サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

0時 OP 20%OFFクーポン(0728-29)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 21件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-718113-0
一般書

電子書籍

恐怖

著者 筒井康隆 (著)

おれは殺される! 次に殺される! でも誰に? 静かで文化的な姥坂市で起きた連続殺人事件。閨秀画家の絞殺にはじまった殺人犯の狙いはどうやら、町に住む文化人を皆殺しにすること...

もっと見る

恐怖

税込 488 4pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 3.4MB
Android EPUB 3.4MB
Win EPUB 3.4MB
Mac EPUB 3.4MB

恐怖 (文春文庫)

税込 493 4pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

おれは殺される! 次に殺される! でも誰に? 静かで文化的な姥坂市で起きた連続殺人事件。閨秀画家の絞殺にはじまった殺人犯の狙いはどうやら、町に住む文化人を皆殺しにすることらしい。作家の村田勘市は、臆病な性格が災いして、次第に半狂乱に追い詰められていく。犯人は何者か? 何のために殺すのか? 謎解きのサスペンスにくわえ、「恐怖とは何か?」という人間心理の奥底に鬼才・筒井康隆がせまる異色傑作ミステリー! 不気味な目次も必見です。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー21件

みんなの評価3.2

評価内訳

紙の本

「メメント・モリ」と戯れよう。

2004/02/11 11:28

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 文化人の多い姥坂市で、文化人のみを狙った連続殺人事件が起こる、という「恐怖」のシュチュエーションは自体は、まごうことなきミステリー小説のそれである。しかし、主人公を「最初の殺人の第一発見者」で、なおかつ、「作家」、という設定にしたあたりから、「ミステリー小説」の文法から微妙に逸脱する部分がでてくる。
 この主人公、いつ殺害されてもおかしくない「立派な被害者候補」であるわけで、そのために、ことある毎に、何でもないような子細なことでも大仰にびくびくして怖がる。同時に、第二、第三の殺人が発生すると、「あ。これはいいミステリーになるな」などと詳細に構想を練りはじめる。現在進行中の事件と、クリスティの「そして誰もいなくなった」との構造の類似と相違点を子細に点検したり、恐怖している自分をどこかで客観的に観察している部分もあり、ハイデッカーの恐れの分類を想起したりする。
 現実に進行する事件やそれに対する主人公らのリアクションに関する描写はむしろ滑稽味を強調したスクラプティップスな描き方をしていて、ビクビクしながらも、どこかで、(自分自身の恐怖や醜態も含めて)進行する事態を冷静に分析しているあたりの知的な動作とのギャップが、ミスマッチな感じで、なかなかに面白おかしい。
 結局、事件は犯人の自白という形であっけなく収束する。このあたりは肩すかし的というか、ミステリー特有の犯人当ての遊戯性は意図的に犠牲にされている形だが、代わりに、すでに老境に入り否応なく「死」を意識せざるをえない主人公の、タナトスとエロスが、間接的な形で浮き彫りされる。
 やはり老境の主人公の内面に題材をとった、同作者の「敵」と同系譜の作品として読むのが適切なようだ。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

閑静な街並みに不協和音

2020/04/15 22:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

鎌倉や成城を思わせるような、文化都市・姥坂の情緒が伝わってきます。連続殺人によってお互いが疑心暗鬼に陥る、心理サスペンスの面白さも抜群です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/24 10:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/31 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/28 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/25 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/21 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/12 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/18 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/05 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/14 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/09 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/09 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/31 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。