サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. そして誰もいなくなる 東京−神戸2時間50分

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

そして誰もいなくなる 東京−神戸2時間50分
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/28
  • 出版社: 文藝春秋
  • サイズ:18cm/213p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-390050-6
  • 国内送料無料

紙の本

そして誰もいなくなる 東京−神戸2時間50分 (十津川警部シリーズ)

著者 西村 京太郎 (著)

高額賞金を賭けてクイズに挑む男女7人に仕掛けられた罠―十津川は自らの危険を顧みず、かつての部下を救うため奔走するが、予想もしなかった犯人が浮上し―。舞台はリニューアル後の...

もっと見る

そして誰もいなくなる 東京−神戸2時間50分 (十津川警部シリーズ)

886(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

高額賞金を賭けてクイズに挑む男女7人に仕掛けられた罠―十津川は自らの危険を顧みず、かつての部下を救うため奔走するが、予想もしなかった犯人が浮上し―。舞台はリニューアル後の東京駅から、人気観光地の神戸港、有馬温泉、最後は密室クルーザーと進む。小説内にも難問クイズが登場!鉄道ファンならずとも覚えておきたい東京駅クイズ、洒落た港町・神戸クイズ、お馴染み忠臣蔵クイズ…前代未聞のクイズ付き長編ミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

賞金クイズ大会の参加者の脱落に疑問を抱く、元・刑事。事件を探りはじめた十津川警部にも危機が迫る! リニューアル後の東京駅など話題のスポットが続々登場する、クイズ付き長編ミステリー。『オール讀物』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

「7人のクイズ王者たちはどこへ消えたのか!?」
製菓メーカーが主催したクイズ大会に参加したものの、優勝候補者たちの不自然な脱落に疑問を抱く元・刑事で私立探偵の橋本豊。その事件を探りはじめた十津川警部にも危機が迫る――人気シリーズ最新作は、東京駅から神戸、有馬、そして豪華クルーザーで洋上へと、息をつかせないノンストップミステリである。さらに読みどころは、
①国民的ヒーロー・十津川警部の危機?
1973年「赤いクルーザー」にはじまり、40年以上にわたって続く十津川警部の人気。高橋秀樹、渡瀬恒彦ら主演のテレビドラマも高視聴率を保ち作品は50作を超えた。今回事件解決に奔走する十津川は自らの危険を顧みず、かつての部下を救うため奔走するが、予想もしなかった人物が犯人として浮上し……果たして無事に事件解決なるか? 行方不明となった人物たちの安否は? 最後まで予想もつかない展開で驚愕のラストを迎える。
②話題の最新スポットが続々登場!
リニューアルしたばかりの東京駅にはじまり、人気観光地の神戸港、有馬温泉、最後は『赤い帆船』以来となる海上、しかも密室のクルーザーと進む。80歳を超えた現在でも著者が徹底した現地取材を行い、丹念な資料リサーチに裏打ちされた事件現場は臨場感たっぷり。本書を片手に東京駅へ足を運べば、また巨大な駅の別の姿も浮かび上がってくる。
③前代未聞のクイズ付きエンタメ小説
物語は私立探偵で元十津川の部下だった、橋本豊がTVのクイズ番組で優勝したところからはじまる。そこで何と小説内にも難問クイズが登場! 東京駅クイズ、神戸クイズ、忠臣蔵クイズ……と、回答も当該章の末尾に載せており、こちらもひとつの楽しみだ。【商品解説】

著者紹介

西村 京太郎

略歴
〈西村京太郎〉1930年東京生まれ。65年「天使の傷痕」で江戸川乱歩賞、81年「終着駅殺人事件」で日本推理作家協会賞、2004年に日本ミステリー文学大賞、10年長谷川伸賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

2014/09/25 10:48

投稿元:ブクログ

前半は作中に登場するクイズがなかなかの難易度で面白くストーリーも良い感じでしたが、回りくどい動機、唐突に現れる殺し屋の存在、妄想とも思える予想が現実になる超ご都合主義的な展開、刑事としてあるまじき越権行為など突っ込みどころ満載。未回収な伏線も多く非常に不満が残る内容でした。

2015/04/03 22:22

投稿元:ブクログ

クイズが本当にただのクイズとして
出てくるとは思わなかった。
この本に限らず新しいことをやろうとするのはわかるのだが、
今回は空回りしていた感。

2014/09/09 18:03

投稿元:ブクログ

【クイズ王者たちはどこへ消えたのか!?】製菓メーカーが主催したクイズ大会の参加者の脱落に疑問を抱く、元・刑事の橋本豊。容疑者を探りはじめた十津川警部にも危機が迫る。

2015/01/08 10:16

投稿元:ブクログ

ミステリー+クイズという発想は、よかったんですが、ちょっとクイズが重かったかな。分量的にも、内容的にも