サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

キレる!(小学館新書) みんなのレビュー

  • 中野信子
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

題名は過激ですが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マッキー - この投稿者のレビュー一覧を見る

中野信子の著書をを信頼している、という前提ですが、題名の過激さに比べて、内容は自分にとって、とても役に立ちそう。特に「キレる自分との付き合い方」の中の、戦略的にキレると、自分を大切にする習慣、については考えさせられる言葉でしたので、ぜひとも実践していきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自分を守る戦略として「キレる!」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

中野信子氏の話は分かりやすくて、面白い。
この本も、人は何故「キレる」のかについて、とても端的に説明されている。

特に興味深かったのは、家族に虐待する人のメカニズム。
全くの他人なら気にならないことが、愛情ホルモン「オキシトシン」の影響で、自分の身内だと、自分のルールに従わないことが許せないとなってしまうらしい。

第3章では、そういったキレる人への対処方法などをケース別に紹介しているが、「そんなにうまくいったら世話ないよな」的な話も多く、言わんとすることは同意できるが、実用的かと言われると疑問である。

本書では、「キレる」メカニズムの解説だけでなく、「都合のいい人にならないために、戦略として上手にキレる方法」にも言及している(これが本書の主題?)。
巷によくある「アンガーマネジメント」とは違った角度の怒りのコントロールで、なかなか新鮮なアプローチだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

怒り

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと自分が怒りっぽかったりしてしまう部分も多いので、参考になりました。感情をコントロールできると自分が楽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。