サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 『縦横斜めから読む歴史~科学・食・感染症・失われたもの・偽物~』 ポイント5倍キャンペーン  ~1/5

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 福岡 伸一の紙の本一覧

“福岡 伸一”の紙の本一覧

生物学者。青山学院大学教授。ロックフェラー大学客員研究者。著書に「生命海流」など。

“福岡 伸一”に関連する紙の本を92件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

ポストコロナの生命哲学 (集英社新書)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:924
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2021/09/17
  • 発送可能日:1~3日
  • パンデミックで注目を集めた3人の論者が
    これからを生きる拠り所となる哲学を語る!

    コロナによる初の非常事態宣言後、新聞紙上などでいち早くウイルスとの共生を訴えた生物学者・福岡伸一、コロナ禍で注目された「利他」を学問として研究する美学者・伊藤亜紗、「パンデミックを生きる指針」が大反響を呼んだ歴史学者・藤原辰史。

    感染症拡大で混迷を極める世界を考える上で、示唆に富む視...

ナチュラリスト 生命を愛でる人 (新潮文庫)

  • 評価4.3レビュー:2件
  • 税込価格:649
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2021/09/29
  • 発送可能日:1~3日
  • ロスチャイルドにドリトル先生、生涯をかけて恐竜や昆虫を追う科学者たち。「生命とは何か」について、考える旅路で福岡ハカセが出会った、ナチュラリストたちのひたむきさと好奇心を伝える。【「TRC MARC」の商品解説】

    生命の本質を見つめ、美しさと精妙さに溢れるこの世界をまるごと愛したい……。大富豪ウォルター・ロスチャイルドにドリトル先生、生涯をかけて恐竜や昆虫を追う科学者たち。先...

動的平衡 新版 1 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)

  • 評価4.3レビュー:51件
  • 税込価格:924
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2017/05/31
  • 発送可能日:24時間
  • 生命とは、絶え間ない流れの中にある動的なものである−。哲学する分子生物学者・福岡伸一が問う生命のなりたち、ふるまい、ありよう。「生命の流れ」を流麗な文体で綴るとともに、生命科学研究最前線の状況等を紹介する。〔初版:木楽舎 2009年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    「生命とは何か」という永遠の命題に迫る!

    ●年を取ると一年が早く過ぎるのは、「体内時計の...

迷走生活の方法

  • 評価4.8レビュー:4件
  • 税込価格:1,980
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2021/03/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 福岡ハカセがコロナ時代の生命論を説き、あるときは肝トレを提案し、バイアグラに思いを馳せ、タワマンに警鐘を鳴らす。誰かに話したくなる知識が満載の科学エッセイ。『週刊文春』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    惰眠を貪る私はすでに迷走生活をしているかもしれない。おかげさまで身体は丈夫です!(小泉今日子)
     コロナ時代に必読の福岡ハカセのエッセイ集。
    「コロ...

生命海流 GALAPAGOS

  • 評価4.5レビュー:10件
  • 税込価格:2,090
  • 出版社:朝日出版社
  • 発売日:2021/06/12
  • 発送可能日:1~3日
  • 「生命」「進化」とは何か。生物学者・福岡伸一がダーウィンの足跡をたどり、生命の本質に迫るガラパゴス航海記。絶海の孤島で繰り広げられる大自然の営みと進化の不思議を、ユーモア溢れる文章と美しい写真で描き出す。【「TRC MARC」の商品解説】

    「生命」「進化」とは何か。
    生物学者・福岡伸一が、 ダーウィンの足跡をたどり、生命の本質に迫る。
    絶海の孤島で繰り広げられる大...

