サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. 運命の女の子 (アフタヌーンKC)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

運命の女の子 (アフタヌーンKC)(アフタヌーンKC)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 49件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

運命の女の子 (アフタヌーンKC)

著者 ヤマシタ トモコ

少女の周囲に、死体の山が築かれていく――。女刑事が大量殺人犯と対峙するホラーサスペンス『無敵』。誰もが自分を愛した。そう、彼女以外は……。苦い初恋の呪縛から逃れられない青...

もっと見る

運命の女の子 (アフタヌーンKC)

700(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

運命の女の子

540(税込)

運命の女の子

ポイント :5pt / 紙の本より160おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少女の周囲に、死体の山が築かれていく――。女刑事が大量殺人犯と対峙するホラーサスペンス『無敵』。誰もが自分を愛した。そう、彼女以外は……。苦い初恋の呪縛から逃れられない青年をリリカルに描く『君はスター』。世界を救えるのは、祝福を受けなかった私だけ。使命を背負わされた少女と少年の冒険譚『不呪姫と檻の塔』。青年誌、女性誌、BL誌と幅広く活躍するヤマシタトモコの長編読み切り3編を収録!【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー49件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

目が

2017/01/22 21:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:R - この投稿者のレビュー一覧を見る

「無敵」の女の子のイっちゃってる目の描き方が本当に怖くてヤマシタ先生はすごいわー、怖いわー、と思いました。
「きみはスター」は、読んでいると「わかる」と思うのですがでも実際には経験したこともないし自分では思いつかない話で、そういうところがすごいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ニートにスペ・イン

2016/12/24 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょうど「サイレーン」を超面白いなと観ていたので、こ~人の心を操る人ってイルヨネ~とシンクロして怖かった!
「きみはスター」は3人とも優秀で鬱屈したモヤモヤを隠し持っているね。
なんだか切ない
。「不呪姫と檻の塔」面白かった!魔法使いのお話違う本でも読んだけど設定が面白いなぁ。ニートにスペ・インとか!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/23 21:15

投稿元:ブクログ

「無敵」は演劇をみているよう。取調室から過去を回想していく。少しひばりに似ているがもっと闇が深い。このネタでもっと長くかいてほしかった。
「君はスター」はタイトルの意味が深い。
「不呪姫と檻の塔」の設定は魅了だけど、ちょっと消化不良。大臣のバックボーンとか深堀不足?
この3作まとめてのタイトルがすてきだー。

2014/09/04 14:52

投稿元:ブクログ

無敵:映画のようだった。短いミニシアター系のミステリー。個人的には「なあにそれやだわ」のシーンが一番怖かった。
きみはスター:落ちないからスター。でもスターしか好きになれない。全部わかってる公子が、公子だからスターなんだな。どこかがどうか欠けていても成り立たないのな。
スペル:かわいすぎ泣いた

2015/08/20 14:08

投稿元:ブクログ

・無敵
自分とは無関係の異常な心理というより、誰のなかにもある残酷さを凝縮したものとして感じられるのがこわかった。

・きみはスター
3人の男女の高校時代の話。憧れって恋とは似て非なるもので、自分勝手なものなんだなぁと思う。

・不呪姫と檻の塔
「呪い」がポジティブにとらえられている世界っていうのがまず面白かったです。すこしふしぎ。
「世の中の大多数に当たり前な“物語”」からはじかれてる人の話。

2016/02/15 19:49

投稿元:ブクログ

味わいの異なる中篇3篇収録。きみはスターがよかったな じぶんに無関心だから好きっていうの天才の感覚は実際ありそうなものだな、と

2014/09/08 19:02

投稿元:ブクログ

『無敵』
 無敵。敵はいない。なにごとにも動じない。
 美鳥の目がまっすぐに突き抜けていて、末恐ろしかった。こないだの佐世保の女子高校生(同級生を殺してみたいとかぬかしてマジぬっ殺したやつ。ちなみにアニメ『サイコパス』再放送六話がおじゃんになった事件な!)も、こんな瞳をしていたのだろうか。
 昔でいえば、ネオ麦茶や酒鬼薔薇なんかも。いまだとだれかしらね。宅間とか?
 だれが悪いとか悪くないとかではなく、ただ淡々としているという事実そのものが、おそろしい。

『きみはスター』
 だいぶ歪んだ恋愛……。潔癖というかなんというか。

『不呪姫と檻の塔』
 なにこの子たち、ちょうかわいい。可愛すぎてもだえた。ちょうもだえた。
 主人公の、ほかの人たちと違うということでのいじめや、冷静さや、気にしないよう努めていた部分があとから脆さと共に浮き上がるところとか、思春期にはよくあるよなあ、というか人間同士が集うところではあるもんだよねえいやだよねえとうんうんうなずいた。
 呪いとはいまのことばでいえば、よくないことと同義なのだけれども、この作品のなかではよいことと同義。
 そのとき、その時代、生きる国によって意味は違ってくる。
 だがそのじつ、『Love, Hate, Love』みたいに、中年のくたびれたおいちゃんを、うら若きおとめが救うという話で、最初にもだえたその感情もスウッと消え失せてしまった。噛ませ犬かよ。ぐすん。

