サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

全品ポイント最大50倍(0901-30)

電書の森フェア2017(~9/21)

電子書籍

提督王子の甘い新婚生活 みんなのレビュー

  • 御堂志生, 湯浅あゆ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍

提督王子の甘い新婚生活

電子書籍提督王子の甘い新婚生活

2016/11/14 11:43

ラテン系な提督風味たっぷり。

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tohoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

とっても意外ですが、本家ガブリエラ文庫では初登場なのですね、御堂志生先生。
御堂志生さんの作品は、品質が高め安定で、当たり外れがほぼないので、積んどいて温存しておいて、ハズレを読んだ後のお口直しに読ませていただくことが多いので、発売後すぐ読むことは少ないのです。
今回はたまたま、発売後すぐ読んだ。
で、思ったのです。
御堂志生さんという作家さんの創作活動の始まりは、単語にインスパイアされるところも大きいのかな、と。
今回のキーワードは、「提督」でした。
多分、某ゲームの提督とは全く無関係で、某ゲームにインスパイアされたのではないと思います。
ただ、今巷で「提督」という文字を目にすることは多いのです。
実際、本作のストーリー中に登場する提督は、今巷で溢れている「提督」とは全く違った切り口ですが、ぐぐると、一緒に出て来ちゃうんですよね。
以前刀匠モノを読んだ時にも思ったんですが。
自分が取り込んだ言語的な断片をもとにして、独自の作品を構築していけるのも、言葉を紡ぐストーリーテラーとしての才能を持つ方の特徴かもしれません。
世間に向かってアンテナが開いていて、時代の流れや空気をうまく取り入れるのも、流行作家さんとしては重要なファクターであると思います。

今作品の提督は、もとはと言えばこっちが正当派、スペイン艦隊をモデルにしたものでした。
国は違いますが、「国王陛下のお気に召すまま」の、ジェレマイアさまの世界のお話ですね。
18~19世紀ヨーロッパをモデルにした世界が舞台です。

独立したばかりの小国の王女マリアは、大国を巻き込んだ独立戦争の終結の証として、エスパルサ王国の王太子フェリペに輿入れすることになったが、フェリペの不興を買い、妻になることなく山城に幽閉されてしまった。
2年後、フェリペが国外逃亡し、彼女を救い出したのは、2年前輿入れするマリアを護衛した艦隊の提督でもある、王子テオバルトだった。
2年間思い続けたマリアの心の傷を思うと同時に、彼女を汚したであろう男への嫉妬にさいなまれるテオ。
幽閉生活で怯えて疲れ果てた彼女を癒してくれる優しいテオに惹かれていきながら、義務として妃に迎えられるのだと、心に影を落とすマリア。
政変と、取り巻く人々の思惑に彩られつつ、紆余曲折を経て心から結びついていく二人を描いていきます。

乙女系万歳ですね。
幽閉された魅力的な乙女が清らかなまま保たれるなんて、ありえないけれど、乙女系の世界ではそうあって欲しい。
テオの海の男っぷりがカッコ良かったです。
魅力的な脇役ダリオとの掛け合いも、下ネタに走りがちな海の男オヤジギャグも、閨の中でも、ラテン系な提督風味たっぷりでした。
エロもロマンチックで熱くてきゅん。
ただ、イラストが…湯浅あゆさん、こんな感じじゃなかったのに。
何かありましたか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示