動的平衡 新版 2 生命は自由になれるのか (小学館新書)

  • 評価3.9レビュー:16件
  • 税込価格:902
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2018/10/03
  • 発送可能日:24時間
  • 「生命体は遺伝子の乗り物か」「なぜ多様性が必要か」「なぜ動物は誕生したのか」「生命は宇宙からやってきたのか」など、「生命の本質」という根源的な問題に誘う最新のサイエンスを紹介。時間についての論考を追加した新版。〔初版:木楽舎 2011年刊〕【「TRC MARC」の商品解説】

    生命の謎に挑む人気シリーズ、新書化第2弾

    福岡ハカセ、生命の謎に挑む!

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

  • 評価4.1レビュー:887件
  • 税込価格:968
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2007/05/18
  • 発送可能日:1~3日
  • 【サントリー学芸賞(第29回)】【新書大賞(2008)】「生きている」とはどういうことか? 分子生物学がたどりついた地平を、歴史の闇に沈んだ科学者たちに光を当てながら平易に明かす。ページをめくる手がとまらない極上の科学ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

    生命とは、実は流れゆく分子の淀みにすぎない!?

    「生命とは何か」という生命科学最大の問いに、いま分...

福岡伸一、西田哲学を読む 生命をめぐる思索の旅 (小学館新書)

  • 評価4.6レビュー:5件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:小学館
  • 発売日:2020/11/26
  • 発送可能日:1~3日
  • 「動的平衡」概念の提唱者である分子生物学者・福岡伸一が、西田哲学の継承者・池田善昭を指南役に、専門家でも難解とされる西田哲学を鮮やかに読み解く。生命誕生の謎に迫る「動的平衡」理論編も収録。〔明石書店 2017年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

    『動的平衡』の福岡伸一が西田哲学に挑む!

    「動的平衡」をキーワードとして、「生命とは何か」を鮮やかに、且...

ドリトル先生航海記 (新潮文庫)

  • 評価3.8レビュー:4件
  • 税込価格:781
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2019/06/26
  • 発送可能日:24時間
  • 【ニューベリー賞(1923年)】イギリスの小さな水辺の町パドルビーに住む少年トミー・スタビンズは、動物の言葉が話せる博物学者ドリトル先生に出会った。先生と動物たち、スタビンズ少年の心躍る冒険の旅が始まる−。生物学者福岡伸一による新訳。【「TRC MARC」の商品解説】

    イギリスの小さな水辺の町パドルビーに住む少年トミー・スタビンズは、リスの怪我を診てもらうため、動物の言葉が話...

最後の講義完全版 どうして生命にそんなに価値があるのか

  • 評価3.8レビュー:16件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:主婦の友社
  • 発売日:2020/02/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 「AIが人間の知性を超えることはあり得ない」 〈動的平衡〉を提唱する生物学者・福岡伸一教授が、“人生最後”の覚悟で若い世代へメッセージを贈る。NHKのドキュメンタリー番組「最後の講義」を未放送分も含めて書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

WE EARTH 海・微生物・緑・土・星・空・虹7つのキーワードで知る地球のこと全部

  • 税込価格:2,750
  • 出版社:グラフィック社
  • 発売日:2021/06/08
  • 発送可能日:1~3日
  • 海を巡る豊かな考察、運命共同体な微生物とヒト、土から見た人類史、森里川海のつなぎ方…。海、微生物、緑、星など、地球をかたどる7つのエレメンツを中心に、生物学者、植物学者らとともに、地球の全体像を紐解く。【「TRC MARC」の商品解説】

    地球をまるごと感じてみよう。果てなき知と感性の大冒険。 ──本書企画/案内人・NOMA

    海、微生物、緑(植物)、土、星(宇宙)...

