サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

虚空の影落つ(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.10
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/309p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-140757-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

虚空の影落つ (角川文庫)

著者 西村 寿行 (著)

虚空の影落つ (角川文庫)

410(税込)

ポイント :3pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

明治近代化の葬られた歴史を暴く

2005/10/29 20:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

 信州の街道沿いにある、廃仏棄釈によって首をもがれた地蔵の前に佇む1人の僧、それがいきなり斬りつけられるところから始まる。襲って来たのは明治政府の密偵、襲われた僧は維新の際に岩倉具視に裏切られた赤報隊の生き残りの一人で、隊長だった相楽総三の副官、軍師と言われた虚空いう男だった。
明治維新において、一時的に民衆の支持を得るための年貢半額という嘘を隠蔽するために草莽の志士達を抹殺した岩倉、明治政府の重税や貨幣政策の失敗による貧困から全国で起きた一揆、廃藩置県に伴う行政の混乱、そして岩倉らと西郷隆盛の確執、これらの史実の中に虚空という架空の人物を挟み込ませることで作り出した壮大なフィクションが本書。そして虚空はただ復讐に燃えるだけの男ではなく、志士としての志の延長として信州を民衆による独立国家にしようという計画を立てていた。
 民衆を支援し、時には一揆をコントロールして政府の暴政に立ち向かおうとする虚空と、あらゆる奸計を使って一揆を潰し面目を保とうとする岩倉の戦いだ。
これに、新撰組から維新政府に寝返って虚空を付け狙う男、西郷隆盛から虚空護衛のために送り込まれた薩摩示現流の使い手、虚空の夢にかける女、夢砕けて地方に帰り散っていた志士達、そして西郷隆盛など士族の反乱が絡み合って、行き場の無い情念が渦巻く。ともかく当時の山国にあって、突如として虚空のようなイデオロギーの持ち主が登場することが度胆を抜くことで、現実問題として藩主でも中央政府でも農民でも、適切な対応はできなかったろう。孤高を貫ける虚空はいい。戦いの嵐に巻き込まれた人々の、悔しさ苦しさの中にも、なんとかそれぞれの道を見い出していく力強さが強く印象付けられる。
 岩倉具視は散々悪者扱いされ、西郷隆盛もピリッとしない後半生として描かれているが、それもまた歴史の一面なのだろう。権力と民衆の抗争も戯画的に作られたのだとしても、これもまた一つの真実であるように感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/30 02:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む