サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

⑤[4日間限定バナー]12月度:コミック ポイント30倍(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則
ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則(幻冬舎新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2015/03/06
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎新書
  • ISBN:978-4-344-98045-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則

著者 サイトウ・アキヒロ

世界各国の家庭に浸透した任天堂、電話の新発明といわれるiPhone、パソコン新形態となったiPad。これら商品の共通点が「ゲームニクス理論」だ。日本のゲームは、スペースイ...

もっと見る

ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則

759 (税込)

ポイント :7pt / 紙の本より40おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

ゲームニクスとは何か 日本発、世界基準のものづくり法則 (幻冬舎新書)

799(税込)

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.3MB 無制限
Android EPUB 7.3MB 無制限
Win EPUB 7.3MB 無制限
Mac EPUB 7.3MB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

世界各国の家庭に浸透した任天堂、電話の新発明といわれるiPhone、パソコン新形態となったiPad。これら商品の共通点が「ゲームニクス理論」だ。日本のゲームは、スペースインベーダーやドラクエに始まりWiiに至るまで、初心者もマニアも共に熱中させることのできる世界でも稀有な存在。このゲーム制作のノウハウを体系化したのがこの理論。ポイントは「使いやすく」「使い込める」ものづくり。あらゆる分野に応用できる日本発の「おもてなしの知恵」で日本製品の魅力を見つめなおす。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

ゲームニクスが日本のモノづくりを救う

2009/01/11 00:37

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MtVictory - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ゲームニクス理論」とはテレビゲームを科学し、ゲームの「人を夢中にさせる」ノウハウを理論体系化したもの。その日本発のノウハウは、今や世界に通用する共通言語となったという。本書では日本のお家芸ともいえるテレビゲームについて、その操作性やユーザ・インターフェースに関する優れたノウハウを惜しげもなく書き記している。コアなゲーマーだけでなくビジネスマンにも面白く読めることだろう。
 それはゲーム作りの基本技術であり、クリエーターのセンスに左右されない普遍的な事実なのだという。著者はこの理論はゲーム以外のどんなものにも応用できると考えている。
 テレビゲームにはマニュアルを見なくても始められること、遊んでいるうちにハマって上手くなっていく、という2つの不文律がある、という。使いやすさ、人に優しい、シンプル、分かりやすさ、という視点がゲーム以外の製造業、モノづくりを主産業に据える日本から失われつつある。「日本のものづくりは、いつからかテクノロジー優先になってしまい、最終的にそれを使う消費者を大切にする精神を忘れてしまった」と指摘する。その結果が機能追加のたびにボタンが増えていく家電のリモコンであったり、分厚いマニュアルだったりする。メーカーの押し付けがユーザのストレスさえ生んでいる。実際、使われない機能が多いことは容易に想像できる。
 つまり、多機能・多様化する製品・サービスの行き着く先には誰も使えないものになってしまう可能性がある。旧来の大量生産型の製造業では日本のモノづくり企業は生き残れないだろう。かといって多機能だけに突っ走って、ケータイのように国内だけでガラパゴス化しても市場は限られてしまう。テレビゲームにならった「使いやすい、分かりやすい」商品やサービスを世界に発信していくべきだと著者は考えている。ゲームニクスを日本の新たなモノづくり戦略の一つに加えるべきであろう。
 現在、製造業の現場で中心を担う人たちはテレビゲームを始めた世代以降の人々なのではないだろうか。だから本書の内容は理解できるはずであり、多くのヒントを得られるはずだ。
 第二章ではゲームニクスの4つの原則を掲げている。その一つ、第三原則の「はまる演出」は職場でのOJTにも応用可能だと感じた。いかに効果的に人材を育成するかについてもゲームニクスに学ぶ点はあると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この本を読んでもゲームニクス理論はわからないし納得できない

2012/02/18 09:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は 「ニンテンドー DS が売れる理由」 という本のなかで 「ゲームニクス理論」 を提唱している. この本はそれをゲームをよく知らないひとにも解説し,応用をしめそうとしたものなのだろう. ゲームニクス理論の 4 つの原則つまり 「直観的なユーザー・インターフェイス」,「マニュアルなしでルールを理解してもらう」,「「はまる演出」 と 「段階的な学習効果」」,「「ゲームの外部化」 ― ファミスタで読み解く」 を解説し,ゲームニクスがなにをもたらす <はず> であるかを,いろいろな面から書いている.

しかし,この本からはゲームニクス理論はよくわからないし,わからないままに応用について書かれても納得することはできない. ゲームニクスについては,具体的にゲームやゲーム機を分析するなかから原則を説明している 「もとの本」 を読んだほうが,えるところはずっと多いだろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/03/17 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/10 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/08/10 23:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/05 06:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/01 01:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/22 23:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/05 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/01 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/08 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/23 22:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/27 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/28 22:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 23:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む