サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1019-21)

20%OFFクーポン(1019-21)

ロスジェネの逆襲
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 795件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/08/23
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • ISBN:978-4-478-02050-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ロスジェネの逆襲

著者 池井戸潤

人事が怖くてサラリーマンが務まるか! ドラマ化も果たした「半沢直樹」シリーズ第3弾となる『ロスジェネの逆襲』は、バブル世代の主人公が飛ばされた証券子会社が舞台。 親会社か...

もっと見る

ロスジェネの逆襲

756 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より864おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 10.7MB 無制限
Android EPUB 10.7MB 無制限
Win EPUB 10.7MB 無制限
Mac EPUB 10.7MB 無制限

ロスジェネの逆襲 (半沢直樹)

1,620(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人事が怖くてサラリーマンが務まるか! ドラマ化も果たした「半沢直樹」シリーズ第3弾となる『ロスジェネの逆襲』は、バブル世代の主人公が飛ばされた証券子会社が舞台。 親会社から受けた嫌がらせや人事での圧力は、知恵と勇気で倍返し。ロスジェネ世代の部下とともに、周囲をあっと言わせる秘策に出る。直木賞作家による、企業を舞台にしたエンタテインメント小説の傑作!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー795件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

すごい

2012/07/26 22:19

38人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さとし - この投稿者のレビュー一覧を見る

あっという間に読んでしまった・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こっちをよまないと

2013/10/04 17:14

7人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さわさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

TVの半沢直樹をみて、続きが読みたい人には最高。TVのエンディングは最終回の終わり方ではないじゃないですか?こっちはすっとします。こっちが本当のエンディングですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2回読み

2013/11/03 01:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しん - この投稿者のレビュー一覧を見る

前2作と比べ登場人物、登場企業がかなり多く展開も複雑だったので2回読みました^^それでも十分楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スカッとしました!

2013/10/31 00:51

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aaa - この投稿者のレビュー一覧を見る

前作の最後にモヤモヤっとなった気持ちを晴らしてくれます。現実はそううまくはいかない分、せめて本の中ぐらいは苦労が報われてほしい。。それを期待して読むならオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

半沢直樹の続き

2015/09/29 12:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマの続きが気になり購入
なかなか楽しめた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

素晴らしい読後感

2015/05/04 02:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒロユキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸潤の長編作品は素晴らしいものが多いですが、やはり半沢直樹シリーズの面白さはレベルが違うと思います。
特に、半沢直樹の「俺はいつも戦ってきた。」という台詞にはハッとさせられると同時に、今の自分は果たして戦っているだろうか?と思わされました。
また、今作品に登場する森山や瀬名の年代が今の自分の年齢に近いこともあり、2人の事を本気で応援しながら読んでいました。
続編『銀翼のイカロス』を一刻も早く読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズ最高の面白さ

2015/03/28 13:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マル神保 - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズの他作品は、降りかかった火の粉を振り払う、やられたのでやり返す、という側面が強くて、それはそれで面白いのですが、主人公の活躍はあまり建設的ではありませんでした。
本作もやり返すパターンではありますが、相手をやっつけるだけでなく、企業とそこで働く人々の気持ちまでも建て直すという点で、シリーズ4作品の中でも、爽快さが際立っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白かった

2015/03/02 02:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RIO - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かったので、1日で2回読んだ
中古で売れないのが欠点だけど、まあ5点以外ありえない

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スカッとします!

2014/02/22 15:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BACO - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作品もテンポよく読み進められた。
作者の作品はどれもそうだが、場面の変わり目や行間の取り方というのかわかりませんが、それがとても上手く書かれているので、常に続きを読みたくなる気持ちが掻き立てられる。
企業間の買収劇が題材だったが、これを読むとホント何を(誰を)信じたら良いか、疑心暗鬼になってしまいますね。
情報や数値、経験値も大事だが、半沢直樹のように泥臭く人と付き合って信頼を勝ち取ることがやはり大事だな、と感じた。
ラストは映画の終焉のような綺麗なまとまり方で、それが逆に私的にはちょっと物足りなさを感じたところが残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

正論貫く強さ…

2013/10/28 23:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マー坊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

権力を握っても…
正論を貫き通せるか、続編に期待!
あるかな続編?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ドラマのその後

2013/10/15 14:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やきとり - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み始めたらやめられず半日で読了。本作ではいままでも見え隠れしていた半沢の真意が語られる。「誰のために仕事をするのか?」、「正しいことを正しいといえる組織」など今後彼がどこを目指そうとしているのかがわかって面白い。銀行という組織のなかで人事という常識が通用しない半沢は無敵?続編も楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

島耕作か?

2013/10/04 08:11

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tune - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらず勧善懲悪のすっきりした読後感。
半沢自身が動き回るより部下のサポートで絞めるところだけしめる役割になってますね。
現実味はないけれど、サラリーマンに元気をくれます。
ドキドキ感が薄れて予定調和に近くなっているところが物足りなく気もしますが。
このまま続いたら島耕作みたいになるのかしら?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

シリーズイチ面白かった

2013/10/16 18:50

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みるお - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラマ半沢直樹の続きに位置する作品。個人的には前2冊よりもスリリングで面白かった。出向先・元との争い、MA攻防等見ものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すっきりしました。

2016/01/21 23:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めいてつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

多くの方に読まれていますので、いまさらコメントするまでもありませんが、読了後のすっきり感は、他の半沢シリーズとと同様です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

バブルの後

2015/11/22 10:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

池井戸氏自身は、その著作通りバブル世代の入行組だが、後輩たちは当然、ロスト・ジェネレーションに当たる。就活に苦労した彼らから見れば、能力がなくても大量採用された管理職はバカバカしく映るだろう。池井戸氏が描く主人公・半沢直樹は、そうしたロスジェネ組にとっては理想の上司である。本作は、子会社のセントラル証券に出向させられた半沢が、親会社のシティ・バンクを相手にTOB勝負を繰り広げる。結果が分かっていても面白いのは、半沢が痛快なサラリーマンであることと、彼の啖呵によるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

企業・経済小説 ランキング

企業・経済小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む