動的平衡 3 チャンスは準備された心にのみ降り立つ

  • 評価4.0レビュー:9件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:木楽舎
  • 発売日:2017/12/06
  • 発送可能日:1~3日
  • 生命現象の核心を解くキーワード、それは「動的平衡」。哲学する生物学者が、生命のなりたち、ふるまい、ありよう、さらには組織論から芸術論までを、流麗な文章で綴る。『ソトコト』連載に加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

    友よ、答えは流れのなかに。6年ぶりのシリーズ最新作がついに登場!【商品解説】

せいめいのはなし (新潮文庫)

  • 評価3.7レビュー:20件
  • 税込価格:572
  • 出版社:新潮社
  • 発売日:2014/10/29
  • 発送可能日:1~3日
  • 絶え間なく入れ替わりながら、常にバランスがとれているという生物の「動的平衡」のダイナミズム。福岡伸一が、内田樹、川上弘美、朝吹真理子、養老孟司と生命のあり方や記憶の変容を語り合う。【「TRC MARC」の商品解説】

    「お変わりないですね」と言っても、実は「お変わりありまくり(、、、、、)」――。生物が生きている限り、半年も経てば体を構成している原子はすっかり食べたものと入れ替...

ルリボシカミキリの青 福岡ハカセができるまで (文春文庫)

  • 評価4.0レビュー:35件
  • 税込価格:726
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2012/09/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 花粉症は「非寛容」、コラーゲンは「気のせい食品」!?生物学者・福岡ハカセが語る、最先端の生命科学から探求心の育て方まで。明晰かつユーモラスな筆致に理系は苦手というあなたも思わず膝を打ち、腑に落ちる。ノスタルジックに描かれるセンス・オブ・ワンダーの気づきも深い余韻を残す、傑作科学エッセイ。【「BOOK」データベースの商品解説】

    花粉症は「非寛容」、コラーゲンは「気のせい食品」!? 生物...

世界は分けてもわからない (講談社現代新書)

  • 評価4.0レビュー:179件
  • 税込価格:1,100
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2009/07/17
  • 発送可能日:1~3日
  • 生命に「部分」はあるか? なぜ存在しないはずの境界線を見てしまうのか? 脳が持つ認識の癖に切り込み、生命の本質をとらえ直すスリリングな科学ミステリー。【「TRC MARC」の商品解説】

    60万部のベストセラー『生物と無生物のあいだ』続編が登場! 生命は、ミクロな「部品」の集合体なのか? 私たちが無意識に陥る思考の罠に切り込み、新たな科学の見方を示す。 美しい文章で、いま読書界...

できそこないの男たち (光文社新書)

  • 評価4.0レビュー:157件
  • 税込価格:902
  • 出版社:光文社
  • 発行年月:2008.10
  • 発送可能日:1~3日
  • 分子生物学が明らかにした、男を男たらしめる「秘密の鍵」。SRY遺伝子の発見をめぐる、研究者たちの白熱したレースと駆け引きの息吹を伝えながら「女と男」の「本当の関係」に迫る、あざやかな考察。【「TRC MARC」の商品解説】

ツチハンミョウのギャンブル (文春文庫)

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:869
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2021/05/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 4千匹のうち生き残れるのは1匹か2匹。ツチハンミョウの壮絶なギャンブル人生に比べたら、私たち人間なんて−。生物学者の福岡ハカセが、大胆なる仮説・珍説・枝葉末節を綴る。阿川佐和子、原田マハとの対談も収録。【「TRC MARC」の商品解説】

    NYから東京に戻った福岡ハカセ。二都市を行き来しつつ、変わり続ける世の営みを観察する。トランプ現象からカズオ・イシグロまで。【本の内容】

マッキー生化学 分子から解き明かす生命 第6版

  • 税込価格:8,140
  • 出版社:化学同人
  • 発売日:2018/03/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 生命科学または化学を専攻する学生を対象に、生化学の原理・構造・反応を広範囲で、その関連を重視した生物の文脈で解説する。練習問題などを追加した第6版。見返しに「生化学の略語」等あり。【「TRC MARC」の商品解説】

    明快なカラー図版で好評の定番テキストが待望の改訂.生命を理解するには生化学の基礎が欠かせないことを理念に,生物におけるシステム,構造,反応を丁寧に教える.高分子ク...

