サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

毎日晴天!

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.9
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/245p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900069-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

毎日晴天! (キャラ文庫)

著者 菅野 彰 (著)

毎日晴天! (キャラ文庫)

555(税込)

毎日晴天!

576 (税込)

毎日晴天!

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年9月22日(金)~
2017年9月28日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「毎日晴天!」が含まれるセット商品

毎日晴天! (キャラ文庫) 13巻セット

毎日晴天! (キャラ文庫) 13巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

一つ屋根の下

2016/03/12 09:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一つ屋根の下ラブ。
BLですが、濡れ場がバンバンってわけではありません。まあ苦手な人はご注意ください。
姉さんが直接出ていないのですが、存在感ありました。続くと出てくるのかなー、気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分的には

2017/01/30 19:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

BLのカテゴリーでは無い、人間ドラマの枠に入ってます。歩み寄りに長い時間をかけた大河と秀の関係が見どころです。直接 登場しないのに圧倒的存在感の帯刀家の長女・志麻さんの独裁ぶりが楽しい(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

帯刀家の容赦ない家族愛(笑)

2001/06/15 20:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:miyagi aya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 出版社に勤める大河は、突然の姉の結婚で、現在は作家となった高校時代の親友・秀と義兄弟となる。ところが姉がいきなり失踪!!残された大河は弟達の面倒を見つつ、渋々秀と暮らすハメに…。

 恋愛ものというよりはコメディとして「そこまでやる??」というくらい笑わせてくれました。メインキャストが6人もいるのに全員に好感が持てるあたりがスゴイ。大河はお兄さんな所が良いし秀はめちゃくちゃかわいいし。そして何よりこの家族のアットホームな雰囲気が好きです。欲を言えば恋愛ものより家族愛ものとして書いてほしかったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人の心ってままならないなあ。

2001/12/03 04:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:takumi_y - この投稿者のレビュー一覧を見る

 高校時代の友人が連れ子と共に姉の旦那として帯刀家(姉は放浪の身ゆえ男兄弟4人所帯)にやってくる話。どたばた喜劇っぽいが根底はとてもシリアス。

 登場人物が途方もなくぐるぐるしてるのが、とてもわたし好みでした。
 シリーズ通して3回くらい泣かされましたか、愛情(「家族」に置き換え可)を知らない子供に愛情のなんたるかを教えることは出来るのか?というところですれ違いや軋轢があって、でも互いの言い分理解しあって大団円でないところが好き。
 人の心ってままならないなあ。自分の根幹に関わることだし、そんなに簡単に心開いたり委ねたりはできないものだよなあ。
 でも切ないなあ、と泣きました。久々にやられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

過去の想い

2002/07/27 12:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版社に勤める大河は作家となった高校時代の親友、秀と再会するが・・・・・。
秀は大河の姉と結婚することになったと養子まで連れて家にやってきた。
が、肝心の姉は失踪してしまう。
結婚は認めないと言ったところでほおりだす訳にもいかず、一緒に暮らしだす。

大河と秀は高校時代想いあっていて・・・・・・・。

大河と秀。養子の勇太と末っ子の真弓。
そして次男、三男。の暮らしは面白い。
でも、意外にシリアスな話が多く、深く心の動きを書いているのがいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これがきっかけです

2003/01/13 13:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏月更夜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読み終えたときの第一声は
「…BLだったの…?」
でした。
本当に驚いたのを覚えています。
でも、嫌悪感とかは全く無くて、逆にいい話だったなと、読んだ後の満足感がありました。
登場人物が結構多いと、ごちゃごちゃになりがちですが、この話の登場人物は一人一人に個性があって、スムーズに読む事が出来ます。
ちょっと複雑な関係の主人公二人とその家族たち。
アットホームな感じが良く、温かく、面白く、ちょっと切ないお話だと私は思います。
これを読んでから、この続刊も読んでいます。
とても面白いですよ。はまってしまいました。
大河と秀、それに帯刀家のみなさんの今後が楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/14 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/12 18:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/05 01:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/23 22:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/07 18:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/23 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/18 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/10 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/13 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る