サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/29

夏の全額hontoポイントバックキャンペーン(~9/26)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 経済・ビジネス
  4. 産業
  5. ウェッジ
  6. 南の島の新幹線―鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2018/03/23
  • 出版社: ウェッジ
  • ISBN:978-4-86310-196-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

南の島の新幹線―鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記

著者 田中宏昌

1997年に優先交渉権をえた欧州連合(ユーロトレイン)と、2年後、「敗者復活戦」で機電システムの優先交渉権を獲得した日本連合。どちらの鉄道がより台湾にふさわしいシステムな...

もっと見る

南の島の新幹線―鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記

税込 1,870 17pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 28.5MB
Android EPUB 28.5MB
Win EPUB 28.5MB
Mac EPUB 28.5MB

南の島の新幹線 鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

1997年に優先交渉権をえた欧州連合(ユーロトレイン)と、2年後、「敗者復活戦」で機電システムの優先交渉権を獲得した日本連合。どちらの鉄道がより台湾にふさわしいシステムなのかをめぐり、技術力はもちろん知力、政治力、交渉力など、もてる力をすべて振りしぼっての「知的格闘技」がはじまった。開業予定は2005年10月。そしてなにより一番大切なのは、安全で安定輸送が可能な高速鉄道を開業させること。さあ、この勝負、どうなる?


 目次
第1章 年の瀬の台湾高速鉄道紀行
第2章 台湾高速鉄道受注競争
第3章 知的格闘技
第4章 車両とインフラのシステムインテグレーション
第5章 機電システムのシステムインテグレーション
第6章 機電システム 新幹線との技術的相違点
第7章 機電システム 実績ある技術への変更努力
第8章 台湾高鉄の要員養成
第9章 運転士の海外調達と開業延期
第10章 走行試験
第11章 高雄にて


<著者プロフィール>
田中宏昌(たなか・ひろまさ)鉄道エンジニア、工学博士。1939年広島県呉市生まれ。1963年東京大学工学部卒業、同年日本国有鉄道に入社。構造物設計事務所次長、国連ESCAP運輸通信観光部鉄道課長などを経て、1990年東海旅客鉄道に入社。専務取締役新幹線鉄道事業本部長、代表取締役副社長などを歴任。現在は同社顧問。著書に『「国連運輸部鉄道課」の不思議な 人々』(ウェッジ)がある。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『南の島の新幹線―鉄道エンジニアの台湾技術協力奮戦記』(2018年2月20日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

インフラ輸出は大変

2018/05/10 22:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は台湾新幹線の建設・運営を支援した元JRの技術系役員である。台湾新幹線は、当初欧州規格(フランス・ドイツ連合)でプロジェクトが進められていたが、ドイツの高速鉄道が脱線、死者101名という大惨事をきっかけに、日本の新幹線方式が採用されることになった経緯がある。日本方式が採用されたとはいえ、既に欧州方式でプロジェクトは進められており、欧州方式と日本方式混在の安全輸送を確保する上で、極めて不都合な鉄道になろうとしていた。著者は、日本方式導入に向けて、台湾新幹線をビジネスと考えず、大切な隣人に新幹線で培ったノウハウを無償で提供、技術支援する立場で台湾側に説得を試みるが、それがなかなか受け入れられず、まさに隔靴掻痒の思いであった。日本に対して比較的友好的と思われる台湾のプロジェクトでさえ、このありさま。海外へのインフラ輸出には、大きな労苦とリスクを伴うことを改めて思い知らされた。本書は、プロジェクト進行中に各種専門誌に投稿された原稿に基づき編集されている。このため、台湾新幹線完成後11年が経過しているにも関わらず、例えば「騒音対策を念頭に置いたパンタグラフの新規開発は時間がかかることを説明して理解を求めている。」、「日本側は従来どおりの手歯止めを使用するよう推奨している」というようなプロジェクト進行中の記述がそのまま用いられている箇所があり違和感を覚えた。そのアドバイスが受け入れられたか否かの結論が記述されていないのが、少々残念である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。