サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大(講談社選書メチエ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.9
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社選書メチエ
  • サイズ:19cm/326p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-258112-4
  • 国内送料無料

紙の本

北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大 (講談社選書メチエ)

著者 山内 進 (著)

【サントリー学芸賞(第20回)】聖戦の名の下に残虐の限りを尽くした「北の十字軍」、ドイツ騎士団。ヨーロッパ拡大の原型と言えるもうひとつの十字軍を考察することにより、ヨーロ...

もっと見る

北の十字軍 「ヨーロッパ」の北方拡大 (講談社選書メチエ)

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【サントリー学芸賞(第20回)】聖戦の名の下に残虐の限りを尽くした「北の十字軍」、ドイツ騎士団。ヨーロッパ拡大の原型と言えるもうひとつの十字軍を考察することにより、ヨーロッパのみならず現代世界の歴史的理解を深めることができる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山内 進

略歴
〈山内進〉1949年小樽市生まれ。一橋大学法学部大学院博士課程中退。現在、一橋大学法学部教授。法学博士。西洋法制史専攻。著書に「新ストア主義の国家哲学」「掠奪の法観念史」がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

絶賛

2002/02/15 23:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:MF  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヨーロッパのキリスト教勢力は新大陸に進出し、アジアにも進出した。その過程で先住民をキリスト教に改宗させようと努めたが、その根底には「異教徒を撲滅しキリスト教を広める行為は(それが軍事的なものであれ)神による罪の赦免につながる」という考えがあった。この本ではそれを北の十字軍(ドイツ騎士修道会によるバルト進出)を通して明らかにしている。
 この考え方(異教徒の権利を無視する考え方)に対しては当時から賛否両論があったようで、コンスタンツの公会議(1414年)でもこの点は論争となっている。この本ではその事も詳細に記述されているが、この部分は特に面白い。
 西洋史に限らず、アメリカ史、中東史に興味のある人にも参考になると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

キリスト教と侵略戦争

2002/05/20 11:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バーツ曹長 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代は中世、バルト海沿岸部の異教徒達にたいする
激しい武力侵攻・征服行為が行われていました。
「北の十字軍」ともよばれるこの活動によって、
カトリックヨーロッパは拡大していったといいます。
果たして、このような活動を正当化した思想は何だったのか。
「北の十字軍」の展開、思想的背景について述べていると共に、
後の大航海時代も視野に入れながらヨーロッパの拡大について論じています。
ヨーロッパが征服を正当化する思想をもとに拡大したということ、
のみならず、それを「批判」する思想も生み出しながら発展したという
指摘から考えさせられることはいろいろあるのではないでしょうか。
文明の抱える矛盾についても描かれた、好著です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/25 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/10 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/04 02:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る