サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~6/30

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2012/06/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-113405-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

五瓣の椿

著者 山本周五郎 (著)

「この世には御定法で罰することのできない罪がある」最愛の父が死んだ夜、自分が父の実子ではなく不義の子なのを知ったおしのは、淫蕩な母とその相手の男たちを、自らの手で裁く事を...

もっと見る

五瓣の椿

税込 572 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 896.8KB
Android XMDF 896.8KB
Win XMDF 896.5KB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

「この世には御定法で罰することのできない罪がある」最愛の父が死んだ夜、自分が父の実子ではなく不義の子なのを知ったおしのは、淫蕩な母とその相手の男たちを、自らの手で裁く事を決心する。おしのは、母を殺し、母の男たちの胸につぎつぎに銀のかんざしを打ちこみ、その枕もとに赤い山椿の花びらを残してゆく……。ミステリー仕立で、法と人間の掟の問題を鋭くついた異色の長編。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

立派なコピー作品

2021/10/28 10:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

パクリといえば聞こえが悪いので、やはりオマージュ作品というべきだろうか。
ウールリッチの「黒衣の花嫁」を真似て書いたという話は有名。
「黒衣」も読んだが、本作のほうがはるかに出来がいい、と個人的には思う。
この時代では、大作家でも、気に入れば、コピーしてしまう人は多い。島崎藤村、江戸川乱歩・・・
海外作品を日本文化に溶け込ませて完全に自分のものにして、そして読者を楽しませてくれれば、それで勝ちということか。

本作は、とにかくサスペンスフル。そしてミステリーでもある。
さらに人情物でもある。それはどうかなw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

椿の花、落ちる。

2002/07/07 02:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凛珠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 潔癖な心を持つ娘おしのは、自分が不義の子だと知ると、淫蕩な母を殺し、母と関係を持った男たちを誘惑して寝床に引き入れ、次々と殺してゆく。兇器は銀の平打ち簪。死体の枕元には、亡き父が好きだった山椿の花びらを残して……。
 サスペンス時代小説だが、山本周五郎だけあって「法律で裁けない悪はどう裁くべきか」というようなテーマ性が感じられる。
 私が初めて本書を読んだのは中学生の頃だった。その当時は潔癖なおしのに共感し、淫蕩なおしのの母を憎み、下司な男たちを憎んだ。おしのの耽美的な殺人法にも心惹かれた。だが、今改めて見直してみると、昔とは感じ方が違ってきた。勿論この作品は好きだし、おしのにも哀れを覚える。だが、今はおしのの母──おそのに以前ほどの嫌悪を抱けなくなったのだ。確かにおそのはだらしがなく、迷惑な女性である。だが、「夫が店のことを捨てても良いというくらい自分に打ち込んでくれれば、自分ももう少し夫に愛情を持てた」というおそのの台詞に、青臭い潔癖さでは割り切れない真実を感じてしまうのだ。
 殺される男たちが下司ぞろいなのは、無垢な少女であるおしのに殺人を犯させる理由として必然のものだったのだろう。彼らの枕元に残された赤い椿の花びら。椿は美しいまま散ってしまう。おしのもまた椿であった。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリ・ファンも読んでおくべきサスペンス時代劇

2000/09/20 07:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松谷嘉平 - この投稿者のレビュー一覧を見る

■サスペンスの形式で法と人間の掟の相克を描いた異色時代小説(1959年)。
▼油屋「むさし屋」の主人喜兵衛の妻「おその」は、婿養子である彼を疎み、数々の不倫を重ね、夫の危篤の際にも若い役者との逢瀬を楽しんでいた。その娘「おしの」は父の死んだ夜、母から自分が喜兵衛の子ではなく、不義の子であることを知らされる。彼女は、その時決意した。父のため、そして「人間の掟」を守るため、母とその男たちが犯した「法では罰することのできない罪」を、自らの手で償わせることを。彼女は次々に彼らの胸に銀のかんざしが打ちこみ、その側に山椿の花びらを残こしていく。
■構成は、序章と終章の間に6話が挟み込まれていて、それぞれが独立した短編のようなエピソードになっています。
■このことと、内容を読んで、気つく方もいらっしゃるでしょうが、これはコーネル・ウールリッチのサスペンス小説『黒衣の花嫁』のプロットにかなり直接的な影響を受けている作品なんです。名を偽って男たちに近づくところなんかも、そうですし、途中で刑事ならぬ与力に尻尾をつかまれて、更にサスペンスフルになるところなんかも「そのまんま」って感じもあったり。
■そうは言ってもウールリッチに比べて、殺人者の内面描写も多いですし、そこで描かれるのは「個人的な復讐」ということよりも、若い「おしの」の潔癖さに由来する観念的な動機が前面に出ているところは、かなり大きな違いだと思います。『黒衣〜』とは違って、復讐される側が読者の情けの受けようがない本当の「下司野郎」で、「必殺シリーズ」のような勧善懲悪の物語に近いところにも、そういう日本的といえばいえるかな。
■また殺害の理由がミッシング・リンクではなくて、最初から明らかになっている点では、『喪服のランデヴー』に近くて、より純粋なサスペンス。
■ちょっと結末のつけ方が弱い部分もありますが(やっぱり××をヒロインが殺すのはショッキングすぎると判断したのかな)、全編通して弛緩するところがなくて、なかなか面白い作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/16 17:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/09 22:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/20 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/03 08:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/24 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/09 17:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/15 14:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/26 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/05/31 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/14 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/26 23:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/30 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。