サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 社会・時事
  5. ボイジャー
  6. この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2021/07/30
  • 出版社: ボイジャー
  • ISBN:978-4-272-33097-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代

著者 雨宮処凛(編著)

貧困化する日本では、命の選別も仕方ないのか?「生産性」「自己責任」「迷惑」「一人で死ね」・・・・・・刺々しい言葉に溢れたこの国で、男は19人の障害者を殺害した。「莫大な借...

もっと見る

この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代

税込 1,408 12pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.8MB
Android EPUB 4.8MB
Win EPUB 4.8MB
Mac EPUB 4.8MB

この国の不寛容の果てに 相模原事件と私たちの時代

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

貧困化する日本では、命の選別も仕方ないのか?

「生産性」「自己責任」「迷惑」「一人で死ね」・・・・・・
刺々しい言葉に溢れたこの国で、男は19人の障害者を殺害した。
「莫大な借金をかかえた日本に、障害者を養う余裕はない」との理由で。
沈みゆく社会で、それでも「殺すな」と叫ぶ7人の対話集。


対談=
神戸金史(RKB毎日放送記者)
熊谷晋一郎(東京大学先端科学技術センター准教授、小児科医)
岩永直子(BuzzFeed Japan記者)
杉田俊介(批評家、元障害者ヘルパー)
森川すいめい(精神科医)
向谷地生良(浦河べてるの家ソーシャルワーカー)

【目次】
序章 私自身の「内なる植松」との対話(雨宮処凛)
1章 植松被告は私に「いつまで息子を生かしておくのですか」と尋ねた 神戸金史×雨宮処凛
2章 「生産性」よりも「必要性」を胸を張って語ろう 熊谷晋一郎×雨宮処凛
3章 命を語るときこそ、ファクト重視で冷静な議論を 岩永直子×雨宮処凛
4章 ロスジェネ世代に強いられた「生存のための闘争」の物語 杉田俊介×雨宮処凛
5章 みんなで我慢するのをやめて、ただ対話すればいい 森川すいめい×雨宮処凛
6章 植松被告がもしも「べてるの家」につながっていたら 向谷地生良×雨宮処凛

【著者】
雨宮処凛
作家・活動家。1975年北海道生まれ。反貧困ネットワーク世話人、週刊金曜日編集委員。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (10件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本書の「主題」は、私にとって永遠の課題

2019/09/19 10:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「怒りは年を取らない」ーーーー『ああ、あそこに、怒りが行く』。
そんな凄さや、一種の重たさ、しかし、それらをグイグイと引っ張って行くパワーがこの本にはあると思える。 読めば、生きるエネルギーがもらえる。 ただし「重たいゾ!」ーーーーーそう言いたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「想像力」

2020/06/08 09:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いち - この投稿者のレビュー一覧を見る

雨宮さんが「この人と話したい」と頭に浮かんだ6人と語り合った書籍である。対談集を読んで感じたことは「当たり前であることが当たり前でないこと」。そして「正しいことより間違いが強かったら正しいことでも負けてしまう」ということを教えてもらいました。
そもそも「価値の有無」を決定するのは「社会の側から」というのは疑問である。価値というのは人間同様に違うのだ。確かに植松被告(出版時)のように「心身者は自分の名前と年齢が言えない人」ということを決めるのは簡単である。
しかし植松被告の考え方だと変化した時に対応出来ず自分の考えを押し付ける形になってしまう。何故「想像力」を働かせることが出来なかったのか?「自分が同じ立場だったら嫌」という気持ちになるはずである。
相手を攻撃するということは「直球で言ってくれて気持ち良い」という心情と「余裕がないから相手を攻撃するしかない」という心情である。
その時は「良く言ってくれた」という気持ちになるが冷静になると「違うのではないか?」という気持ちになる。
つまり不寛容というのは「強さを証明したい人達が形成する社会」だと個人的に思う。もちろん強さは格好良い。ただ強さとは力を誇示することが全てではない。
どの章も参考になりました。特に学んだ所は第2章の熊谷氏と第5章の森川氏である。
熊谷氏は「生産性の有無」について問いている所で政治哲学者のハンナアーレントが言った「労働(Labor)・仕事(Work)・活動(Action)の3類型を述べている。
労働は、衣食住を満たすために不可欠な作業。対して仕事は、それまで存在しなかった作品を生み出して後世に残し、人間の文化に何かを付け加えること。そして活動は、政治的コミュニケーション。人と人が集まり自分に見える世界を表現しあい共有とれた現実を作り出すこと。つまり、アーレントは「仕事」と「労働」こそが人間が人間たる条件と言っている。
森川氏は日本と北欧の考え方の違いが参考になりました。日本は「相手に対して迷惑をかけない」ことを子供の頃から言われ続けている。森川氏が言うには自分を犠牲にして耐えるというのは一番安易な短絡的な対応である。対して北欧は「自分達が苦しんでいる状況は次の世代も経験するかもしれないことだから、今の世代の内に乗り越える方法を考えよう」という社会全体で受け止める考え方であること。
これは対話(オープンダイアローグ)の有無で変わってくる。元々「当事者を排除して専門家だけで決めるのはやめよう」という所から始まった考え方である。
日本社会にも対話が広がれば現在よりも良くなる社会になると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/07/05 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/08 21:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/25 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/30 05:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/10 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/02/28 11:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/23 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/10/18 08:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/25 19:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/05 22:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/01/09 19:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/07 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/27 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。