サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~4/30

修正:新規会員30%OFFクーポン(~4/30)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2019/11/22
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-747668-2
写真集

電子書籍

カイマナヒラの家

著者 池澤夏樹,写真:芝田満之

様々な人が共同生活を営むその家は、サーフィンに魅せられハワイイに通うぼくの滞在場所となった。夕日の浜でサムに聞いた「神様に着陸を禁じられた飛行機」の話、伝説の女性サーファ...

もっと見る

カイマナヒラの家

税込 605 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 9.1MB
Android EPUB 9.1MB
Win EPUB 9.1MB
Mac EPUB 9.1MB

カイマナヒラの家 (集英社文庫)

税込 649 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

様々な人が共同生活を営むその家は、サーフィンに魅せられハワイイに通うぼくの滞在場所となった。夕日の浜でサムに聞いた「神様に着陸を禁じられた飛行機」の話、伝説の女性サーファー、レラ・サンの死。神話を秘めた島々ハワイイが見せてくれる、永遠に通じる一瞬と失わなければいけない時を描いた、美しい物語。この物語の登場人物はすべて架空であり作者の想像の産物であるが、家は実在した……。海と向き合う写真家・ 芝田満之撮影によるハワイイの光と波との幸福なコラボレーション。

目次

  • 神様に着陸を禁じられた飛行機/すべてのはじまり/カイマナヒラの家/冷蔵庫の中の写真/ドライ・レイク/カパルア・キュナード・ホテルの幽霊たち/ウィンド・サーファー/お春さん/海に葬る/カラミティー・ボーイ/「家に帰ったらおしまいでしょ」/カイマナヒラを出る

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

素敵なことを教えてくれる。

2004/06/21 01:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TOYOKUMA - この投稿者のレビュー一覧を見る

この物語の舞台はハワイイのダイアモンド・ヘッドの麓に本当に建っていたという古くて大きな一軒の家である。この物語の語り手である男は、この由緒正しい家を借りて住んでいる男と偶然出会ったことから、ハワイイに来るときにはかならずその場所で過ごすことができるようになる。とても素敵なことである。そして彼はその場所で、良い人々といっしょに良い時間を過ごす。

人には自分がいるべき場所とそうではない場所があるのだと僕は思う。自分がいるべき場所にいるときはとても居心地が良くて、どんなに長い時間を過ごしていてもちっとも退屈にはならないけれど、自分がいるべきでない場所にいると、息苦しくなったり、意味もなく眠くなってしまったり、肩がこってきたりしてしまう。そういう生活が長く続いてしまうといつの間にか生きていること自体が苦しくなってくるのかもしれない。そしてそうならないようにある人は大きな買い物をし、ある人は旅に出る。大きな買い物はしばらくの間はその魔力を発揮するがいつかは大きなゴミになる。そして旅は旅をしている間は大きな魔力を発揮するが帰って来たら魔法は消える。もちろん旅は思い出という目には見えない姿で心の中に残るので旅の魔力は細々と長く続く。あるものは魔力が無くなる頃にまた新たな大きな買い物をし、あるものは魔力が無くなる頃にまたどこかへ旅に出る。そんな風にして、自分自身の周囲に流れている空気を循環させることによって人は生きている。

一人のウィンドサーファーがいる。彼はこの物語の中で唯一、自分のいるべき場所を最初から最後まで見つめ続けている。彼の言葉を読むと僕はとてもうらやましくなる。こんな風に自分のいる場所について語ることができるようになりたいなあと。けれどもそれは努力したり懸命に探したりして見つける種類のものではないらしい。それはきっと誰もがちゃんと持っているものなのだ。そのことに気が付くか気が付かないかの問題なのだ。

池澤夏樹はハワイのことを書き表すとき、「ハワイイ」と書く。なぜそんな風に書くのかという理由もこの小さな本の中にはちゃんと書かれている。

そんなわけでこの本は、とても小さな本であるけれども、いろいろな素敵なことを教えてくれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/18 23:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/16 21:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/20 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/11/04 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/12 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/28 18:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/27 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/08 22:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/05 13:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/30 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/28 04:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/05/11 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/05 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。