サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2014/02/07
  • 出版社: 木楽舎
  • サイズ:20cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86324-071-1
  • 国内送料無料

紙の本

動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト

著者 福岡 伸一 (著)

動的平衡は、機械論的・因果律的な世界観に対するアンチテーゼとしてある。生物学者・福岡伸一が、カズオ・イシグロ、平野啓一郎、佐藤勝彦らと、世界の過去・現在・未来について動的...

もっと見る

動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動的平衡は、機械論的・因果律的な世界観に対するアンチテーゼとしてある。生物学者・福岡伸一が、カズオ・イシグロ、平野啓一郎、佐藤勝彦らと、世界の過去・現在・未来について動的平衡の視点から論じ合う。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

記憶とは、死に対する部分的な勝利なのです カズオ・イシグロ 述 19−45
複数の「私」を生きる 平野啓一郎 述 47−67
「知的生命体」が宇宙にいるのは必然か 佐藤勝彦 述 69−90

著者紹介

福岡 伸一

略歴
〈福岡伸一〉1959年東京生まれ。京都大学卒。生物学者。青山学院大学教授。「生物と無生物のあいだ」でサントリー学芸賞および新書大賞を受賞。ほかの著書に「動的平衡」「福岡ハカセの本棚」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

丸善丸の内本店

生物学者・福岡伸一による『動的平衡』シリーズの第三巻

丸善 丸の内本店さん

生物学者・福岡伸一による『動的平衡』シリーズの第三巻。「ダイアローグ」のタイトルどおり、今回は対話形式となっています。対話のお相手も、ジャレド・ダイアモンド(進化生物学者)や佐藤勝彦(宇宙物理学者)のような分野の似た人たちから、カズオ・イシグロ(作家)や隈研吾(建築家)、千住博(日本画家)といった全く別の分野の人たちまでバラエティ豊かな顔ぶれとなっています。

シリーズの中で一貫として語られているのは、「生命とは何か」ということ。そして、その中で著者は「生命は『動的な平衡状態にあるシステム』」と定義付けています。生命は、細胞の内でも外でもなく、絶えず新生し古いものと入れ替わっていくという「流れ」の中にある。では、常に入れ替わっているとするならば、変わらない「自己」を形成するものは何なのか。さらに言えばこの世界、ひいては社会の成り立ちに、この「動的平衡」という概念をもって迫ります。

各分野の第一線を行く人々との対話により、「生命とは何か」という問いと答えにより深みが増していき、こちらの世界観すらもかえてしまうほどの説得力を持って読者の心に響いてきます。生物の本なんて難しそう、なんて思わずに、幅広い層の人に読んで欲しい一冊です。


(評者:丸善 丸の内本店 理工書売場担当 山口静香)

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2014/03/27 14:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/05 18:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/16 13:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/13 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/13 19:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/14 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/17 01:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/21 19:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/14 04:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/30 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/04 11:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/29 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/03 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/30 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

生物・生命読みもの ランキング

生物・生命読みもののランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む