センス・オブ・ワンダーを探して 生命のささやきに耳を澄ます (だいわ文庫)

  • 評価4.2レビュー:12件
  • 税込価格:770
  • 出版社:大和書房
  • 発売日:2017/06/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 生きているとはどういうことか? 科学の進歩は人間を幸福にするのか? 作家・エッセイストの阿川佐和子と、生物学者・福岡伸一が、いのちと世界の不思議に迫った対話。〔2011年刊に若干の加筆修正〕【「TRC MARC」の商品解説】

    動的平衡の福岡ハカセと対談の名手アガワが、子供時代のかけがえのない出会いと命と世界の不思議を語る。発見に満ちた極上の対話!【本の内容】

科学は未来をひらく (ちくまプリマー新書 中学生からの大学講義)

  • 評価3.9レビュー:7件
  • 税込価格:946
  • 出版社:筑摩書房
  • 発売日:2015/03/04
  • 発送可能日:1~3日
  • 宇宙ってなんだろう? 生き物や人間はどうして生きているんだろう? 科学は長い時間をかけて、それらの疑問を考え続けている。第一線で活躍する著者たちが、科学の奥深い世界に誘う。読書案内も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

    宇宙はいつ始まったのか? 生き物はどうして生きているのか? 科学は長い間、多くの疑問に挑み続けている。第一線で活躍する著者たちが広くて深い世界に誘う。【本...

マリス博士の奇想天外な人生 (ハヤカワ文庫 NF)

  • 評価3.9レビュー:30件
  • 税込価格:990
  • 出版社:早川書房
  • 発売日:2004/04/01
  • 発送可能日:1~3日
  • DNAの断片を増幅することで、感染症の検査にも広く活用されるPCRを開発し、93年度のノーベル化学賞に輝いたマリス博士。天才科学者らしからぬ、その驚きの半生とは? サーフィン狂で無類の女好き、LSD体験あり、毒クモとの死闘あり、宇宙人との遭遇あり……ユーモアたっぷりに語られる抱腹絶倒のスーパー自伝。生物学者・福岡伸一さんによる巻末特別インタビュー掲載。【本の内容】

ウイルスと共生する世界 新型コロナアウトブレイクに隠された生命の真実 新刊

  • 税込価格:2,420
  • 出版社:日本実業出版社
  • 発売日:2021/11/19
  • 発送可能日:24時間
  • なぜ、エマージングウイルスが出現し、こんなにも恐ろしく攻撃的なふるまいをするのか? そもそもなぜ、ウイルスは存在するのか? 生命科学の大きな謎に、進化生物学者が迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線 (朝日新書)(朝日新書)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

コロナ後の世界を語る 現代の知性たちの視線 (朝日新書)

  • 評価3.4レビュー:17件
  • 税込価格:869
  • 出版社:朝日新聞出版
  • 発売日:2020/08/11
  • 発送可能日:1~3日
  • 新型コロナウイルスは瞬く間に地球上に広まり、多くの生命と日常を奪った。この危機にどう向き合えばよいのか。各界で活躍する精鋭たちの知見を提示し、アフターコロナの新たな世界を問う。『朝日新聞デジタル』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

    日本の未来はどうなるか――? 養老孟司 ユヴァル・ノア・ハラリ ジャレド・ダイアモンド 福岡伸一 ブレイディみかこ 角幡唯介 東畑開...

ダーウィンの「種の起源」 はじめての進化論

  • 評価4.4レビュー:13件
  • 税込価格:2,530
  • 出版社:岩波書店
  • 発売日:2019/04/24
  • 発送可能日:1~3日
  • なぜ生きものは環境にあわせて、さまざまな見かけや性質を身につけることができるのか。生命の「なぜ」を説明した、ダーウィンの「種の起源」を、美しい絵と文章でわかりやすく語りなおす。【「TRC MARC」の商品解説】

    なぜ生きものは環境に合わせて、さまざまな見かけや性質を身につけるのか。ある生きものが絶滅して、ある生きものが生きのこるのはなぜか――生命の「なぜ」を説明した、ダーウィ...

