サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2012/10/06
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75258-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集 (光文社古典新訳文庫)

著者 ピランデッロ (著),関口 英子 (訳)

硫黄鉱山での重労働の果てに暗い坑道を抜け出ると…静かで深い感動に包まれる表題作。作家が作中の人物たちの愚痴や悩みを聞く「登場人物の悲劇」など15篇を収録。シチリア出身のノ...

もっと見る

月を見つけたチャウラ ピランデッロ短篇集 (光文社古典新訳文庫)

1,111(税込)

月を見つけたチャウラ~ピランデッロ短篇集~

1,048(税込)

月を見つけたチャウラ~ピランデッロ短篇集~

ポイント :9pt / 紙の本より63おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

硫黄鉱山での重労働の果てに暗い坑道を抜け出ると…静かで深い感動に包まれる表題作。作家が作中の人物たちの愚痴や悩みを聞く「登場人物の悲劇」など15篇を収録。シチリア出身のノーベル賞作家が、突然訪れる人生の真実の瞬間を、時に苦々しく時にユーモラスに描く短篇集。【「BOOK」データベースの商品解説】

静かで深い感動に包まれる表題作や、作者が作中の人物たちの愚痴や悩みを聞く「登場人物の悲劇」など、全15篇を収録。シチリア出身のノーベル賞作家が、突然訪れる人生の真実の瞬間を、時に苦々しく時にユーモラスに描く。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

月を見つけたチャウラ 9−24
パッリーノとミミ 25−49
ミッツァロのカラス 51−62

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

奇妙な人生の瞬間

2015/06/20 19:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

炭坑の奥底で働く男達、何か明るい未来が待っているのでもないが懸命に生きて、働いて、夜も昼も無い坑道から出てきて、ふと見上げると月が出ている。それだけの話なのに、救われるような、生き続ける希望を持てそうな気持ちになる。
カラスに弁当を盗まれるのに腹を立てた農夫の運命。至極単純な話のようなのだが、丹念に追えばそこに複雑な精神の動きがあり、世界に少しだけしわが寄ったような奇妙な瞬間の出来事であったようにも見える。
人を一瞬で死に至らしめる能力を突然手に入れた男。それは自身の幸福にはさして寄与しないどころか、彼を世界から弾き出す装置に他ならない。そんな洞察をする間もなく、彼を取り巻く奔流に押し流されていく。
頑固な甕直し職人が、うっかり大甕の中から出られなくなってしまう。だが窮地に陥ったのは、彼の雇い主の方だった。頓知話のようでいて、さまざまな不条理を積み重ねて生まれる悲劇でもある。
飼い犬に対する奇矯な行動が慢性化しているが、彼自身はそれが狂気の産物だと理解していて、見よ、犬の視線さえそれを物語っているではないか。人に言えないちょっとした奇行というのは誰しもあるのかもしれず、その苦悩も他からは計り知れない。でも笑っちゃう。
小説の登場人物達が、作家を訪れて、自分を主人公に本を出して欲しいと懇願する世界。だが作家の目は厳しく、彼らを選抜し、批評する。小説についての小説、ある種のメタフィクションであろうが、作家の内面の苦悩をこういう形で表しているようにも見える。それは面白い小説と、書きたい小説の間の対話であり、筒井康隆あたりなら直接的に書いてしまいそうなところ、寓話的な風景にしている。
生まれたばかりの赤ん坊が、魔女によって別の醜い赤ん坊にすり替えられてしまう。その赤ん坊を可愛がれば、実の子もどこかで可愛がられるのだという。まるきり理不尽だが伝説の魔女の所業はいかんともしがたい。しからば不幸を嘆きつつ、日常に埋没するしかない。
他の作品も含めて、日常の中の平凡で小さな不条理が育っていくのを、一枚ずつ積み重ねていって人生になったのが、一作ごとの物語と言えるだろうか。底辺からブルジョア層まで、社会のあらゆる場所にそんな風景はある。傍目に奇妙に見えることでも、発端は些細なつまずきや行き違いに過ぎず、たぶん誰でも入り込む可能性のある迷路を、実在感をもって浮き出させてくる作品集になっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1934年ノーベル文学賞受賞者

2016/04/04 16:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者は不条理演劇の先駆者と言えるだろう。本書にも作中の人物が作者の手を離れて動き始めるような、奇妙な感覚の短編が収録されている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/24 20:16

