サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

BEASTARS(少年チャンピオン・コミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 25件

電子書籍

BEASTARS 新着

著者 板垣巴留

肉食獣と草食獣が共存する世界。そこには、希望も恋も不安もいっぱいあるんだ。チェリートン学園の演劇部員レゴシは、狼なのにとっても繊細。そんな彼が多くの動物たちと青春していく動物群像劇が始まる!!

50%OFF

【期間限定価格】BEASTARS 1

11/23まで通常432

216 (税込)

【期間限定価格】BEASTARS 1

ポイント :2pt / 紙の本より247おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 56.3MB 無制限
Android EPUB 56.3MB 無制限
Win EPUB 56.3MB 無制限
Mac EPUB 56.3MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍【期間限定価格】BEASTARS 1

2017/10/30 15:41

人間ドラマ?

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サト - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物(?)が動物なのに、いつのまにか人間模様を見ている気持ちになる時と、肉食、草食動物だからこその悩みや思いが書いてある場面で「あぁ。しっかり動物だわ」と妙に感心しちゃう時と、それはもう読んでいて楽しい。
物騒な事件から幕開けて、主人公のレゴシ(ハイイロオオカミ)がなんだか犯人っぽく描いてあることから目が離せなくなる展開。
5巻まで読んだけど、未だにこの最初の犯人は私には分かりません。
後に出てくる沢山のキャラも、みんな個性豊か。
世界観もとてもしっかりしてる。
この社会の闇は深そうで、これからどう展開していくのか目が離せません。
で、ところどころにくすっと笑わせる話もあって・・・私はメンドリの「わたくしが産んだ卵ですのよ」に大爆笑しました!(それは違う巻ですが)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待望の2巻!レゴシ(ちょっと)覚醒!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1巻は比較的のんびりとした売れ行きに見えていましたが、第2巻はあっという間に初版が店頭から無くなっていた!すこし焦りましたが人気があって嬉しいです。

第2巻は主人公のハイイロオオカミ・レゴシが所属する演劇部がおこなう新人歓迎公演をめぐる物語。第1巻では絶対的カリスマとして描かれてきたアカシカのルイ先輩の抱える闇にスポットがあたり、そして演劇部そのものが持つ闇も明らかになる。そんな中、肉食獣としての自らの本能を恐れるレゴシにもすこしずつ変化が。

おそるおそる自分を見つけていくレゴシの姿は、思春期の頃の苦しかったり嬉しかったり起伏の大きな感情を思い出させて、可哀想で可愛くて応援したくなります。動物として描かれているからこそ共感しやすい面があるんじゃないかな。第3巻も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】BEASTARS 1

2017/03/09 22:24

個性がほとばしっています

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひつじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

獣たちの頭に人間の体つきの各種動物たちが学園生活を送るドラマです。肉食は重罪です。
気が優しいハイイロオオカミの主人公が、本能に揺らぎつつも、演劇部の裏方として学園生活を送っています。ウサギとのロマンスもありそうな感じです。
チャンピオンは時々こういう他にない作品を載せるので侮れません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

動物に仮託した学園カースト

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

灰色狼のレゴシを主人公に描かれる、動物たちの学園。肉食獣と草食獣が平穏に日々をおくるためのルールはあるが、各々が持つ本能を密かに恐れながら暮らしている。動物ゆえのヒエラルキーやスリルが描かれるのが、現実の学校生活での緊張感のように感じられて面白い。あと、レゴシがセクシー。学園の王者、ビースターの存在が最後に明らかになっているが、そこが詳しく描かれると学園の目的とか世界観がよりわかってくるのかな。次巻が楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:和史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校生の息子が4巻まで買った後「いいから読んで」と渡され、今は親子ではまってます。
獣性と理性・知性のバランスなどなどキャラクターの人間味あふれる高校生たちがどうなっていくかが楽しみです。私が子供だった頃のCM「みーんな悩んで大きくなった」、そうだよねぇ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大切なのはただひとつ、生命への敬意

