サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 古代史謎解き紀行 1 封印されたヤマト編

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

古代史謎解き紀行 1 封印されたヤマト編(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/05/28
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/301p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-136476-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

古代史謎解き紀行 1 封印されたヤマト編 (新潮文庫)

著者 関 裕二 (著)

蘇我氏は本当に悪だったのか? なぜ成り上がりの不比等が藤原氏一千年の基礎を築くことができたのか? 奈良の魅力を紹介しながら、大胆な推理と綿密な分析で歴史の闇に秘められた謎...

もっと見る

古代史謎解き紀行 1 封印されたヤマト編 (新潮文庫)

594(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

蘇我氏は本当に悪だったのか? なぜ成り上がりの不比等が藤原氏一千年の基礎を築くことができたのか? 奈良の魅力を紹介しながら、大胆な推理と綿密な分析で歴史の闇に秘められた謎に迫る。【「TRC MARC」の商品解説】

『日本書紀』で、大悪人のレッテルを貼られている蘇我氏。彼らは本当に悪だったのか? 「聖者」として称えられる一方で「鬼」としても祀られている聖徳太子。法隆寺に隠されたその秘密とは? なぜ「成り上がり」の不比等が藤原氏一千年の基礎を築くことができたのか? 奈良の魅力を紹介しながら、大胆な推理と綿密な分析で歴史の闇に秘められた謎に迫る、知的紀行シリーズ開幕。【商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2017/05/30 18:31

投稿元:ブクログ

古代史を好き勝手に妄想する古代史本 奈良編。中臣鎌足の正体が百済王だった説はかなり面白い、こういうの好きですね。

2014/07/22 01:54

投稿元:ブクログ

著者の本は初めて。古代史は好きなのだが、決定的な証拠がないのをいいことに、出鱈目を云う素人が多い。著者もそういう人じゃないかと思い敬遠していた。
手に取ってみると、読み易い。自身が奈良を訪ねていくときの経路や立ち寄る店の話などあり、平易な語り口が好ましい。本の最初に柿の葉寿司の話があり、つい最近谷崎潤一郎「陰翳礼賛」で柿の葉寿司の話を読んだばかりで、オッと驚く。

天智と天武は兄弟ではないという学説が世に出てから、僕は天智が正統、天武は簒奪者と思っていた。葛城山を本拠にし、武内宿禰を始祖とする葛城氏、平郡氏、賀茂氏、蘇我氏+天武vs藤原氏+天智という対抗軸を考えるとまた違った歴史が現れる。中臣鎌足の正体が、百済の王子、豊璋としている。漫画で連載されている「天智と天武」もこの観点で書かれている。論拠が弱いと思うが、良く知られた説なのだろうか。
井沢元彦「逆説の日本史」によれば、持統天皇のおくり名は天武の系統の中に天智の血を絶やすまいとしたということになるが、それは藤原氏側から見た史観。葛城系から見たら許しがたい歴史。そして藤原氏の系統にありながら藤原氏のやり方に逆らったのが、聖武天皇、光明子、孝謙天皇という論考。こんな説は初めてで、面白い。当麻寺の中将姫伝説と光明子との相関は、なかなかの説得力。
結局、桓武天皇で系統は天智系に戻ってしまう。藤原氏歴代の陰謀で歴史は捻じ曲げられたということか。
最後は三輪山に纏わる論考。僕は箸墓は卑弥呼の墓ではないと思っている。筆者は箸墓よりも纏向遺跡に注目。纏向に東海、出雲、吉備の諸国の連合体が成立したとの論考。そして三輪山の頂上に祀られる日向御子が神武ではないかとの説。恐ろしい霊力を持つ神の御子、神武を三輪山にまつったのではとされる。そう考えると、神武と同一視される崇神は祟られた天皇と思われているが、祟る神だったのではと、想像力を逞しくした。
大胆な説もあるが、総じて納得。面白かった。この本を頼りに飛鳥をブラブラしてみようかと思う。
それから、続きの出雲編も読まねば。