サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

12時 OP 20%OFFクーポン(~12/13)

エミール 下(岩波文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/04/25
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • ISBN:978-4-00-336223-5
一般書

電子書籍

エミール 下

著者 ルソー (著),今野一雄 (訳)

家庭教師は凡人を自然という師に従っていかに導くのか―.教育思想史上不朽の古典.(全3冊完結)

もっと見る

エミール 下

1,037 (税込)

ポイント :9pt / 紙の本より65おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS XMDF 2.0MB 無制限
Android XMDF 2.0MB 無制限
Win XMDF 2.0MB 無制限

エミール 改版 下 (岩波文庫)

1,102(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

目次

  • 目  次
  •  第 五 編
  •  付 録――マルゼルブへの手紙
  •  原  注
  •  訳  注

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

真実の書

2003/06/25 05:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:濱本 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

エミールは思春期を過ぎた。次に待っている事、それは異性との出会いだ。本書を書くに当たって、ルソーにとって、エミールは架空の理想的子供であったろう。それと同じく、ルソーにとって理想的な架空の女性、ソフィーを登場させる。ソフィーと聞けば、映画好きの私は、「ソフィーの世界」を思い出す。「ソフィーの世界」の監督は、「エミール」を意識していただろうか?
 ルソーは、ソフィーを通じて、ルソーにとって理想の女性像を描く。その中で、珍しく私は、ルソーと意見を異にした。「それらの若い女性は、ひとたび結婚すると、もう公衆のまえに姿を見せることは無かった。家に閉じこもって、家事と家族の世話にかかりきっていた。これこそ自然と理性が女性に命じている生き方なのだ」と断言する。私は、この意見に真っ向から反対する。女性は結婚したとしても、社会と係りを持つべきだし、決して家庭に閉じこもるのが女性の姿だとは思わない。ルソーの意見は、ルソーの時代の時代背景があったかも知れない。ルソーが現代に生きていたら決して、このような理想は持たないと確信する。
 ルソーが育てたエミールに理想の人間像を描写している。「私のエミールを見ていただきたい。二十歳をすぎたエミールは、申し分なくできあがっている。精神も肉体も申し分なくつくられている。強壮で、健康で、活発で、器用で、頑丈で、豊かな感性、理性、善良さ、人間愛にあふれ、正しい品行、よい趣味をもち、美しいものを好み、よいことを行ない、残酷な情念の支配からまぬがれ、世論の束縛にとらえられないで、知恵の掟を守り、友情の声に従い、あらゆる有益な才能と、いくつかの人を喜ばせる才能をもち、富にはほとんど関心をもたず、自分の腕の末端に生活の手段をもち、どんなことがあっても、パンにことかく心配はない」。この理想の人間像を読んだ時、私は、宮沢賢治の「雨にも負けず」の詩を思い出した。正に、宮沢賢治の理想とルソーの理想は一致していると思った。
 人生の綾にも言及している。「十歳のときにお菓子に、二十歳のときには愛人に、三十歳のときには快楽に、四十歳のときには野心に、五十歳のときには利欲に引っ張り回される。人間がひたすら知恵をもとめるのはいつのことか」。私が知恵を求めるようになったのは、36歳の夏の悟りを感じた時からだ。
 国家論として興味深い記述がある。「一般に民主政は小国に、貴族政は中位の国に、君主政は大国に適当であると結論しよう」。現在における、アメリカは民主政ではあるが、大国である。ルソーの認識は間違っていたのであろうか? ある意味、アメリカは大統領を中心とした君主政と言える面もあると思う。この意味でルソーの認識は間違っていないような気もする。
 理想の子供のエミールは、ルソーにとって理想の女性のソフィーと結婚する。そして、「エミール」の結びとして、エミールに報告させる。「先生、あなたの子を祝福して下さい。あなたの子はまもなく父親になろうとしているのです。ああ、わたしたちは、熱意をこめて、重大な仕事をしなければならなくなる」。そうである。一人の人間にとって、一人の人間を教育し、育てる事、それは、唯一、最大の仕事なのである。その意味において、私には、その仕事が与えられなかった。これも私の運命なのだろう。
 付録として、ルソーの性格をありのままに描き、一切の行動のほんとうの動機を語った「マルゼルブ院長あての四通の手紙」が掲載されていた。感想として、私の感じる事と意を同じくする記述が多々あった。夜明け前に目を覚まし、夜明けを感謝し、自然の姿に感激する。私の目に飛び込んでくる全ての自然の風景、人間との係り、それらが全て感謝の対象である。
 200年前の思想家の考えに触れ、今の自分の幸福の意味の理解を深めたという感想である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小説形式で述べた教育思想史上不朽の古典の下巻です!

2016/08/29 09:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、ルソーが思索してきた教育論がまとめられています。自然と社会との対立や、自然の優位について彼がその処女論文「学問芸術論」以来、一貫して主張してきた考えを教育論において全面的に展開した著作です。エミールなる人間の教育方法とともに、その妻たるべき少女ソフィーの教育も加えて、小説形式で述べた教育思想の史上不朽の古典です。ぜひ、最後まで読んでいただきたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/06/11 15:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/21 15:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/22 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 07:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/06 23:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/02 09:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/21 04:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/20 01:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/13 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/21 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/08/16 11:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

岩波文庫 ランキング

岩波文庫のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。