サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

泥ぞつもりて(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/04/10
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-790072-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

泥ぞつもりて (文春文庫)

著者 宮木 あや子 (著)

「余はこれから何人の女を抱かねばならぬのだろう」―時は平安。清和、陽成、宇多、若くして即位した天皇たちはそれぞれに孤独な屈託を抱えていた。そして、後宮の女たちは、そんな主...

もっと見る

泥ぞつもりて (文春文庫)

670(税込)

泥ぞつもりて

670 (税込)

泥ぞつもりて

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「余はこれから何人の女を抱かねばならぬのだろう」―時は平安。清和、陽成、宇多、若くして即位した天皇たちはそれぞれに孤独な屈託を抱えていた。そして、後宮の女たちは、そんな主上のお訪いを来る夜も来る夜もただひたすら待つのだった。いつの世も変わらぬ、身を滅ぼさんばかりの物狂おしい恋情を描いた時代絵巻誕生。【「BOOK」データベースの商品解説】

時は平安。清和、陽成、宇多、若くして即位した天皇たちはそれぞれに孤独な屈託を抱えていた。そして後宮の女たちも、主上のお訪いをただひたすら待つのだった…。身を滅ぼさんばかりの物狂おしい恋情を描いた時代絵巻。【「TRC MARC」の商品解説】

平安王朝で繰り広げられる狂おしい恋愛劇

いつの世も恋はせつなく、苦しいもの。清和、陽成、宇多、三代の御世を舞台に、気鋭の女性作家が描くさまざまな愛と官能のかたち。【商品解説】

収録作品一覧

泥ぞつもりて 9−109
凍れる涙 111−206
東風吹かば 207−311

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/03/01 17:30

投稿元:ブクログ

陽成、清和、宇多の後宮を舞台にした歴史小説。

陽成帝の、乳兄弟源益への恋。
その母、二条の后藤原高子の、多くの男たちとの恋と、その男たちに先立たれる境遇。
宇多朝を描く「東風吹かば」は、宇多の若き日の、陽成や道真への憧れや心酔が、年を経て変質していく様を描く。

宮木さんの作品を読むのは、これが初めて。
ちょっと申し訳ないけど、読みづらかった。
きっと、こちらがこの時代に、通り一遍の知識しかないからだと思うけど。

2014/08/16 09:31

投稿元:ブクログ

藤原北家の台頭した清和、陽成、光孝、宇田の御代。帝と後宮の女たち、それに政治を動かす貴族たちは何を思って生きていたのか…。
率直な感想を言えば、あり得ないでしょ!と言いたくなる細かいことがいっぱいあって、イマイチ夢中になれなかった。なまじ中古(平安)文学を学んでいたからか。作者なりの解釈のために必要なアレンジなのだとは思うが、もう少し守るべきところは守って描いて欲しかった。

2014/06/07 10:14

投稿元:ブクログ

女の目からみる平安。
女はいつも待つ身。

うわー!難しかった!
でも、凍れる涙が特に良かった。
面白かった。

高子に好感を持ってなかった、
泥ぞつもりてから、
凍れる涙を読んだら一気に高子に好感をもった。

最後は結構きついなと思う内容だったけど、
それぞれの人々の想いが交錯し読んでいて
夢中になってしまった。

宮木さん、初読みだったと思うけど、
こんな文章を書く人なんだなぁと。
女心をさらっと書ける人なんだなぁ。
他の作品も読んでみたい。

2014/09/09 18:02

投稿元:ブクログ

【平安王朝で繰り広げられる狂おしい恋愛劇】いつの世も恋はせつなく、苦しいもの。清和、陽成、宇多、三代の御世を舞台に、気鋭の女性作家が描くさまざまな愛と官能のかたち。

2016/10/11 00:45

投稿元:ブクログ

平安期の朝廷を舞台に繰り広げられる、物苦しい恋の物語が三編入った連作短編集。
日本史を勉強する際に暗記した、単なる記号に過ぎなかったいくつもの名前達。それらがこの小説を通して色鮮やかに命を吹き込まれ、悩み、苦しみ、それでも恋い慕うことを止められない、ひとりひとり心を備えた人間達であったのだと、ひどく間近に感じられるようになった。現代にまで伝わる歴史的事実とは、だからこうして生み出されたのか、と嘆声を誘われ自然と納得させられた。出てくる人の誰も彼もが切なくて、出来る事なら全員が幸せになってほしかった。