サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/29

夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.1 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2012/08/17
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-777316-8
一般書

電子書籍

バイアウト 企業買収

著者 幸田真音 (著)

金儲けを第一主義に、敵対的TOBなどで世間の注目を集める相馬ファンド。相馬との念願の取引にこぎつけた外資系証券会社の広田美潮だったが、買付を依頼された銘柄は、皮肉にも幼い...

もっと見る

バイアウト 企業買収

税込 713 6pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 4.3MB
Android EPUB 4.3MB
Win EPUB 4.3MB
Mac EPUB 4.3MB

バイアウト 企業買収 (文春文庫)

税込 713 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

金儲けを第一主義に、敵対的TOBなどで世間の注目を集める相馬ファンド。相馬との念願の取引にこぎつけた外資系証券会社の広田美潮だったが、買付を依頼された銘柄は、皮肉にも幼い頃自分を捨てた父の音楽会社だった。また相馬だけでなく他三社がTOBを仕掛けてくる異常事態発生。生き残りをかけた熾烈な戦いが始まった。金儲けは悪か? 企業の価値とは何か? 日本経済の希望を書き続ける著者渾身の長編小説。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.1

評価内訳

紙の本

経済小説ですがスパイ小説さながらのドキドキ感。

2020/11/04 14:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タオミチル - この投稿者のレビュー一覧を見る

企業買収を素材とした話。
出版当時、野球チームやTV局の買収騒ぎ、その後その当事者への粉飾決済による地検介入、そして「時のヒト」のあっけない逮捕…といった事件が、たぶん、モデルになっている。
この作家の特徴は、その小説が書かれた年の事件や経済問題を小説のテーマに採用し、まだ、時代は明確な解答を持たずもやもやした気分でいるときに、はっきりと「作家の考え」を打ち出す、潔さにもある。
そのころの時代の問いは、「会社は誰のものか?」だった記憶、もちろん、作者の答えはきちんと物語に描かれていた。
加えて、世の中を変えるヒントは、「金融」の知識=「お金」という道具の扱い方の中にもある…ということも。
そして、時にそれは、信じられないほど強力な働きをする。
この物語では、その力が、007の秘密兵器のように、誰にも知られず密かに仕掛けられ、ダイナミックに大変革を成し遂げる。
「スパイ小説」さながらにドキドキと、話の展開を面白がり、きれいに決まったエンディングに、任務完了!とばかりにほっとする読後感。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/11/25 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/26 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/21 20:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/12 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/27 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/20 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/09 03:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/07/16 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/08 20:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/09 16:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/22 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/20 15:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/13 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/03 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。