サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 企業ブランド強化の経営戦略

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

企業ブランド強化の経営戦略
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.1
  • 出版社: 日経広告研究所
  • サイズ:21cm/267p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-532-64041-5
  • 国内送料無料

紙の本

企業ブランド強化の経営戦略

著者 ジェームズ R.グレゴリー (著),ジャック G.ウィッチマン (著),猿山 義広 (監訳)

ブランドは、いまや企業にとって最も貴重な経営資源である。世界中の人々に信頼され、愛されるブランドをどう構築していくか、そのために有効なブランド・コミュニケーションとは何か...

もっと見る

企業ブランド強化の経営戦略

3,456(税込)

ポイント :32pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ブランドは、いまや企業にとって最も貴重な経営資源である。世界中の人々に信頼され、愛されるブランドをどう構築していくか、そのために有効なブランド・コミュニケーションとは何かを考える。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジェームズ R.グレゴリー

略歴
〈グレゴリー〉コーポレート・ブランディング・パートナーシップ社のCEO。
〈ウィッチマン〉グレゴリー・アンド・クライビューン勤務。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/10/30 11:35

投稿元:ブクログ

『企業ブランド強化の経営戦略』(2000) ジェームズ・R・グレゴリー他
3号館図書館

事例に挙がっていたのがアメリカの会社ばかりで、なじみがなかった~泣

第Ⅰ部 コーポレート・ブランディングの意義と利益効果
・第1章 コーポレート・ブランディングとは何か
 ・消費者は商品ブランドよりもその会社そのものをよりよく知るようになるので、コーポレート・ブランドという価値ある資産を最大限に活用することが求められるようになってくる
・第2章 コーポレート・ブランディング・インデックス:「聖杯」を手中にする
 ・コーポレート・ブランディングと、実際の売り上げ増、マーケットシェア拡大、利益の増加、株価の上昇とを結びつけたデータ
・第3章 業績に及ぼす乗数効果
 ・コーポレート・ブランドの認知と広告水準との間には、強い性の相関関係が見られるp.36
 ・収益の増加率と株価に関しても、売上高に対する広告支出の比率が高いほど、高い伸びを示している
 ・企業広告ではまず最初に、コーポレート・ブランド(CB)の認知と、ブランド理解、ブランド好感度を獲得しなければいけない
第Ⅱ部 コーポレート・ブランディングの進め方
・第4章 コーポレート・ブランドの構築
 ①マーケティング調査から得られたデータをよく調べること
 ②自社の事業分析→広告活動の目標を設定
 ③会社の戦略的方向性を書面の形で示す→競合他社との差別化
 ④コーポレート・ブランディング・プログラムを実行する
  ・社内のコミュニケーション
 ⑤業績測定・・・マーケットの分析調査により、実際の結果と基準値とを比較
・第5章 キーメッセージの確立
 ・トータル・クオリティ・マネジメント
  ①いつも顧客がクオリティについての最終的判断を行う
  ②仕事のプロセスは価値創造につながるプロセスであり、そのすべてのステップがどれだけの価値    を生み出しているかを判断できるように評価測定される
  ③クオリティの向上は連続したサイクルである
  ④クオリティを作り出す人々が画期的な創造性を発揮し、それがプロセスの更なる強化につな   がる
 ・CBにおける必須条件p.72・・・簡潔性・独自性・妥当性・関連性・先見性・連続性・信憑性
・第6章 企業目標達成のための統合型コミュニケーション
 ・企業の広告活動は、説得力のあるビジョンによって統制されれば企業と顧客をつなぐ「きずな」としての機能を果たすことができる
・第7章 キーターゲットに及ぼす乗数的な効果
 ・CBは、目標とするターゲットに対して、特定の目的を持った生のメッセージを伝えていくことで、周囲の環境をコントロールできるp.121
第Ⅲ部 コーポレート・ブランディングの実践
・第8章 スピンオフに対する理解を深める
 ・スピンオフ・・・事業の分離・独立
・第9章 グローバルな規模でのコーポレート・ブランディング
・第10章 中小企業とコーポレート・ブランディング
・第11章 擁護型マーケティングと社会貢献型マー��ティング
・第12章インタラクティブ・メディアの利用と強力なブランディング
第Ⅳ部 コーポレート・ブランディングとCEO
・第13章 成長か現状維持か
・第14章 CEOの役割
・第15章 CEOを助ける2つの機関

広告・宣伝 ランキング

広告・宣伝のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む