サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0811-17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 美少年学入門 増補新版

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

美少年学入門 増補新版(ちくま文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/300p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-480-03426-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

美少年学入門 増補新版 (ちくま文庫)

著者 中島 梓 (著)

美少年学入門 増補新版 (ちくま文庫)

799(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月11日(金)~
2017年8月17日(木)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.7

評価内訳

紙の本

面白い

2016/03/22 21:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

心惹かれるタイトルと竹宮恵子先生の美しい装画、帯の「少年は明日を殺す」という時の流れに逆らえない少年の刹那を感じさせる一文が良かった。中身は口語文体なので気軽に読みやすい。後世にこれからも残るであろう貴重な「風と木の詩」の対談が読めて良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美少年学の発明者

2002/05/09 02:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ファニー・ヒル - この投稿者のレビュー一覧を見る

女性の手による男同士の愛(最近はボーイズ・ラブといいますね)
の第一人者、中島梓による私的少年愛論。
美少年と美青年の違いなど定義から始まって、作者の思い出の美
少年についても言及されている。
文中熱く語られる「悪魔のようなあいつ」というドラマがすごく
見てみたくなったんだけど、どこで見られるのかしら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本物の少年を手に入れたらつまらなくなった!

2016/09/02 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:リララン - この投稿者のレビュー一覧を見る

私は他人の子供の話ってたいていつまらないのですが、こんな高名な作家さんすらそうなんですね。息子さんの話が入ってきて本当に面白くなくなりました。中島さんが「いまの私はもう哲学者ではなく、生活者なのだと思います。」と後日談として語ってますが、まさにそれ。
それでも☆4つなのは、あまりにも豪華すぎる対談です!!!いや~風と木の詩も摩利と新吾もエロイカも読んでてよかった。
個人的にスカッとしたのは摩利と新吾について木原先生が語ったところ。私は摩利と新吾に関係を持ってほしかった派。読んで以来ずっとなんかイライラしてたのですが(すぐコミックを売り飛ばすぐらい)、木原先生の話を読んで納得しました。まぁしょうがない(笑)
これら対談は1978年~1984年で、これらで語られる作品は2016年の今も色あせない名作ばかり。先生方も今や伝説的な作家さんですが、先生方の若さあふれる感じがとても清々しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/08/05 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/23 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/01 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/17 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 19:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/08 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/15 00:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/02 00:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む