サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/11/16
  • 出版社: あけび書房
  • ISBN:978-4-87154-200-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

今よみがえる丸山眞男

著者 冨田宏治,北畑淳也

没後25年の丸山眞男の思想的営為を、今日的に分かりやすく読み解く。コロナ禍で露わになった無責任な政治の根源を探るための必読書。

もっと見る

今よみがえる丸山眞男

税込 1,549 14pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.4MB
Android EPUB 3.4MB
Win EPUB 3.4MB
Mac EPUB 3.4MB

今よみがえる丸山眞男 「開かれた社会」への政治思想入門

税込 1,760 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

画竜点睛を欠いた一書

2022/05/05 16:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Haserumio - この投稿者のレビュー一覧を見る

全三回(+α)のYouTubeと併せて一読。丸山眞男の思考とその達成について、大変勉強になりました。良著でした。ただ、一点だけ残念だったのは、丸山の云う「古層=執拗低音」の正体が、ムスヒのコスモロジーなり、マナイズム、アニマティズムである(88頁など)であるという結論はまずよいとして、それが日本の社会なり思想への「日本的なるもの」(72頁など)の浸潤あるいはそれへの変容を如何にして引き起こすのか、そのメカニズムというか作用機序が明示されていないのは、明らかに手落ちというか脱漏でしょう。(「liberty」や「権理」といった語の翻訳による意味遷移について触れていますが、これらはさしあたり「ヒ」の話とは関係していない(連関は示されていない)ようなので・・・

「私事が実はそこに紛れ込んでいるのだけども、本当は単なる私事なのだけれど、国家の名において行動する限り、それは悪たりえないという論理が生れることとなる。」(22頁)
「自分たちが悪をなしうるという自覚がないと、そこには”責任”という観念は生まれません。」(23~4頁、無責任の体系!)
「ステレオタイプ化してある思想家はこういう人だとやっつけてしまうようなやり方は、ものすごく不毛なものなのです。思想の展開には、いろいろな可能性がはらまれているのであり、その可能性まで含めて読んでいくことが大事なのだと思います。」(105頁)
「状況認識の欠落によって生じた損害を免罪にしようとする陰謀論的思考は政治的思考の成熟度が低いところで繁栄する」(168頁、同旨164頁)
「われわれの国の『近代化』は、『封建的忠誠』とその基盤を解体させることによって、同時にそこに含まれたかぎりの『反逆』のダイナミズムをも減衰させていった」(175頁、両者は形影相和すもの)

なお、最後の引用文については、読んだ際に樋口陽一氏の「正統の頑迷さが無ければ、異端のかがやきもない」という言葉を加えて思い起こした評者です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/01/18 11:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。