サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

さらば、資本主義(新潮新書) みんなのレビュー

  • 佐伯啓思
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (2件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本さらば、資本主義

2015/10/30 01:51

皆に読んで欲しい本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シエル - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者は奈良県出身、社会思想家。京大の名誉教授でもある。
本書は月刊誌「新潮45」に「反・幸福論」と題し連載されているもの。
既に新潮新書だけで5冊目、他にも文庫で経済学を論じた本なんかを読んでいる。

構成上、一章が各20頁ほどだから非常に読み易い。
全10章は10か月分の連載をまとめたものである。
第二章の冒頭にあるようにその立ち位置としては「政治・経済を中心にした現代社会の思想的検討」と書いている。
また西欧に誕生した「保守主義」なる思想を手がかりにして、現代の様々な問題を私なりに考える、と書いている。
ここまで保守派の論客で政権後追い的な連中の一人と、思われ易いが決してそうではない。

簡単に章立ての内容を列記すれば
第一章 今こそ、脱原発の意味を問う
第二章 朝日新聞のなかの戦後日本
第三章 失われた故郷をもとめて
第四章 ニヒリズムへ落ち込む世界
第五章 「グローバル競争と成長追求」と言う虚実
第六章 福沢諭吉から考える「独立と文明」の思想
第七章 トマ・ピケティ「21世紀の資本」を読む
第八章 アメリカ経済学の傲慢
第九章 資本主義の行き着く先
第十章 「がまん」出来ない社会が人間を破壊する
と、イマドキの話題に沿った論が進む。

当然、安保問題のことなどにも触れているが政治討論で分れる保守派・革新派、或いは右派・左派と言う別け方は馴染まないと思う。
決して政権や自民党に阿る訳ではなく、寧ろ忽然と非を訴えるのはかなり説得力がある。
学者と言う立場上もあるのだろうが、どこかに与する必要もないのだろうしある意味原理主義者のように「解釈を間違えている」と一刀両断にすることが多い。

本書の帯には書名の下に「不幸の根源は経済成長と民主主義である。」とも書かれているがご自身の立場を弁えた上で「間違ってる」「解釈が違う」など、小気味よく現代を斬る。
日本と言う国の中にいると外国の様子が今ではネットから幾らでも入って来ると思いがちだがこの国の民主主義は歪んだものだし、それは政権にも反映されている。
韓国の大統領、中国の主席は戦時日本の過ちを未だに追求する手を緩めないのに、どうして日本の歴代首相はアメリカに原爆投下の責任や補償を求めないのかと、言われて初めてそう言えばと気付くだろう。

それが日本ではスタンダードで違和感なく国民に伝わっているのに妙な話だし、国民からそのような突き上げが1つも起きないのも不思議な現象だ。
寧ろ、戦後の日本はアメリカ式の民主主義を積極的に取り入れて、追随しご主人様の言うことを決して裏切らず、噛みつかない忠実な犬になり下がってしまった、と。

こう言う本を保守派も革新派も右派も左派もキチンと読んで日本式民主主義の矛盾に気が付くべきだろうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本さらば、資本主義

2016/03/02 17:44

現状を省みて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいん - この投稿者のレビュー一覧を見る

この数年の政治及び経済状況をみて、何かがおかしいと悶々とした日々を送っていましたが、この一冊でその原因らしきものを再認識できたような気がします。人口問題や格差問題に目を伏せてばかりいては、何も解決しないのは明らかです。次なる一歩を見つけるためにも必読の一冊だと思います。この本を契機に、著者の最近の本をまとめて読んでみようかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本さらば、資本主義

2016/05/03 18:34

独善的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kage - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分の主張を上から目線で決めつける、少数派のたわごとにしか理解できなかった。
途中から読むのが苦痛になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本さらば、資本主義

2015/11/07 22:14

何が言いたいのか?

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tyokoya - この投稿者のレビュー一覧を見る

読みました。途中で読む気がなくなりました。
時間を損した気分しか残りませんでした。

文句を書いただけで、調査、考察、提案など何もなかったですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。