サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

葛城副編集長の最後の賭け みんなのレビュー

  • 著者:高遠 琉加, イラスト:高永 ひなこ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本葛城副編集長の最後の賭け

2012/12/15 23:06

「成澤准教授の最後の恋」スピンオフ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はにーとーすと - この投稿者のレビュー一覧を見る

文芸誌副編集長の葛城(攻め)と葛城家本家の使用人、諒(受け)のお話です。
この作品「成澤准教授の最後の恋」のスピンオフです。
が、単品でも普通に読めます。
前半は葛城の過去話、というか、実家がいかに由緒ある立派なおうちなのか
という話が諒の立場を絡めながらつらつらと語られます。
一瞬、このまま過去の話がメインで終わったりして・・・なんて思ってしまいましたが、
なんとかお話は現実に戻ってきて、葛城は最後の賭けに打って出ます。
読み終わった後、これって別に主人公を葛城にしなくてもよかったのかなぁ、
なんて思っちゃいました。まぁ、これ言ったらお話として成り立たなくなりますが。
絡みがラストのみなので甘さは低めです。
でも諒の始終淡々とした部分とラスト近くの振り切れた部分のギャップがなかなか良かったです。
スピンオフというのを気にせずに読めば、普通に楽しめるお話だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本葛城副編集長の最後の賭け

2011/05/23 13:02

アッサリし過ぎ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Keiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーとしては成り立っているし、読んでいても面白みは有ると思います。
ただ、何となくあっさりし過ぎていて、物足りない感じ。
在り来たりの本家と分家の話がモチーフ。
何よりタイトルがとても存大なのに、「副編集長」としての主人公はあまり出てこない。
これだったら、主人公のフルネームを普通にタイトルの最初に持ってくればいいような感じの中身になっています。

著者が言うように、主人公と仲の良い男の話の続きみたいな感じの本だそうですが、これ一冊でも全く持って読むには支障がありません。
それにBLとしては珍しく?後半最後のほう以外は、主人公の夏彦と葛城家に仕える諒のラブっぷりは出てきません。
甘い中身を期待する人には裏切られた感があるかと思います。

後半に出てくる葛城の当主候補の和也をゆする夏彦とのやり取りは、とにかくごく普通のドラマとかにも出てくるような、紙面上の取引内容。
正直、「え~;」と思うようなものです。
話はとてもしっかりしているのに、肝心なところで薄っぺらさを感じる事ばかり。
夏彦と諒が甘い感じとも取れないし、葛城家の事ばかりが前面に押し出される感じ。

私個人としては、最終的に葛城家と離縁したはずの夏彦の葛城としての本家での姿が気になるので、続きがあるとすればそれに期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍葛城副編集長の最後の賭け

2016/10/22 11:23

スピンオフ作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

名門・葛城家の規律が煩わしくて家を離れ、東京で文芸誌の副編集長をしている葛城。そんな彼のもとに、葛城家の使用人の諒が上京してくる。「成澤准教授の最後の恋」よりも劣る。ただ敬語受けは珍しかった。表紙の葛城を見てもナルナルばりの美形で、びっくりした。ナルナルのお話がとっても良いだけに残念だった。これまで読んだ高遠さんの作品では一番ダメだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍葛城副編集長の最後の賭け

2015/08/24 14:46

健気受けと地元の御曹司

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まぎぃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「成澤准教授の最後の恋」のスピンオフですが、これだけで楽しめます。

おぼっちゃま、葛城夏彦と、そのお世話係、諒のカップル。夏彦は実家を出て編集のお仕事をしています。身なりを気にしないが優しい豪放磊落な男気あるキャラ。
一方諒は健気なんですが、実は気の強い面も。自分の想いは内に秘めて、世話になった葛城家に忠誠を誓っています。

そんな二人は、悪役の悪さに助けられるように距離を縮めて。。という、言ってしまえば分かりやすいストーリー。
でも、単純ではなく、それなりに楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。