サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 狼と香辛料 7 Side Colors

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

狼と香辛料 7 Side Colors(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 34件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2008.2
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/285p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-4169-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

狼と香辛料 7 Side Colors (電撃文庫)

著者 支倉 凍砂 (著)

リュビンハイゲンでの騒動が丸く収まったことを祝し、ホロとロレンスはノーラと食事をしていた。しかし、体調を崩したホロは、不覚にも宴会の最中に倒れてしまう。そんなホロを見て、...

もっと見る

狼と香辛料 7 Side Colors (電撃文庫)

594(税込)

狼と香辛料VII Side Colors

594 (税込)

狼と香辛料VII Side Colors

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「狼と香辛料 7 Side Colors」が含まれるセット商品

狼と香辛料 (電撃文庫) 19巻セット(電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫) 19巻セット

商品説明

リュビンハイゲンでの騒動が丸く収まったことを祝し、ホロとロレンスはノーラと食事をしていた。しかし、体調を崩したホロは、不覚にも宴会の最中に倒れてしまう。そんなホロを見て、ロレンスは看病をしようとするのだが…?シリーズ初のホロ視点で語られる書き下ろし「狼と琥珀色の憂鬱」に加えて、ロレンスと出会う前のホロの旅を描いた「少年と少女と白い花」、港町パッツィオでの二人の買い物風景「林檎の赤、空の青」など、「電撃hp」に掲載され好評を博した2編を収録。絶好調の新感覚ファンタジー、“色”をテーマに綴られた珠玉の短編集。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

少年と少女と白い花 11−179
林檎の赤、空の青 181−224
狼と琥珀色の憂鬱 225−282

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー34件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

味のある短編と中編

2010/06/06 23:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

シリーズ初の短編集(中編1+短編2)。なかなか味のある作品が並んでいる。

【少年と少女と白い花】
最初の作品が全体の半分を越える中編ながらロレンスが全く登場しないのが特徴的。ホロの過去編である。ふと知り合った少年と少女の「愛のキューピッド」になる話だが、これが何とも大仕掛け。狼だけが森の主じゃないんだなぁ、といったことも盛り込みつつ、旺盛に“吊り橋効果”を狙うホロのとんだ意地悪である。ただ、何とも覚束ない2人に対して、その覚悟を問い、試練を与え、これからも手を携えて共に歩むための勇気と信頼と愛情を確認したようにも見えるところがニクい。あまりにも無知で幼い2人の行く末をホロならずとも応援したくなる顛末である。

【林檎の赤、空の青】
食い意地の張ったホロに始まり、両替して買い物して“女の武器”で値引きして、最後に仕入れと販売のちょっとした小ネタを盛り込んだ小品。ストーリーよりも会話の妙を楽しむ内容である。ホロと両替商ワイズの掛け合い漫才に心穏やかでないロレンスが相変わらず面白い。これに限らずウィットに富んだやり取りが随所で見られる。

【狼と琥珀の憂鬱】
ホロ視点の破壊力は予想以上に凄まじい。体調不良のためなのか、それともノーラと仲良くするロレンスを目の前で見たためなのか、普段以上に余裕を失ったホロの心情が皮肉とともにキュンキュン描かれている。200を越す齢の落ち着きはどこへ?という乙女心が炸裂して悶絶必至のヤバさを呈している。同性ならではの心の機微を察し合う言葉の応酬(と、なんにも気付かないニブチンなロレンス)に続く最後の独白では「おいおい、そこまで想いがはっきりしてるのかい?」という“静かなる爆発”をたった1行で示している。本編でもたまに入れてほしいなぁ、ホロ視点。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

第7巻はファンのための1冊

2008/02/10 20:53

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ざわ・・・ぶろぐ - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容は物語の本筋ではなく、短編と中編が収録されている。
7巻にはSide Colorsという副題がついているが
それにちなんでか、各編のタイトルには色が使われている。


「少年と少女と白い花」
170ページ程度の中編。
ロレンスと出会う前のホロが、少年と少女の小冒険に遭遇。
なんだか既刊の話を想起すると、それほどは楽しめなかった。
驚きの展開を期待していて、何もないまま終わってしまった感じ。
タイトルに『狼と香辛料I』の最後のようなカタルシスを期待していて、以下略。