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nagi - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回の巻は、一貫してレビュータイトルにしたことがらについて考えさせられる内容でした…88話を除いては。笑
感じたことを言葉に置き換えることができなくてもどかしいのですが、“命を食べることの罪悪”を自身で体験する意思を固めたレゴシくんが、生きたまま虫を食べて卒倒したとき夢の中で、
「大切なのはただ1つ、生命への敬意だ」
と食べた虫が成長した姿で語り掛けるシーンがあるのですが、私はこの言葉によって、リズの見方が変わってしまったようです。
この世界で食肉は犯罪なので、ティムを食べたリズは、考え方もその行動も誤っていると感じる部分は変わらないのですが、リズが犯人だと判明した9巻のときのような嫌悪感が薄れた感じです。
間違ってはいるのですが、リズはティムの命に敬意を払っていたような気がしてしまいました。
そう感じたのは、レゴシとの対決のシーンでそれぞれが口にする言葉の端々から感じられ、相反するのにどちらの概念にも頷ける部分があり、簡単に善悪をジャッジできない深いテーマだと改めて思ってしまいました。

また、草食が完全弱者と思いきや、貧困層の肉食動物が身を刻んで小銭に替えて糊口を凌ぐという闇市場の存在や、人間で言うところの漢方のような使い方で草食動物が肉食動物の肉を摂取していることがこの巻で分かり、その辺りにも「生命への敬意」について考えさせられてしまいました。

深くて重いテーマとシリアスなストーリー展開で読み進み…88話(この巻ラストの話)で、それまでのシリアスな気分を木っ端微塵にされました…っ。笑
88話は、笑わずに読める人がいるのでしょうか、という…声を出して笑ってしまいました…レゴシくん、それはさすがに…ルイくん…セルフツッコミが冴えすぎです…。笑
こちらの腹筋を大破させたのは、ルイくんの腹心の部下になりつつあるイブキさんでした。笑
彼の人となりが随分分かる10巻で、シリアスな内容の中で彼のイケオジ度がめちゃくちゃあがったんですが、88話の冴えわたるボスへのツッコミとボケで一気にキャラ立ちです。笑

88話の内容はぜひご購入でお確かめください。笑
今回の私の感想は笑い過ぎです…でも相変わらず面白かったです。
内容の深さに先を知りたくなるという面白さと、毎回必ずどこかでやらかしてくれるレゴシくんの笑いのポイントという意味でも。笑

リズとレゴシくんの決着も気になるところですが、ルイくんとシシ組の今後も何気にものすごく気になります…。
なんとなく、ルイくんが闇堕ちしていっている気がするので、最終的にレゴシくんと対決みたいな流れになるのは、ちょっとつらいかも、です…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

誰も悪くないのがつらい…のに、しっかり笑いも入れてくれる9巻もやはりサイコーでした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Nagi - この投稿者のレビュー一覧を見る

本誌を追っていないので、表紙を見たときは、8巻までに判明していない犯人による第2の犠牲者がピノくんになったのか?などと読む前に勝手な想像を巡らせましたが、とんでもなかった。
この巻でピノくんに対する私のネガティブなイメージが吹き飛ばされました!

私はそこそこ年齢がいっているので、ファンタジーな世界のこの作品の中に、ついリアルにあるあれやこれやを連想して結び付けて読んでしまう読み方をしてしまいます。
今回で食肉犯が判明したのですが、犯人が分かって断罪してハイおしまい、と簡単にはいかない展開、そして被害者だったテムと犯人の関係などを考えると、
「愛憎とは」「友情とは」「善悪とは」
みたいな簡単に答えの出ないことがらに翻弄されてしまい、眉間に皺を寄せてこの辺りのエピソードを何度も読み返してしまいました。

そんなシリアスな場面もあるのですが、相変わらずレゴシくんとハルちゃんのやり取りにはニヤニヤが止まらないし、何気にレゴシくんとゴウヒン先生の師弟漫才に大笑いさせてもらい、と、重いだけの読後感で終わらないのがサイコー、と改めて思いました。

「友情とは」「善悪とは」「正義とは」を考えさせられるエピソードだなあ、と思ったのは、レゴシくんとルイくんの思い掛けない再会シーンです。
自分の読みが甘かっただけなのですが、レゴシくんがここまでルイくんを尊敬していて理想としていたとは思っておらず、これまでは漠然と「遠い存在」みたいなアイドルを見るような感覚でルイくんを見ていたと思っていたので、読者としてはレゴシくんとルイくんに共通する部分が見えているのに、本人同士には「同等で気高い意志」がお互いに見えていないことに切なさやじれったさを感じずにはいられませんでした。

