サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 絶対ナル孤独者 1 咀嚼者The Biter

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

絶対ナル孤独者 1 咀嚼者The Biter(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 取扱開始日:2014/06/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/329p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-04-866510-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

絶対ナル孤独者 1 咀嚼者The Biter (電撃文庫)

著者 川原 礫 (著)

二〇一九年八月。地球上の、いくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに“サードアイ”と呼ばれるその球体は、接触した人間たちに、現代科学で...

もっと見る

絶対ナル孤独者 1 咀嚼者The Biter (電撃文庫)

637(税込)

絶対ナル孤独者《アイソレータ》1 ―咀嚼者 The Biter―

637(税込)

絶対ナル孤独者《アイソレータ》1 ―咀嚼者 The Biter―

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「絶対ナル孤独者 1 咀嚼者The Biter」が含まれるセット商品

絶対ナル孤独者 (電撃文庫) 3巻セット(電撃文庫)

絶対ナル孤独者 (電撃文庫) 3巻セット

商品説明

二〇一九年八月。地球上の、いくつかの都市部に、人類が初めて接触する地球外有機生命体が複数落下した。のちに“サードアイ”と呼ばれるその球体は、接触した人間たちに、現代科学では解明できない“力”を与えた。ある者には、音さえ追い越す“速さ”を。ある者には、鋼さえ断ち切る“刃”を。そしてある者には、万物を噛み千切る“歯”を。十七歳の少年、空木ミノルもその中の一人だった。彼がただ一つ望み、そして得た能力。それは“孤独”。絶対的な孤独を実現するその“力”は、しかしミノルを望まぬ戦いに巻き込んでいく。平凡だが平穏な義姉との暮らし。そのひとときが壊されるとき、ミノルは絶対なる“孤独者”として覚醒する―!【「BOOK」データベースの商品解説】

地球外有機生命体によって絶対的な孤独を実現する力を与えられたミノル。しかしその力は、ミノルを望まぬ戦いに巻き込んでいく。平凡だが平穏な義姉との暮らしが壊されるとき、ミノルは絶対なる孤独者として覚醒する…。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

この本

2016/03/03 21:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パンダ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は読んでみたらまあいつも通りに最強うさんがいます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黴臭く薄っぺらい

2014/10/29 23:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

いまさらトラウマ異能発動系の鬱展開は流石に・・・
キャラが立ってなくて面白くないし、バトルもグダグダでメリハリが無い
ストーリーの無駄な引き伸ばしで、結局たいして内容が無い
もっと新しい解釈するとかならいまさらでも分かるけど、古いままの焼き直しでは何一つ感じるものが無い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/07/15 20:50

投稿元:ブクログ

作者も後書きで書いてるけど、直球な異能ものですね。
冒頭のワカバの知識が年齢と比較して異常なのは、何かの伏線なんですかね?あと、厚労省の体制発足がいくらなんでも早すぎな感じもしたりしますが、悪くはない話でした。

2014/08/01 17:32

投稿元:ブクログ

能力バトルもの
かなり王道、洋画ヒーロー物でやっていそうな筋書き。
主人公の殻という武器も自分は今までそんなに見たとなかったし、心理・状況描写はしっかりとしていたのでいい感じに読めた。
敵側もまあ動機とかが捻れた生い立ちという環境と、生物の一部分を強化したような特徴を持つ形態というバッドマンなんかでもあるような雰囲気。
悪くはないしハマればいいものになるんだけど、どうしても最後の家族愛だったりする部分が最終解決の動機になるのは見すぎてしまったせいかあまり感動という方向には持っていかれなかったが、安定していいとは思った。
もし続くとしたら未知の宇宙から授けられた力とか味方の組織とかそういう方向で伸ばせそう。

2014/06/23 08:51

投稿元:ブクログ

川原礫の新シリーズ。ジャンル的には超能力バトルもの。
これも、もともとネットで掲載していたのを手直ししたものらしい。
話の筋も言っちゃ悪いが普通で、過去の事件以来、心を閉ざしていた主人公が

2015/07/15 23:52

投稿元:ブクログ

宇宙から飛来した謎の生物?と融合して生まれた能力者達.
で,悪い事する赤玉の宿主と
悪い事する赤玉を退治する黒玉.

この玉をサードアイ,
赤玉をルビーアイ,黒玉をジェットアイって呼ぶんだけど
赤が紅でルビーなのはよくわかるけど
黒玉でジェットって宝石はわかりにくいな.
あんまり知られてないイメージだ.
成分的にほぼ差のないサファイアとかエメラルドじゃ
駄目なんですか?
やっぱり語感ですか?

それはそうとこの話,
かつてネットでエタった作品だとか….
文庫でもエタらないだろうな?
「俺たちの戦いはこれからだ」とかになるのか?
でも売上悪くて続刊なしになったら
それはエタりと何が違うというのか.
本人のモチベーションなのか
大人の事情なのか
その差でしか無いのだろうか.

