サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

容疑者(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2014/09/20
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/435p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-488-11505-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

容疑者 (創元推理文庫)

著者 ロバート・クレイス (著),高橋 恭美子 (訳)

ロス市警の刑事スコットは相棒とパトロール中、銃撃事件に遭遇する。銃弾はふたりを襲い、相棒は死亡、スコットも重傷を負った。事件から九カ月半、犯人はいまだに捕まっていない。警...

もっと見る

容疑者 (創元推理文庫)

1,361(税込)

容疑者

1,300 (税込)

容疑者

ポイント :12pt / 紙の本より61おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロス市警の刑事スコットは相棒とパトロール中、銃撃事件に遭遇する。銃弾はふたりを襲い、相棒は死亡、スコットも重傷を負った。事件から九カ月半、犯人はいまだに捕まっていない。警備中隊へ配属となったスコットはそこで新たな相棒―スコットと同様に、大切な相棒を失ったシェパード、マギー―に出会った。アメリカ探偵作家クラブの生涯功労賞を受賞した著者の大作登場。【「BOOK」データベースの商品解説】

ロス市警の刑事スコットは、パトロール中に遭遇した銃撃事件によって相棒を失った。その後、警備中隊へ配属となったスコットは、スコットと同様に相棒を失ったシェパードのマギーに出会い、自らの事件を調べ始める。【「TRC MARC」の商品解説】

銃撃戦で相棒を失い自らも重傷を負った刑事スコット。心の傷を抱えた彼が出会った新たな相棒はシェパードのマギー。アメリカ私立探偵作家クラブの巨匠賞受賞の著者の渾身の大作。【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮店

マギー、いけ!

ジュンク堂書店三宮店さん

銃撃事件で相棒を失った巡査スコットは、自らも重傷を負ったが一命を取り止める。傷病休職を断り、希望して転属した先の“K9”、警察犬部隊で、ジャーマン・シェパードのマギーと出会った。お互い相棒を失ったスコットとマギーは徐々に友情を育んでいく。そして、二人(一人と一匹)で真犯人を追い詰めて・・・。
緊迫のクライマックスでは涙が込み上げてきて、423ページ目で、とうとう、こぼれました;;;

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (12件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ぶっちぎり

2015/12/09 23:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鋳掛屋喜助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が2015年に読んだミステリーの中で、ぶっちぎりの第1位です。アレックスなんか目じゃありません。犬好きの人も、そうでない人も誰もが涙に溺れる感動作です。ロバート・グレイスの作品は初めて読んだので他の著作も片っ端から読んでやろうと検索しましたが、ほとんど<取扱できません>でした。
早く再発売してくれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絆の物語

2017/09/04 21:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:J・P・フリーマン - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人と一匹の友情の物語。序章から緊迫感があって一気に物語に引き込まれました。人と犬をつなぐリードは神経だ、という台詞はいい言葉だと思いました。警察犬のマギー視点のパートもあるので、犬に感情移入するんですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マギーという名のジャーマンシェパードの物語

2015/10/10 03:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

これほど、内容とタイトルがいまいちしっくりこないのもなんだか珍しい。
原題は“SUSPECT”だからその通りではあるんだけど。

というかこの話、お互いにパートナーを失った巡査と軍用犬のジャーマンシェパードが、出会って新たなパートナーとなる、というあらすじだけで泣きそうになってしまうところがメイン。 なにしろプロローグにおいて示される、アフガニスタンでマギーがハンドラーのピートを失うことになった顛末だけで号泣であった。
擬人化されすぎないマギー視点が胸に迫ります。

それに対して巡査のスコットはマギーに比べて存在負けしている部分もあり・・・そんなふうに証拠を扱ったら裁判が成立しなくなるのわかるだろ!、と叱りつけたくなるほどいろいろ無茶をする。 それは勿論、突然の銃撃戦でパートナーを失い、自分も死の一歩手前まで行ったトラウマのせい、どうしてもその事件を解決したい気持ちのせいだということもわかっているけれど・・・もうちょっと考えて行動しようぜ、と思ってしまう。
でもそれを補ってくれるのがマギー。 根本的にけなげなジャーマンシェパードに、私はやられっぱなしでした(軍用犬から怪我をしたため警察犬へと異動?になったこの40kgのお嬢さんと、一緒に暮らすのって素敵ね、と思ってしまった)。

なにしろこの二人(一人と一匹?)がいかにして心を通わせ、信頼関係を築いていくかが読みどころなので、結構事件そのものはわりとおろそかというか、読み手としてもそんなに興味をひかれない(結構どうでもいい)という・・・それでも満足なのはひとえにマギーの存在故です。
一気読み必至!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/04 22:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/21 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/25 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/25 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/03 15:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/23 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/15 10:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/24 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/05 19:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/14 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/29 21:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/23 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る