変わらないために変わり続ける 福岡ハカセのマンハッタン紀行 (文春文庫)

  • 評価4.4レビュー:2件
  • 税込価格:825
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2018/02/09
  • 発送可能日:1~3日
  • 若き日に研究者としてすごしたニューヨークの大学に、客員教授として再び滞在することになった福岡ハカセ。本場の最新研究の驚き、科学者の眼による発見に満ちた当地の事情を叙情豊かに語る。【「TRC MARC」の商品解説】

    「週刊文春」の人気連載を集めた第三弾の単行本「変わらないために変わり続ける マンハッタンで見つけた科学と芸術」の文庫化。
    2013年4月から2015年1月ま...

生命に部分はない (講談社現代新書)

  • 評価3.8レビュー:3件
  • 税込価格:1,320
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2017/06/14
  • 発送可能日:1~3日
  • 臓器や胎児が部品として、市場で売買される時代。その萌芽はすでに半世紀前から始まっていた…。人間部品産業(ヒューマンボディショップ)のリアルな実態に警告を発する。福岡伸一の名訳で甦る歴史的名著。〔「すばらしい人間部品産業」(2011年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

    ● 臓器や組織の効率的な売買のために、 胎児の生体解剖が行われている?● 凍結されたままの胚(受精...

楽しむマナー (中公文庫)

  • 評価4.4レビュー:10件
  • 税込価格:704
  • 出版社:中央公論新社
  • 発売日:2017/03/22
  • 発送可能日:1~3日
  • 人が喜ぶおごられ方から天寿を全うする方法まで、人生のあらゆる場面で出くわすマナーの難題を、作家・歌手・科学者13人がするっと解決! 大人の悩みを解きほぐす、しんどい心のコリに効く、楽しいマナー考。〔「マナーの正体」(2015年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

    粋なおごられ方から成仏の方法まで、13人の個性豊かな回答陣が“大人”を匂わせるコツを教えます!笑ってため...

やわらかな生命 福岡ハカセの芸術と科学をつなぐ旅 (文春文庫)

  • 評価4.7レビュー:7件
  • 税込価格:638
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日:2016/03/10
  • 発送可能日:1~3日
  • 寄り合い好きのダンゴムシ、ハート形に交尾するトンボ、科学史に残る偽りの発見、汲めども尽きないフェルメールの魅力…。科学の語り部・福岡ハカセが、しなやかでやわらかい生命のありようを語る。【「TRC MARC」の商品解説】

    週刊文春人気連載コラムの書籍化第3弾

    寄り合い好きのダンゴムシ、ハート形に交尾するトンボ……福岡ハカセの眼に映る、不思議で、柔らかく、しなや...

芸術と科学のあいだ

  • 評価3.7レビュー:26件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:木楽舎
  • 発売日:2015/11/30
  • 発送可能日:1~3日
  • 『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』の著者が科学の言葉で解き明かす、芸術深読み論。【「BOOK」データベースの商品解説】

    芸術と科学のあいだに共通して存在するもの。それは、この世界の繊細さとその均衡の妙に驚くこと、そしてそこにうつくしさを感じるセンスである−。生物学者・福岡伸一による芸術深読み論。『日本経済新聞』連載を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

動的平衡ダイアローグ 世界観のパラダイムシフト

  • 評価3.8レビュー:20件
  • 税込価格:1,650
  • 出版社:木楽舎
  • 発売日:2014/02/07
  • 発送可能日:1~3日
  • 動的平衡は、機械論的・因果律的な世界観に対するアンチテーゼとしてある。生物学者・福岡伸一が、カズオ・イシグロ、平野啓一郎、佐藤勝彦らと、世界の過去・現在・未来について動的平衡の視点から論じ合う。【「TRC MARC」の商品解説】

    動的平衡は、古くて新しい世界観であり、機械論的・因果律的な世界観に対するアンチテーゼ、あるいはアンチドート(解毒剤)としてある。この考えに共鳴してく...
検索結果 92 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。