「林檎の赤、空の青」
45ページ弱のさらっとした短編。
しかし読後感は上記よりもこちらの方が濃密だった。
前述の後なのでロレンスとホロの会話がいっそう引き立てられる。
言葉遊びを交えた掛け合いに思わず頬が緩んでしまう。
商人の生活が描かれているのもまたこの作品の魅力。
ただタイトル、特に「空の青」には大した意味を感じなかった。


「狼と琥珀色の憂鬱」
シリーズ初のホロ視点で描かれる55ページ。
新鮮味があって、流れるように読んでしまう。
ホロのモノローグをロレンスの視点で読むと、面白い。
ああ、こんなふうにあしらわれているんだな、と感じられる。
この話はタイトルも好印象。


(内容的には)6巻の続きとなる8巻が待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/09 22:51

投稿元:ブクログ

ホロかわいいですね…
小悪魔ツンデレっぷりがたまらないですね。
でも本編未読ゆえ羊飼いとか結構
キャラがわからないという罠…、
とにかくちなはこういう年増(失言)女さんが
好みだ、というのはガチですね。

2010/06/20 09:30

投稿元:ブクログ

6巻が出てから2ヶ月というハイペースで刊行すげぇ・・と思ったらサイドストーリーでした。
話としては「ホロが麦の神様となる前の話」「1巻終了直後の幕間話」「2巻終了後の幕間話」の3つ。

ロレンスとの掛け合いがおもしろい「狼と香辛料」なのだが、ロレンスと出会う前の話もほのぼのの中にもスパイスが効いていて面白い
・・・・
が、やはり一番の読み所は2巻終了後の幕間話。初のホロ視点での展開なのだが、これがイイ。
一言で言うなら
『ホロ、かわいいよホロ』
に尽きるw

2008/03/06 22:36

投稿元:ブクログ

今回は本編より番外編ということで書かれており、前半は少年少女とホロのお話。
後半はホロが主体となったストーリーになっています。
狼と香辛料はロレンスとホロの言葉の駆け引きが面白いので、
ホロ側からの視点で書かれているというのは、これまた面白いものでした。

2008/02/15 01:47

投稿元:ブクログ

狼と香辛料、短編集です。
もうにやにやしっぱなしでした。
最後のお話がたまらなくにやにやにやにやしちゃいました。

2008/05/13 20:19

投稿元:ブクログ

狼と香辛料の短編。

ロレンスと出会う前や某町でのロレンスとホロの買い物を描いた短編。

そう…初めてホロ側の視点が描かれているというモノ。

『狼と琥珀色の憂鬱』ではホロのキャラ全開(笑)ホロ好きを自称する方は是非お手元にドウゾ

2009/09/03 01:41

投稿元:ブクログ

●2009年8月読了
「少年と少女と白い花」「リンゴの赤、空の青」「狼と琥珀色の憂鬱」の短編・中編3本立て。
今回は長編ストーリーではなく、それぞれ別のお話で構成されています。
「少年〜」はおそらくロレンスと出会う前。少年と少女と旅をした時の話です。
「リンゴ〜」はパッツィオの街での番外編。
「狼と〜」はノーラに嫉妬するホロのお話。

たまにはこういったそれぞれ独立した話だけのものもいいなと思いました。

2008/08/12 00:44

投稿元:ブクログ

3つの短編集から構成された作品.特に,ホロ視点で描かれた作品は,普段から裏の裏をかくホロの思考の道程が垣間見えて興味深い.また,普段はなかなか本音を言わないロレンスへの気持ちが伝わってきてほほえましい.

2009/02/12 17:16

投稿元:ブクログ

実はここから買っていない。
だが、買う予定はある。

---
02/15
雪蟷螂を読み終わりそうだったので買っておいた。
来週の通勤のお供。

---
02/23
Side Colors というだけあって、どの話にも色をもたせてある外伝。
「狼と琥珀色の憂鬱」が1番面白かったかな。

2009/06/15 18:17

投稿元:ブクログ

短編集です。
アリエスはええけど、クラスががきんちょ過ぎてあんまり好かんかった。
ホロ視点で書かれた「狼と琥珀色と憂鬱」。
可愛かったッス。

2010/01/30 23:56

投稿元:ブクログ

狼と香辛料第7作目。今回の内容は外伝的な話を含む3っつの話を盛り込んだ短編集である。

1つ目の「狼と少女と白い花」はいつか書くだろうな~と思ってた内容でニヤニヤしながら読んだ。笑
つまりはロレンスに出会う前のホロの話で、これまでに何回かそんな伏線が入ってきているので、あわよくば…って感じで期待してた。

