サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~6/30

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
一般書

電子書籍

桂花故事【文春e-Books】

著者 壇蜜

2016年5月、『光ラズノナヨ竹』で作家デビューした壇蜜が送る短編、第2弾を電子書籍だけで発売!僕の「想像を超えた運命」に影響した女性は二人いる。一人は、僕が子どものころ...

もっと見る

桂花故事【文春e-Books】

税込 204 1pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 5.2MB
Android EPUB 5.2MB
Win EPUB 5.2MB
Mac EPUB 5.2MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

2016年5月、『光ラズノナヨ竹』で作家デビューした壇蜜が送る短編、第2弾を電子書籍だけで発売!

僕の「想像を超えた運命」に影響した女性は二人いる。
一人は、僕が子どものころ、「兄弟は仲良く」と諭してくれた整体師の中国人女性。
そしてもう一人は高校三年生のときの同級生で、大人っぽくて端正な顔立ちのユエ。

エンジニアとして働いていたのに、いつの間にやら風俗店を運営することになった男は、いまも彼女を忘れることはなかった。おとぎ話「お菓子の家」をモチーフにした、甘くて、少し苦い青春の物語。

第1作『光ラズノナヨ竹』との意外な接点も楽しめます。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

文筆家としての壇蜜

2017/02/02 12:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まいぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

壇蜜さんの二作目となる短編小説。

処女作の『光ラズノナヨ竹』を読んだときは、もっと読みたいと思ったほど魅力的な文章で、とにかく圧倒されてしまったが、今作は前作にも増して魅力的。



ストーリーは、前作と繋がる部分があった。これからの作品も繋がっていくと面白そう。

主人公「鳥井」の過去のある少女との出会いが淡々と語られている。あまり細かな人物描写はないのに、それぞれの人物像がよく分かる。この点は本当にすごい。例えば、学生時代の「鳥井」は周囲から下の名前ではなく「トリ」女子からは「トリくん」と呼ばれていたりする。何気にバスケ部員で、大学の推薦が決まっており、家族関係も良好。これだけで「鳥井」がどんな奴なのかがすんなり想像できてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読み易かった

2017/01/31 15:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:QP - この投稿者のレビュー一覧を見る

壇蜜日記シリーズは読んでましたが、普通の小説としては初めて読みました。読み始めたらあっという間に読み終わってました。とても読み易い文章だと思いました。日記シリーズとは違った爽やかさみたいな物を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

キンモクセイの色

2016/12/05 19:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はたかつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

意外と爽やかな話。だんだん小説になってきたかな?これから期待してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。