1つの事件が起きることによって、カテゴライズされた「何か」がすべて否定されていく様は、どうしても現実世界とリンクさせて読んでしまいます。
その背景を考えない愚鈍さを突き付けてくるような9巻で、緊張感を抱く巻でもありましたが、随所にレゴシくんが笑いを挿し込んでくるので(笑)、その匙加減に今回の新刊にも感嘆を漏らしてしまいました。
願わくは、いつかゴウヒン先生とレゴシくんの真剣勝負も見てみたい…と思う一コマもありました。笑
今後も楽しみです、いろんな意味で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍BEASTARS 9

2018/07/08 01:53

予想の上

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Cyanopica - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回も面白いです。意表をつく展開に、キャラクターの葛藤に。物語はどこに向かうのか見届けずにはいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍BEASTARS 9

2018/07/06 09:37

どんどん面白く!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サト - この投稿者のレビュー一覧を見る

クマさんは可愛い・・・パンダなんてもっと可愛い。近所の動物園も「パンダ」が売りでお土産屋さんはパンダモチーフで溢れかえっている・・・
だからゴーヒン、大好きです!
個人的には猫飼ってるから、シシ組のみんなも大好き!
この巻はこれらの動物キャラが沢山、重要な存在として出てきますね。
色んなことが分かって、かなりドキドキしながら読み終えまして、もぅ倍の値段でいいから内容も倍にして欲しい!つまり、次巻まで待てない!って思いながらレビュー書いています。
今回、ジュノちゃんのこと改めて好きになりました。大きい女の子が小さくて可愛い女の子に感じるジェラシー?みたいなもの、私も分かるわぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ネタバレしています。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:色鳥鳥 - この投稿者のレビュー一覧を見る

肉食獣らしさを封印することで、顎の力が弱くなる、というのはホント面白い設定だと思うのだ。ある意味でどんどん「男らしく」なっていくレゴシ。思春期だなあ。そして犯人との対決はいつだろう…。

一方、裏市のボスになったルイ、ストリッパーのコスモと出会う。今にも誰かが食べられそうな緊張感が続く。

レゴシとハルの、噛み合わない会話が微笑ましい。
シイラ&ピーチの女子らしい友情にもニヤニヤしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【大増量試し読み版】BEASTARS 4

2018/06/08 20:44

嫉妬

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵の具をブシュッと握りつぶすレゴシが怖い。そう言えば、とても激情型だったことを思い出す。ルイの方もわざと牽制してるんだろうけど、どっかで対決するのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【大増量試し読み版】BEASTARS 3

2018/06/07 09:06

積極的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

なにかと積極的なレゴシが面白い。いろいろ地雷を踏んで、気まずい思いをしながら、ハルに好意を持ち続けるところが素敵。応援したくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【大増量試し読み版】BEASTARS 2

2018/06/06 21:03

強さの意味

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「オオカミが強いことに希望はないけど・・・」のくだりにぐっと来ました。荒れるルイにビビりながらもレゴシはいいこと言ったなーと思いました。人の気持ちの揺れを受け入れられることも強さなのですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

しみじみつくづくと面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しくろお - この投稿者のレビュー一覧を見る

そんまま描くと人間のいやらしい部分、汚い部分、とか描かざるを得ない青春ドラマが、登場全部動物ということで、「あれ、ここでオオカミは何を?」とか「ヤギは何を?」とか余計に感情移入の度合いが深まる。すんげえ面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍BEASTARS 6

2017/12/28 15:10

レゴシかわいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かなた - この投稿者のレビュー一覧を見る

草食動物=弱者、肉食動物=強者という構造を見せられた上でそれまではあまり表には出てこなかった女性という存在がピックアップされたことで、草食動物と肉食動物の対立が目立っているけれど、この社会にあるその他の問題も見えた気がします。是非ビースターにはジュノがなってほしい…!

それともう一つ。ルイさん帰ってきて!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する