サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いのちの文化史(新潮選書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮選書
  • サイズ:20cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-600580-8
  • 国内送料無料

紙の本

いのちの文化史 (新潮選書)

著者 立川 昭二 (著)

「いのち」を「文化」として感受するという立場から、日本の歴史と現在の生老病死にかかわる情景にふれ、日本人に無意識に息づくメンタリティを掬いあげ、迷走する現代の医療を問い直...

もっと見る

いのちの文化史 (新潮選書)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「いのち」を「文化」として感受するという立場から、日本の歴史と現在の生老病死にかかわる情景にふれ、日本人に無意識に息づくメンタリティを掬いあげ、迷走する現代の医療を問い直す。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

立川 昭二

略歴
〈立川昭二〉1927年東京都生まれ。早稲田大学文学部史学科卒業。北里大学名誉教授。医療史専攻。著書に「病の人間学」「生きて死ぬことのヒント」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2000/4/2朝刊

2000/10/21 00:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 医療史や文化史の視点から病や死を追究する著者が、肩ひじ張らずにつづったエッセー四十編を収める。
 病や死に直面したときにこそ、人は「いのち」を体感すると著者は言い、岩倉具視の最期を伝える医師の日記、新聞の歌壇、「癒し」現象など様々な情景から、現代に通じる日本人のメンタリティーの在り方を照らし出していく。特に、なぜコレステロールを「善玉」「悪玉」と表現するのか、なぜ息を「引きとる」と言うのか、といった言葉遣いの指摘が興味深い。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/02/24 01:24

投稿元:ブクログ

今年83歳の立川昭二は、1927年2月24日東京生まれの病理史学者・歴史学者。いわゆる自然科学者が、自分の守備範囲で啓蒙的な一般向けの