃはある絵本を読むと、封印されていた記憶が戻るように成長していく。秀樹がお金に困っていると知ったちぃは、バイトをするという。秀樹の為に何かしてあげたいという感情がとても可愛く、いじらしい。この巻からちぃのコスチュームが沢山でてくるが、コスチュームは全部どこから入手しているのか謎…(笑)。日比谷が全部渡したのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

斬新な設定

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:alice - この投稿者のレビュー一覧を見る

 人型パソコンという設定がありえそうでなさそうでおもしろいです。設定上では普通の人型パソコンはプログラミングで動いているらしく、自分で考えての行動ではないらしい。ある日主人公の本須和秀樹は、少女型パソコンをゴミ置き場で拾う。最初に発したの言葉「ちぃ」から彼女の名前を「ちぃ」にした。ちぃは自分で考えて行動する幻のパソコン「chobits」シリーズではないかといわれる。本須和秀樹と生活をしていくうちに、だんだん学習して行動していく彼女がとても可愛らしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意表をつく展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第5巻では、絵本の作者が誰だか分かります。しかし、勘のいい人なら既に分かっているかな? ちょびっつは少し意表をつく展開がない所がいけないと思いました。「ちい」も無事見つかって平和な展開に戻る5巻でした。

そして、チロルの店長と裕美の関係を知ってしまった主人公「本須和」、その後が気になるところで第6巻へ続くということになってしまいました。残念!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

深みのでてきた第4巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いなくなってしまった「ちい」を探して主人公「本須和」は奔走する。「ちい」はパソコンなのだからメモリーを削除すればどんなに嫌な記憶も削除することができる、しかし「本須和」の記憶はそうはできない。いなくなってしまったという現実を前にうろたえる「本須和」にチロルの店長は昔話をしてくれる、それは店長とパソコンが結婚していたという話。コンピュータと人間について考えさせられる話だった。深みのでてきたちょびっツ4巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

謎は深まるばかり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょびっツ第3巻では、新しいキャラが登場する、ちいを探している黒服の2人組。主人公「本須和」のアパートの管理人さんは「ちい」について何か知っているような感じだし、3巻の終わりには「ちい」が載っている写真が届き、謎は深まるばかりでした。早く続きを読みたくなる第3巻は絶対お勧め!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

急展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公「本須和」の友人「新保」と予備校の先生「清水」と付き合っていることが…そして「ちい」は変なバイトに手を出してしまうし、急展開をする第2巻でした。しかし、本須和にも良い事があったのでした、裕美ちゃんとラブラブ気味なのです。人間と人型コンピュータを取り扱ったラブコメ風の哲学作品と言った感じに仕上がっている2巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人型パソコン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アポロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パソコンが人型をしている不思議な世界です。ヒロインの「ちぃ」がゴミ捨て場に捨てられてるのを、主人公が拾う…、そんなとこから始まっていきます。

 役立たずのちぃ、大事にする主人公。人とパソコン…。

 …とにかく、ちぃがメチャメチャかわいい! ほのぼのってしてしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ラブコメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 パソコンが人の形をしているという設定。人権団体や女性の権利を考える会が黙っていないような設定だが、そんなこととは関係なく話は進む。
 話は主人公の本須和秀樹(浪人生)がゴミ捨て場でパソコンを拾う所からはじまる。そのパソコンに関する謎が知りたくて先を読みたくなるという展開。ラブコメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ちょびっツ(8)

2018/05/10 07:45

最終巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻です。面白い作品だったので、もうすこし続いてほしかったですね。メルヘンな終わり方ではなくて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する