サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10月度:全品ポイント最大50倍(1001-31)

 【ポイント】経済ビジネスジャンル全品ポイント最大50倍施策(~10/26)

電子書籍

ノマドと社畜 みんなのレビュー

  • 谷本真由美(@May_Roma)
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

ノマドと社畜

電子書籍ノマドと社畜

2013/01/28 11:38

ノマドワーカーを取り巻く環境について、より詳しい先輩からの有難いアドバイス

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

量が多くない、というだけでなく、文章が明快であるため、とても読みやすかったです。
著者がtwitterやブログでメッセージを発信するということを日頃からされているからなのか、電子コンテンツとしても読みやすい文章でした。とは言えメッセージ性は強く、「そんな甘くないぞ!」という叱咤(?)に加えて、「じゃあどうしたらいいか?」という問に対する前向きな示唆もあり、読み応えがありました。

なんとなく、これからの自分のキャリアに対してどうしたら・・・と漠然ともやもやを感じている人、あるいは、気持ちだけが先行していまいち具体的なアクションに結び付けられていない・・・という人にも、オススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ノマドと社畜

電子書籍ノマドと社畜

2013/02/23 21:34

本当は志が高いメイロマさんの「ノマドと社畜」

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パナセァ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ツイッターでは4万人を越えるフォロワーを従える谷本真由美さんの本です。
  彼女が人生の時間を費やして自分のものにしたことを自分のことばで書いていて、内容はわかりやすく、まじめであり、キャッチーな題名に魅かれて読んでみるとちょっと「まじめだな~」と思うかもしれませんが、本当は志が高いメイロマさんの本音なんでしょう。もっともなことばかり書かれています。
  また谷本さんはフリーライダー(コスト負担せずに利益だけを受けるひと)的な甘い考えではノマドになることは不可能であるということを情理を尽くして説いているのが若人への愛の鞭かと思います。
  これは実用書であるので、これだけを読むと「あたりまえのまじめな文章だな」と思うかもしれませんが、ツイッターでフォローしながら読むとキモオタ傾向がある自分などはそれなりに「ほほうほほう」と嬉しい部分もあります。
  残念なのはもう自分は高齢なのでノマドになって海外で活躍することなどはできないということですか。谷本さんが真面目的な意味でも文体を持つようになればこれからも楽しみですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

ノマドと社畜

電子書籍ノマドと社畜

2015/11/15 01:00

ノマド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SS - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的にはノマドというワードと概念は全く知らなかったが、それが契約社会、個人主義社会上で機能しているスーパー個人事業主ワーカーであり、日本で語られているそれは現実的ではない。という事が知れた。その為に必要な現実的技術、基礎知識、英語等の獲得のススメ、その他ノマドであれ社畜であれ、プロとして当たり前の仕事の成果やサービス等のクオリティが重要+それに付加価値高となる個性や創造性の重要性など。以前どこかで読んだような…と思いきや、ダニエル・ピンク氏の著書も取り上げられていたので、その点ではそのような感じ。イギリスの近年の社会状況や個人主義に至る歴史話がタメになった。 20130125

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示