サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン(~8/27)

修正:新規会員30%OFFクーポン(~7/31)

電子書籍

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 みんなのレビュー

  • 著者:岡田 麿里
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

後悔

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリアスな作品における主題で特に良いものになりやすいものがある。一つは「選択」だ。たとえば『Steins;Gate』や『進撃の巨人』などが挙げられる。そしてもう一つが「後悔」である。人間はこれらのテーマに接したとき、その物語に没頭し、真剣に向き合うことになろう。『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』が名作アニメになったのも、後悔という主題を丁寧に描き、視聴者の琴線に触れたからだろう。
トラウマになったあの日の出来事を再現する。そのときの各人の心情はそれぞれだろうが、この場面はよく描かれている。特にぽっぽについて、その想いはよく伝わった。またかくれんぼのシーンは名シーンだろう。めんまの存在を気付かせるシーンが感動的であったアニメと変更になっていたのが残念だったが、この両者はよくできている。花火のシーンをアニメと違ってめんまが成仏してからにしたのはどうしてなのだろうか。アニメのあの演出は良かったからアニメとしてはあれが良かったのだろう。小説としては余韻の残るこちらの方が適切だと判断したのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小説ならではの表現

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:crown - この投稿者のレビュー一覧を見る

アニメでハマり、小説オリジナル・エピソードもあるということで購入しました。
アニメで見た世界を再現しつつも、小説独特の世界観が展開されていました。アニメを見てからだったので、ある程度イメージが固まっていたのですが、小説から入った方にはまた違った見方が出来るかもしれません。「文字で表現すると、こんな感じになるのか」といった感想です。
オリジナル・エピソードのおかげで、登場人物の内面をより深く掘り下げることができたと思います。読めてよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何事も原作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんな作品も一番優れているのは原作だと思う。本書もやはりアニメが原作であり、ストーリーはアニメ向きなのだ。逆にアニメ化されたりしたものを見るとがっかりすることが多いのも、やはりこの法則から基本的には逃れられないからだろう。
アニメ『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』は名作中の名作である。アニメは1話の尺が決まっていて、そして1クール12~13話か2クール24~26話という枠も決まっている。そして文字が使えない。しかしBGMといった音楽や声優による演技、映像による動きなどを使えるという特徴がある。そしてアニメは基本的に毎話OPとEDがあり、そのタイミングや使い方を工夫できる。本作は特にEDが涙を誘う。そういった部分も本ではなかなか表現できないのではないかと感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。