2015/01/11 11:58

投稿元:ブクログ

さすがのヤマシタトモコ。
どれも異なる、どれもよくできた話。
読むたびに、感じ方が変わりそうで、当面本棚に置いときます。

2014/08/31 01:20

投稿元:ブクログ

「きみはね わたしがきみを好きになったら失望するよ」という台詞の凄まじい突風のような刃物のような鋭さ、抉られる。

2014/09/02 09:40

投稿元:ブクログ

表紙が綺麗だった。タイトルが素敵だった。運命の女の子。ジャン・カルヴァン曰く、善行は個人の運命を左右せず、あらかじめ決められた道程に沿って神の救済、もしくは滅びを与えられる。なるべくして起こる運命を受け入れ、それをなすべきものとした時、少女はこの世において「無敵」な者となる。戦いではない。抗うのでもない。彼女に敵など存在しない。彼女が何人もの人間をその手にかけようとも、誰もが彼女の言葉に逆らうことは出来ない。彼女が確信する、それはあらかじめ決められた運命であるから。


好きな人がいる。気持ちだって伝えた。それの行く末もまた努力によって左右されない。何がいけなかったのか?理由を突き詰めたところでそれは観念による意味付けであり、真実ではない。言葉は裏腹、誰しもが決められた運命の中でそれぞれに生きる。彼女は言った。君を好きにならないひとはいないと。それでも叶わなかった恋、これもまた運命なのだ。


救われる者もいる。呪いという言葉が本来の意味を失いあらたに授けられた意味。しかし後付けにされた意味など無意味だ。言葉も運命により誕生し、運命として生きる。そして時に運命によって跳ね除けられる。真実の愛を手にするため彼女は人生を変えるという運命に従った。


運命を受け入れた女の子、運命を教えてくれた女の子、運命に救われた女の子。時に残酷なこの見えない予定の中でそれでも希望を持って生きることをやめないのは悲しいことだろうか。よかったと思ったり駄目だったと涙するのも全てあらかじめ決められたことだったとしても、それが起こり得るまでは見えない真実だということだけは救いなんじゃないだろうか。

2014/08/25 17:55

投稿元:ブクログ

死者5名、行方不明者1名。凄惨な事件の中心にいるのは、ひとりの可憐な少女だった――(「無敵」)。
サスペンス、ラブストーリー、ファンタジーの味わいの異なる長編3編を収録した作品集。

独特な世界観で置いてかれそうになるけど、なぜかじっとり心にくる、そんな作品が3編収録されてます。

「無敵」の女の子はちょっと怖い。
彼女が言ってることと、実際に漫画として描かれてることが全然違うし。そして悪いことをしたとは全然思っていないという。

「君はスター」はちょっと変わった男の子が恋したお話。
「きみに勝てばいいの?」っていう愛情表現の仕方が面白いなーと思いました。女装までするし(笑)
上手くいってたらどんなカップルになったんだろう?

そして最後の「不呪姫と檻の塔」。現代ファンタジーのようなSFのような世界観。
3作品の中では一番好き。
呪われない女の子をひたすら一途に追いかけ続けた男の子がすべての呪いを解く、という終わり方もスッキリしてて良かったです。

2014/08/23 16:24

投稿元:ブクログ

例の事件を彷彿とさせる表題作。
まさか事件に合わせて描かれたとは思えないけど時期的にリンクっぷりが凄い。
むしろこの表題作を長編にして欲しかった。


図らずしてかなんなのか、相変わらず氏の作品にはジェンダーやマイノリティにまつわる話が多い

しかしどれも好きでした。

2014/09/18 22:48

投稿元:ブクログ

運命の女の子、という表題通りな、3つの短編。
レクター方面のモンスターぶりを突き抜けるようなサスペンス篇怖すぎる。
2篇目の、きみはスター超良かったです。も。小高さんのあの顔!
最後の話はファンタジーというジャンルをこそ呪うような、冒険の話で、何という美し面白い。最後の言葉はある意味あの世界初めての呪いの言葉なのだろう。

やーーーー、おもしろかった!!!!!!!!

2014/08/30 00:20

投稿元:ブクログ

残忍な連続殺人、そして放火。
警察が検挙したのは十六歳の少女だった――

表題作『運命の女の子』、他2作。
ヤマシタトモコの描く思春期の昏さ怖さ、衝動、ときどき愛、の詰まった一冊。

ドップリ壊れ切った話を見たいときは乱歩を、ゾワゾワしたい時は貴志祐介を読むんですが、ヤマシタトモコはちょうどいい具合に仄明るいです。

2015/01/28 02:30

投稿元:ブクログ

毛色の全く違う3作品が収録されている。どのストーリーも あれっ? と思う物足りない部分があった。そこ語らないんだ、とか、その流れ強引では、というような。情景にはどれも力があって色んな感情を抱かせてくれた。最初のはじわじわ蝕まれる感じの不快感、2番めの最後にやっと合点がいく納得感 (共感できないけど)。
最後のが特に好きで、ニヒリズムが際立つような、意味・意義の話がとても良かった。ぜひ、呪いのエピソードをまとめた物語を読んでみてみたい。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む