サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳(ファミ通文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.2
  • 出版社: エンターブレイン
  • レーベル: ファミ通文庫
  • サイズ:15cm/344p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7577-4647-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳 (ファミ通文庫)

著者 石川 博品 (著)

僕レイチ。今年から“八高”に入学する本地民(コネだけど)。植物でも愛でつつ妄想の中で暮らしていきたかったのに、クラスメイトは王国民流モラルハザードなヤツばっか!とくに何、...

もっと見る

耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳 (ファミ通文庫)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕レイチ。今年から“八高”に入学する本地民(コネだけど)。植物でも愛でつつ妄想の中で暮らしていきたかったのに、クラスメイトは王国民流モラルハザードなヤツばっか!とくに何、この幼女?耳刈?ネルリ?せっかくの高校生活、痛いのはイヤー!(耳だけに)しかも何で僕が自治委員に任命されなきゃなんないワケ?王国民との対立とかもうお腹いっぱい、僕は今日も勉強会で忙しいんだってば—!第10回えんため大賞優秀賞受賞作、ついに登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

【えんため大賞小説部門優秀賞(第10回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店千日前店

日々、本当にたくさん...

ジュンク堂書店千日前店さん

日々、本当にたくさんの物語が生まれては書店に並ぶわけです。
そんな中で、どうして今まで読まなかったのかと悔やむ作品に出会うこともあります。
そういうの、私だけではないと信じたいものですが。
この全3巻の物語も、私にとってはそういうもののひとつでした。

さて第1巻。

舞台は、とある連邦体国家の全寮制高校。
周辺国の王族子弟も集うその高校で出会った「本地民」のレイチと「王国民」シャーリック王国王女太子ネルリ。
文化風習の違うふたりの成長と歩み寄り、「本地民」と「王国民」の軋轢、そして或る陰謀を描きます。

まず目を引くのは、主人公レイチの一人称によるケレン味溢れる地の文。
アグレッシヴだが妄想ばかりで、そこが好き嫌いの分かれるところだと思うのですが……。

しかし、その地の文からケレン味ある妄想部分を除いてみると、そこにはレイチの意外と真面目な言動……いやそうでもない部分もありますが……と、作者の非常に豊かな言語表現が見えてくるのです。

クセのある主人公とクセのある王国民たちによるクセのある物語。
でも、この巻だけで判断してはいけなかったのです。

(卯)

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

奇抜さと王道のバランス

2011/10/28 21:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

全く知らない作品、作家だったけれど、ソ連みたいな多民族が混在する学園生活、というのが基本設定だと言うことを知り、東欧関係を調べていた時だったので俄然興味がでてきたので読んでみたのだけれどこれがとても面白い。全三巻で完結しているのでまとめて書く。

いかにもオタクな妄想トークが暴走したりするトリッキーな語りは今風なんだと思うけど、物語的にはむしろ王道の、あるいはほとんど古風な学園ものというべき作品で、最近のラノベに良い印象を持ってない人こそ読んでみると良いんじゃないか。能力バトルでもなく、日常系部活ものでもなく、キャラ萌えで引っ張るのでもない、学園青春物語だ。

二百六十八もの王国や「自治活動体」を内部に抱える活動体連邦というのが舞台で、これは明らかにソ連風。そして「本地民」でじつは中央活動委員(この活動、とか委員会とかがとっても社会主義体制チック)の父を持つ主人公にして語り手レイチ・レイーチイチが全寮制の高校に入学するためにやってくるところから話が始まる。この高校はもともと本地民には野蛮だとみなされている連邦内の王国民らのための学校で、レイチはいろんな因果でここに入学することになり、そこでシャーリック王国王女、ネルリ・ドゥベツォネガと知り合う。

この小さな王女がまた野性的というか大仰な言葉遣いと王女ならではの高踏さを持ちつつも、ちょっと文化的に違うところからきたせいで、出会って早々野外で小便に及ぶというインパクトを与えてくれる(後にゲロも吐きます)。萌えキャラ路線から全力で逆走していくキャラ立てだ。

クラスには他の王国から来た人もいて、言葉が通じなかったり、既婚の同級生がいたりといった異文化コミュニケーションあふれる学園生活となっている。私は、アルバニアのイスマイル・カダレがソ連のゴーリキー大学に留学していた時のことを書いた『草原の神々の黄昏』を連想した。ゴーリキー大学にはラトビア、アルメニア、ギリシャ、グルジア各地から学生が集まってくるわけで、作者もこうした連邦国家ソヴィエトの多民族ぶりを下敷きにしているのだろう。

本地と政治的に対立している王国からも人が来ていたり、クラス内で本地民と王国民のあいだに溝があったりする。ここら辺は第一巻の中心軸で、クラスが次第に仲良くなっていくのが描かれているあたり、王道学園ものといっていいんじゃないか。

