サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

聖なる花嫁 みんなのレビュー

  • 著者:悠木 美羽, イラスト:深山 キリ, 著者:北沢 きょう, イラスト:椎名 咲月, イラスト:成瀬 あけの
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本時を渡る花嫁と恋の四重奏

2016/10/31 11:29

エイミー…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お兄さんみたいに感じていたアベルからのプロポーズから逃げたものの、結局は聖なる花嫁に選ばれて…

エイミーの両親の恋のお話も出てきて、飽きることなく楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本太陽の君と陰の王太子

2016/11/05 11:41

とりかえばや

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

忌み嫌われる男女の双子と言うことで、離ればなれで育ったコハクとヒスイ。コハクは王太子の側近として、ヒスイは巫女として生きてきたけれど…

実の親に憎まれて、愛情を受けずに育ってきたラピスですが、コハクからの尊敬と信頼に応えるべく生きてきた姿が素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本誓約の花嫁と煌きの王

2016/10/31 11:36

イラストが好み♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

椎名先生のイラストがとても美麗。

お話も、運命に翻弄されるアンケステンが切なくて…好きな人に出会えたのに、過去に受けた背中の傷の為に自分の気持ちを全て明かすことは出来ず…

長く側で守ってくれた護衛隊長が亡くなってしまったのは悲しい出来事でしたが、それを乗り越えて愛するティトと幸せになってほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本太陽の君と陰の王太子

2016/05/04 14:37

大変面白かったです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「誓約の花嫁と煌きの王 」と同じ世界の話なのですね。イラストレーターさんが違う方だったせいで、ヒロインが前作と同じく「聖なる花嫁」という設定にもかかわらず全然気付きませんでした。二章半ばで国の歴史が言及されアンケスエン王妃の名が出てきた時に至って、あれっと思ったという(笑)
前作とは設定が同じという以外、時代も違うし繋がりはまったくないので、シリーズと言う感じはしません。

「聖なる花嫁」であるコハクは不吉だと言われる男女の双子の片割れだったせいで、生まれた時にいろいろあり、13歳まで自分は男だと信じて育ちます。自分が女だと分かった後も、男として生きると決心し、永遠の愛情を捧げるはずのラピス王子に生涯の忠誠を誓います。そのラピス王子といえば、母親から受けた虐待のせいで心に闇を抱え、それを癒してくれるコハクが生きる理由となってる人で、コハクに対する感情は限りなく執着に近いです。

二人のすれ違いや誤解で、もどかしく切ない場面が続き、早く幸せな二人が見たくて一気に最後まで読んでしまいました。最後は双子も本来の性別に戻り、収まるところに収まって、大団円となりました。
一人当て馬にもならなかったカルサイト王子だけが不憫だったです。(表紙裏のショートストーリーを読むと特に)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本太陽の君と陰の王太子

2016/02/24 22:41

久々の正統派少女ラノベ!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴーストアイコン - この投稿者のレビュー一覧を見る

設定は完全に新鮮かというとそんなことはないのですが、とにかくせつなさ、若さゆえのすれ違い、一途さ、胸キュンなど、色々なエッセンスが詰まってました。
全ての関係がハッピーエンドにならないところも、お気楽小説じゃなくて好き!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本時を渡る花嫁と恋の四重奏

2016/08/14 15:50

恋よりも兄弟和解の話でした。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

恋の話と言うより恋の一歩手前の話です。ヒロイン、エイミーが15年前に飛ばされ幼いアベルに出会い自分の恋心に気づくまでがストーリーのほとんどですからね。ちなみに過去のアベルは10歳でエイミーは14歳です。

とにかくアベルが不憫でした。未来のエイミーが消えた後、生まれてきた赤ちゃんのエイミーが、いつか自分との結婚を嫌がり過去に逃げるのを知りながら14年間も側で見守り優しい兄役に徹して耐えてきた挙句、結婚後もしばらくはお預け状態とは、可哀想と言うしかありません。

後はアベルのイラストの髪型がもうちょっとどうにかならなかったのかと。子供のアベルはともかく、大人のアベルはあまりかっこよく見えませんでした。少女小説でのイラストはとても大事だと思うので少し残念でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖なる花嫁の失踪

2016/08/13 15:39

普通に面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ペンギンママ - この投稿者のレビュー一覧を見る

このシリーズの次巻である「誓約の花嫁と煌きの王」と「太陽の君と陰の王太子」を先に読んだのですが、この二冊に比べると、この話は少々インパクトが足りません。面白い事には面白いんですが、後の二冊にある切なさとじれじれ感があまり無くさらっと読めました。
シリーズとは言っても各巻全然違う時代の話で、決定的にイラストレーターさんが一冊ごとに別の方なので独立した話だと思って読んでも構わないと思います。私自身話の途中まで同じ国の話だと知らずに読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容は良いけど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵が、とにかく気持ち悪いのが残念!!!

表紙からして70年代の少女漫画を思わせるヒーロー(?)。
対して、ヒロインは、そこそこ普通の絵です。

ビーズログってもっと、コミカルなイラストの方が合っているのでは?と思ってしまうので☆マイナス2です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。