投稿元:ブクログ

青森っぽい喩えで言うなら、スルメのような本です。よく読まないと(何度か読み返したりしないと)、その奥深さがわからない…

2012/10/29 16:52

投稿元:ブクログ

「毎日新聞」2012年10月28日付朝刊の書評で
知りました。
(2012年10月29日)

amazonで買いました。
(2012年10月31日)

読み始めました。地下鉄御堂筋線。
(2014年1月2日)

読み終えました。山手線恵比寿駅。
(2014年1月4日)

「登場人物の悲劇」「フローラ夫人とその娘婿のポンツァ氏」「ある一日」は、とんでもなく傑作。
(2014年1月4日)

2014/07/12 15:38

投稿元:ブクログ

 「ひと吹き」の唐突な印象を受けるほど幻想的なラストが好きだ。
 「紙の世界」は主人公に感情移入してしまってまともに読めなかった! あの女はなぜあんなひどいことを平気で言うんだろう。
 ピランデッロの作品をもっと読みたいと思った。

2014/06/21 08:05

投稿元:ブクログ

先に読んだ天才物理学者マヨラナが愛読した小説家。普段はほとんど小説を読まないのだが、気になって、この短編集を読んでみた。いずれも不思議な世界観。おもしろい。別の作品も探して読んでみたい。

2012/11/12 00:19

投稿元:ブクログ

読むのに結構時間をかけてしまった。

各話、独立している。ストーリーとして似ている話がない。
その中でも、標題作は浮いている。
素直な話だからか。そして、他の話がひねくれているからか。

結局なんだったんだろう、一体。話はここで終わったみたいだけど、どういうこと?という話が多かった。

甕、使徒書簡朗誦係なんかは分かりやすい。
貼りついた死はあまりに理解できなくて2回読み。

2014/05/17 20:13

投稿元:ブクログ

1934年にノーベル文学賞を受賞したイタリアの作家の短編集。
私はこの作家を知りませんでしたが、どうやら劇作家としてかなり有名だそうです。

本書に収められているのは寓話のような物語ばかり。
『ミッツァロのカラス』では、鐘の音を鳴らしながら空を飛びまわるカラスと農夫の戦いを、『ひと吹き』では息を吹きかけるだけで人に死をもたらす能力を持ってしまった男を描いています。
一見、軽妙な筆致で書かれている短編集ですが、物語の登場人物たちは、持ちたくもない能力やら不相応な扱いやらを生きなければならない悲劇的な運命を背負っています。そこに、抗いようもない力に左右される人の生という、作者の深刻な現実認識が感じとられました。
最後の短編『ある一日』は一日に人の一生を圧縮したような物語。奇しくも作者が亡くなった年に書かれたもので、晩年に人がどのように人生を感じるのかを考える上で、参考になりそうな作品です。

2012/10/04 20:25

投稿元:ブクログ

「カオス・シチリア物語」(白水社)も未読なのに、次なるピランデッロ が、、、

光文社のPR
「『作者を探す六人の登場人物』などの傑作戯曲で知られる、イタリアはシチリア生まれの作家ピランデッロの、代表的な小説を集めた。イタリア幻想文学短編シリーズの第5弾。「とある1日」「大きな甕」「ミッザロのカラス」……幻想的名品の数々が、あなたを異界に誘う!」

2012/12/18 22:54

投稿元:ブクログ

光文社古典新訳文庫にハズレなし。いきなりの表題作「月をみつけたチャウラ」の息をのむラストショットの見事な詩情は無論、「手押し車」の予想外のオチはちょっと凄い。鬼気迫るとはまさにこのことだ。スプラッタな無差別殺人描写を、狂気の描写と勘違いしている凡百の作家もどきは、全員この「手押し車」を100回以上黙読すべきだ。この哀しみと滑稽とさらに凡庸(!)を基盤にした恐怖の描写は、そうそう味わえるもんじゃないw すばらしい。

2013/11/27 22:28

投稿元:ブクログ

当時のシチリアにおける硫黄鉱の惨状がよく描写されている。知恵が遅れたチャウラが鉱山から出てきて月を眺めるシーンはピランデッロが鉱夫に対する哀れみが感じられる。真っ暗な鉱山とチャウラを照らす月明かりの対比が印象的だった。