「狼と琥珀色の憂鬱」は個人的にかなり好き。今まで書かなかったホロが一人称のホロ視点の話。結構こういううだうだする展開は好み。まあ毎回続くのは正直勘弁だけど、、、でも萌えた。萌えましたがなにか??笑

2009/12/18 15:05

投稿元:ブクログ

コルが旅の仲間に加わったことで、動きをだしてきた本編は一旦休憩。
箸休め的に挿入されたのは、3つの短篇からなる短篇、サイドストーリー

2009/08/30 22:55

投稿元:ブクログ

コルが旅の仲間に加わったことで、動きをだしてきた本編は一旦休憩。
箸休め的に挿入されたのは、3つの短篇からなる短篇、サイドストーリーである。

「本編大して進んでねぇのに短篇かよっ!」なんて当初はがっくりきたものだけれど、これがまた悔しいことによくできている。
前作で、ちょうどロレンスと出会う前のホロの話がちらっと出てきていることもあったので、ここでその模様を知りたい読者の要望に答えたのは、タイミングが非常によろしい。

個人的に、最初の中篇である「少年と少女と白い花」が一番好きだった。
ロレンスと出会う遥か昔に、ホロが一組の少年と少女のお守り役をしながら旅するという話である。

若干、メンヘラじみているアリエスが際立って頭が弱くてお気に入りである。
野草を見て、「花瓶に差していないのに、どうしてあの花は枯れないのでしょう」なんて聞いてしまうアリエスは、もう本当に今までどんな生活を送ってきたのか偲ばれる。
今の、ロレンス、コル、ホロというバランスも心地良いけれど、ホロの立ち位置が全く違う今回の3人組も、また素敵なバランスだと思った。

そして「狼と琥珀色の憂鬱」は、遂に手を出したか…というところ。
今まで絶対に出なかった、一人称がホロのホロ視点のお話である。私は、実はコレあまり好きじゃない。
というのも、ホロがあまりにも普通の女の子だったことにちょっと残念だったのである。
きっと、作者的にはそのギャップを押したいのだろうと思うのだけれど、んー、個人的にはちょっと…という感じだ。
ホロとロレンスの甘々ライフを垣間見るにはもってこいだったものの、ちょっと…うーん。

それよりもむしろ、久しぶりの羊飼いノーラの登場の方に目が行ってしまうのは、私がノーラの方がホロより好きだからなのだろうか。
話は当然ながら全く進まないものの、最近ずっと続いていた一定のリズムの繰り返しによる飽きを見事に払拭してくれた一冊だった。
このタイミングでサイドストーリーを挿入したのは、正解だったのだと思う。

2010/06/17 22:58

投稿元:ブクログ

 色にまつわる短編集。
 *少年と少女と白い花
 *林檎の赤、空の青
 *狼と琥珀色の憂鬱

 「少年と少女と白い花」は、ロレンスとの旅よりずーーーーっと前の話。
 しかし、そこで終るかぁって感じ。
 うむ。色々つっこみたい、悪くいえば、甘いところが多いんだよねぇ。
 ま、ホロの潔さが、物語を真直ぐに常にしていくんだけどさ。
 うん、雰囲気と、真直ぐさと楽しむ物語。

 「林檎の赤、空の青」は、1巻の後日談。二人でお買い物です。大量に買った林檎に悪戦苦闘するホロがかわいい。
 と、わかりやすい商人との付き合いかたのレクチャーww

 「狼と琥珀色の憂鬱」は、2巻の後日談。ホロが体調崩します。
 うーーーん、神に近い存在であるホロが、体調崩すんですかねぇ。
 ともあれ、初のホロ視点なのであります。なので、かなりロレンスにほろっとしているホロがわかるのであった。
 にしても、この世界には日本でいう「鶴の恩返し」とか「羽衣」とか、そういう話はないんだろうか。教会の力が強いから、そういう異端の話はなし、ってことなのだろうか。が、異端の話はなしですって世界なら、ホロに対してもっと畏怖がありそうなんだけどな。でもって、反対にそういう異形のものとの話が残ってるなら、ホロと云々となることにもっと抵抗が少ない気がするんだけど。
 …微妙に、中途半端。
 ま、そういうのを気付かせない(?)魅力に溢れてるんですけどね。

 …さっさと8巻でやがれww

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む