とりあえず2巻は出てるみたいなんで買おうか.

2015/03/17 13:49

投稿元:ブクログ

 『2014年 6月 10日 初版 発行』版、読了。


 ソードアート・オンラインやアクセル・ワールドシリーズで有名な作者の新シリーズです☆

 本作を刊行する経緯については、巻末のあとがきで紹介されていますが…どの作品も、まだ完結の兆しが見えていない気がするので「さらにこの上、新シリーズとか大丈夫か、作者(;´Д`)」と、思ったりwwww


 読了して思ったのは「あの表紙絵はユミコじゃなくて、むしろ主人公にしてほしかったなあ」と、思うぐらい「ちょっと出てきては『噛ませ犬』的で、良い活躍場面が少なかった」キャラでした。

 内容の展開的とはいえ…ユミコに関しては、もう少し「この人、強ぇ…」感がほしかったです。本作に登場する敵役の咀嚼者(バイター)とのバトル相性が悪かったのかもしれませんが、もう少しこう…なんとかしてほしかったところです。

 あと、今巻のヒロインだけでとりあげるなら、順位的には箕輪さんであり、次に典江義姉さんの印象が強く…こちらでもユミコの負けっぷりが目立っています。あと寡黙キャラっぽいみたいですが、全然、その印象がないのは、今巻では主人公との接している場面しかないことと、対比できる「普段の様子」がほとんどなかったので…もう少し(「組織側」の視点も含めて)描いて欲しかったです。まあ、そのあたりは次巻に期待します。

 とはいえ、文体は読みやすく、しかも敵役の生い立ちにも踏み込んでいるため、葛藤の哀しみが描かれているために咀嚼者が「ただ悪いだけ」で終わるより、より人間性が出ていたので敵役にも思うところがありました。

 まだまだ描かれていない点が、いくつかありますが…それは次巻の楽しみにしておこうと思います☆

2015/08/10 11:03

投稿元:ブクログ

SAOやAWの作者の三つ目のシリーズは学園異能バトルもの。
あれ? ネット世界じゃないよ!(笑)

主人公の能力が絶対防御なのだけど、これって割とよくある相手の力をキャンセルする能力のいわば変形版。
まあ、ひとつの型だよね。
この能力でどんな戦いが展開されるのかに期待。

後書きにもあるように、敵方にもけっこう焦点が当たっていて、それぞれの理由というか弱さみたいなものが分かって、読んでてちょっと切ない感じもある。
そのために、爽快感には欠けてしまうかな。

てっきり表紙の女の子がヒロインだと思ったら、本巻でのヒロインは別の子だった。
まあ、ゆくゆくはこの子なんだろうけど。
だってアクセラレーターだし(笑)
いやむしろ、典江さんかも(爆)

2014/06/28 01:02

投稿元:ブクログ

読書前「礫め!稼ぎすぎだろ!生意気な!買ったけどな。」
読書後「くそう、結構、面白かったよ。続きもよろしくm(__)m」

2014/11/04 20:32

投稿元:ブクログ

地球上に地球外生命体が落下した。
接触したものは特殊な力を宿した。
悪に使うもの、善に使うもの。
一般の高校生に宿った孤独という能力。
少年の行動は…。
SAO、AWの川原さんの新作。

期待度が高かったこともあるけど、期待外れ。
なんかの伏線が炸裂すると思ったけど、普通の異能バトルものだったな。
イラストも好みじゃないから次は読まない。

2014/06/15 15:39

投稿元:ブクログ

心に傷をもつ主人公というとてもベタな展開ではある。空から降ってきた不思議生物を取り込んだ結果の異能バトルモノ

2014/06/10 21:53

投稿元:ブクログ

なんか意外な感じと言いますか、他のAWとかSAOとはちょっと印象の違う作品でした。
というか別の作家さん読んでる印象になってましたw

120p過ぎても表紙のヒロイン出てこなかったり、出てきても言うほど出番ない感じだったり、結構表紙詐欺な作品ではありますが、個人的にはすごく楽しめました。

正統派異能バトル物でしたね。そんなツボにくるジャンルではないんですがこれは今後が楽しみですね。
姉ちゃん生きてそうな存在感だし。
凄く楽しみ。

2015/01/09 23:23

投稿元:ブクログ

異能バトル物。
主人公ミノル君が一巻の内に凄く精神的に成長してて、今後どう化けていくのかってのが楽しみ。
ヒロインちゃんもうちょっとヒロインして下さいw
次巻はもっと絡むよね?

赤と黒のサードアイの違いや敵側のドラマ等も今後の見どころの1つか。

個人的には記憶操作の力持ってる『氷見』さんが気になる。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む