サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

量子力学と私(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.1
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/420,36p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-311521-X
文庫

紙の本

量子力学と私 (岩波文庫)

著者 朝永 振一郎 (著),江沢 洋 (編)

量子力学と私 (岩波文庫)

税込 1,045 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

エッセイの達人

2016/05/31 01:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:親譲りの無鉄砲 - この投稿者のレビュー一覧を見る

朝永振一郎は随筆の達人である。本書はその達人の手になる、コンパクトな体裁ながら、非常に欲張りな随筆集である。編者の江沢洋氏の並々ならぬ意気込みを感じる。
 例えば、本書に収録されている「鏡のなかの世界」や「光子の裁判」は、それだけで名エッセイの誉れが高い。 「物理学界四半世紀の素描」の初出は日本物理学会誌であり、専門家向けに書かれた量子力学草創~発展期のレビューであるが、一般読者にもわかりやすい文章である。難解なくりこみ理論や、超多時間理論なども、考え方・発想の要点をきっちり押さえているので、これらのエッセイを読むだけで、素人にもおぼろげながらもわかった気にさせてしまう。
 超多時間理論の解説では、湯川のマルの理論を引き合いにして、朝永は、「どうも私は、いつも湯川さんのあとを追うことになっているようですが・・・」と謙遜している。二人は自他ともに認めるライバル同士であるが、お互いの才能を高く尊敬しあう友人でもある。その関係は、後世の我々から見ても、非常に微笑ましいものであり、この二人の才能が同時期に誕生、三高、京大では同窓として研鑽し合った共時性に不思議な縁を感じたりもする。本書の記述ではないが、後の時代の科学史的研究により、湯川・朝永の学生時代の学科成績は明らかになっており、例えば、数学の成績などは、朝永の方が優れていたらしい。カミソリのような鋭い思考力を誇った朝永ならではのエピソードである。(もちろん、湯川の成績が悪かったわけではない。彼は、答案に対してでも、教科書的でない独創的な解法を求める志向があったようである。)その朝永の才にして、若き学究時代には、なかなか芽が出ず、苦労したことが忍ばれる。その苦悩がにじみ出ているのが、本書採録の「滞独日記(抄)」である。朝永は、31歳の時にドイツに留学、ハイゼンベルクの下で、約2年間研究を進めるが、場の反作用の無限大発散の問題に苦しんだ。誰にも公表するつもりはなかったであろう私的な日記に、この苦悩が率直に書き連ねられている。約10年のちに、「繰り込み」という処方でこの困難を回避するアイディアに至り、ノーベル賞受賞の栄に浴するわけだが、この長年の苦闘なくして、この「発見」には至らなかったであろう。私としては、本書中の白眉はこの日記だと考える。特に、若い人たちには、この部分だけでも読んで欲しいと思う。何等かの得るべきが、必ずあるものと思う。
 付録には、ノーベル受賞講演の英原文が採録されている。(この講演は、授賞式の際になされたものと、勝手に思い込んでいたが、実は本人の不慮の事故によりこれに出席できなかったため、翌年5月にストックホルムで行われたとのことである。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/10/20 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/16 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/03 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/29 08:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/09/22 18:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/03 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/12 22:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/11 13:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。