第一巻では学校の自治委員というのがキーになっていて、そこで囚われている友人のために戦う話だし、二巻の劇対決も同じく、クラスの仲間たちと力を合わせて権力側や大人に対して一泡吹かせる、という構図があって、これを読んでいて随分昔に一冊だけ読んだ宗田理を思い出した。

二巻では父との微妙な関係が本筋と絡んで語られ、進路の問題も出てくるし、最後には学校卒業後の各キャラのビターなその後までを描いているあたり、モラトリアムとしての学園生活というものを正面から書いた、ある意味で非常に古典的なスタイルの話だと思う。今はあまり言わないようだけれどジュヴナイルといわれたジャンルのものに近いように思う。

そういう王道的な話にパンツがどうだとか言う語り手の妄想ネタトークがぶちまけられているのだけれど、この語りは語り手自身の本心(というかかっこよさげな振る舞いへの照れ隠しというか)をごまかす韜晦としても機能している。語り手の韜晦は自分の本心を隠す機能を持つと同時に、今風でない物語を現代的なラノベとして成立させるための小説としての戦略でもあると思われる。

日常的な世界にいる主人公の元に、別の王国から来た王女が現れ、親しくなっていくうちに、等身大の世界から、少女を介してより大きな社会、世界や冒険の世界が開けてくる、というのは少年が夢見る冒険、ボーイミーツガールものの大定番だ。大長編ドラえもんがこの路線の典型的なもので、本作もファンタジックな大冒険こそ起こらないものの、そうしたボーイミーツガールものの定番の構図を採用した作品だろう。ある懐かしさとともに、モラトリアム期の高校生がどう自分の人生を考えるかということを真面目に扱っている点が非常に好印象で、良い意味で教育的というか、まさに高校生にこそ読んで欲しいと思わされた。

わたしが「ジュヴナイル」という言葉で思い浮かべるのは、こうした懐かしさを感じさせる定番の構図と、大人になった作者が子供に向けて子供の問題を真面目に問うていく教育的な要素、というのが感じられる時だ(一般に言う意味とは違うかも)。その意味で、本作は現代ライトノベルの形を借りつつ、ジュヴナイルを語りきった作品だと私は考えている。

きわものと見せかけて文章もしっかりしているし、バックボーンがちゃんとある人なんだろう。劇中劇がやけに面白いと思っていたら元ネタがプーシキンの『大尉の娘』だったりするし、ケータイ小説の文章を古文調に翻訳したところなどは教養の無駄遣い過ぎて笑ってしまう。

奇抜なタイトルとトリッキーな語りとは裏腹に、とてもしっかりとした青春学園ものを物語るというアクロバットを成立させた非常に興味深い作品。作者はこれ以降ほとんど動きがなかったけれど、近々新刊がでるようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意外なほど読みやすい

2009/07/26 22:19

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

いかにも狂ったタイトルと文章だが、読み進めると意外と深い
民族主義やら権力争いやら重たいネタを、現代的な「社会に適応した妄想ヲタ」的な主人公と個性的なキャラクター達がノリと勢いで捌いていく
奇想天外、予想も付かない展開でぐいぐい推し進め、意外な着地点をみせる
軽さと重さと平坦さと意外性とが不思議とかち合わずに生きている
非常に強いオリジナリティの割りに、意外なほど読みやすく面白い作品です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/04/05 00:00

投稿元:ブクログ

世界観の大枠とか、対立構造とか、細かいネタの仕込み方とか手が込んでいることはわかるけど、それをうまく消化して表現できているかというと…不明。好みで言えばあんまりハマらなかった。ラノベタッチの文体で重い話をする場合、ライト加減がシリアス度に反比例(したりあえてそれを崩してスパイスにしたり)するのが基本だと思うけど、本書はあまりにライト成分が高濃度で常時含まれてるのがヤバい。ドラッギー。多分作者はシャイすぎて脳内麻薬出ないと執筆できないのでは。逆に言えば執筆時常時アドレナリンどぱどぱ?ドラッギー。

2011/08/15 02:58

投稿元:ブクログ

「ラノベの域を超えて」なかったAmazonレビューに騙された形。ソ連をモチーフにした独立国家共同体的な仮想世界を舞台にした学園モノ。学園内での本地(ロシアみたいなもの?)出身者で組織される自治委員会と、王国(ロシア以外みたいな?)出身者で組織される防衛隊の対立と、兄弟6人の耳を刈って王位継承権を掌握した王女ネルリに翻弄される主人公の学園ライフを戯言満載の筆致で書く。世界観の完成度から言えば、かなりのものだし、文体の完成度もなかなかのもの。ただ、主人公の妄想モノローグの文量が多すぎて、費やした紙幅に比してストーリーが全く展開しないのがものすごくストレス。世界設定も主人公の出自もわからない状態で、ひたすら主人公の機関銃のような戯言に蹂躙される読者の気持ちをもう少し慮って欲しい。

ファミ通文庫 ランキング

ファミ通文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む