サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/06/01
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-113432-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

人情裏長屋

著者 山本周五郎 (著)

居酒屋でいつも黙って一升枡で飲んでいる浪人、松村信兵衛の胸のすく活躍と人情味あふれる子育ての物語『人情裏長屋』。天一坊事件に影響されて家系図狂いになった大家に、出自を尋ね...

もっと見る

人情裏長屋

税込 693 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1,010.5KB
Android XMDF 1,010.5KB
Win XMDF 1,010.3KB

人情裏長屋 改版 (新潮文庫)

税込 825 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

居酒屋でいつも黙って一升枡で飲んでいる浪人、松村信兵衛の胸のすく活躍と人情味あふれる子育ての物語『人情裏長屋』。天一坊事件に影響されて家系図狂いになった大家に、出自を尋ねられて閉口した店子たちが一計を案ずる滑稽譚『長屋天一坊』。ほかに『おもかげ抄』『風流化物屋敷』『泥棒と若殿』『ゆうれい貸屋』など周五郎文学の独壇場ともいうべき“長屋もの”を中心に11編を収録。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (11件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人の情を面白く切なく暖かく怪しく描いた11編

2010/01/27 19:03

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代小説9編ほか、『豹』『麦藁帽子』の現代小説2編を含む全11編。
どれも人の情を多彩に繊細に描き、人それぞれの情の働きが流れ込んでくる作品ばかりである。
特に印象に残っている作品をピックアップ。

『おもかげ抄』
長屋の住人に甘田甘次郎と陰口を叩かれるほど、女房に甘い鎌田孫次郎。
実は、妻は三年前に死去し、幸せにしてやれなかった妻を思い、生きている時のように語りかけているのだった。
そんな孫次郎に心打たれた沖田源左衛門は、仕官の話を持ちかけ、娘の小房を孫次郎に紹介する。

亡き妻への哀惜と誠を尽くす孫次郎の思いが、切なく暖かく、そして源左衛門の孫次郎を見る強く暖かい眼差しを描いている。
茶の席で出された菓子を見て孫次郎が目を潤ませた、その悔恨と尽きない愛慕に胸を熱くさせられる。
本書中いちばん気に入っている作品。

『風流化物屋敷』
化物屋敷と言われている屋敷に御座(みくら)平之助という若侍が引っ越してきた。
隣家に棲むとみは、不思議や不可解な事が大好きで、隣の化物屋敷にも興味津々。そこに突然人が引っ越してくるというので、とみは子どものように興奮している。
やがて平之助は化物屋敷に現れる化物たちに遭遇し、とみは平之助の話す遭遇話しが楽しくて仕方がない。

ややとぼけた平之助と化物たちのやり取りが面白く、とみのやや妄想気味のキャラクターもこの物語の味になっている。
この作品を読んで真っ先に気づくのが改行のほとんどない事。
全九章ある中で一つの章すべて改行なしがほとんどで、長々と連なる文章が独特の連続したリズムを作り出して、読者をたたみかける。
話が面白いので、改行がなくても苦しまずに読むことができる。

『人情裏長屋』
飲んだくれの浪人松村信兵衛は、仕官をする気はまったくなく、金が無くなると剣の腕を活かし、道場破りすれすれの事をして金を巻き上げているが、人情は人一倍あり、長屋のみんなから慕われている。
ある時、長屋に越してきた子持ちの浪人が、将来子どもを育てるための仕官を目指すので子どもの養育を頼むと、子どもを残し去っていった。
憤慨しながらも、長屋の娘おぶんの助けを借りながら、子どもを育てる信兵衛。
やがて仕官を果たした浪人が、子どもを引き取りに来たと長屋に現れた。

仕官をする気がまったくない信兵衛が、おぶんの助けを借りながら子どもを育てる様子と、信兵衛に生まれてくる父性が微笑ましい。
浪人と子どもに影響されて、ある決心をするラストがよい。

『泥棒と若殿』
成信は、家中の政争により廃屋に軟禁されている。
そこに伝九郎が泥棒に入るが、廃屋の酷さや、訳あって何日も飯を食べていない成信の人柄に惹かれ、伝九郎が成信を養っていくという奇妙な生活が始まる。
やがて成信は、自分を政争の道具にしかしない家を捨て、伝九郎と暮らしたいと思い始めた。

家のごたごたに嫌気がさしている成信が、人間の生活に満ちている伝九郎との生活を夢見るようになっていく様子が見所。
伝九郎との生活を夢見た若殿に、家臣たちの生活を背負っているという現実が迫るラストは切ない。

『雪の上の霜』
常に人の事を優先し、人の幸せのためなら自分は損をしてもかまわないという性格の伊兵衛と、そんな夫が好きな妻おたよの物語。
最後はやっぱり良い事をして損をするが、おたよはそんな夫がやっぱり好きなのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

鶴田真由快演で好評のNHK「ゆうれい貸します」の原作者が、山本周五郎と知って驚いた人、原作「ゆうれい貸屋」を収めた本書を手にとってもう一度驚こう。

2003/06/24 10:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:拾得 - この投稿者のレビュー一覧を見る


 コミカルでテンポの良い人情ものの時代劇「ゆうれい貸します」を、「鶴田真由さんってきれいなんだなぁ」と見ていたら驚いた。「原作、山本周五郎」とクレジットが流れるではないか。山本周五郎=『さぶ』の印象が強すぎた評者にとって意外だったからだ。早速、原作「ゆうれい貸屋」を収めた『人情裏長屋』を探し出して手に取った。
 「もちろん」と言うべきだろう、番組と原作とはかなり違う。共通しているのは、弥六とお染とが「ゆうれい貸屋」を開業することと、世の中には成仏できなくてゆうれいになる者が少なくないこと、彼らが成仏するには身内の者に供養される必要があること、の三点くらいである。
 しかし、そこが脚色の妙というべきか、それとも原作者の腕なのだろうか、それが気にならない。むしろ、「滑稽もの」と呼ばれる作品群を収めた本作品集からは、番組が作り出しているのと同じ雰囲気が湧き上がってくる。人情を扱ってお涙頂戴が自己目的にならず、生きていくことの滑稽さを描いて軽くなりすぎはしない。「生きてるって素晴らしい」などと言う気はないけれど、「生きているのもそう悪くはないことだよ」とは言ってみたくなる。
 1950年に発表された本作が、21世紀の現代に活き活きと蘇ったことを素直に楽しみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/10 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/10 09:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/13 03:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/26 17:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/11 14:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/04 01:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/06/28 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/22 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/18 23:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/17 05:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/09 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/27 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/26 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。