サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア&電子書籍ストア 全商品ポイント5倍キャンペーン(~8/18)

8/1~ あなたの”ほしい本”がもらえるキャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. スポーツの通販
  4. 球技の通販
  5. 実業之日本社の通販
  6. 熱狂 ワールドカップ2002、夢のような31日間の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

熱狂 ワールドカップ2002、夢のような31日間
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.8
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:21cm/173p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-61100-X

紙の本

熱狂 ワールドカップ2002、夢のような31日間

著者 杉山 茂樹 (著),木下 健二 (写真)

超人気サッカーライター杉山茂樹が、日韓ワールドカップの「熱」を描く初の本格書き下ろし。迫力写真満載の永久保存版。写文集。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

熱狂 ワールドカップ2002、夢のような31日間

税込 1,728 16pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

杉山 茂樹

略歴
〈杉山〉1959年生まれ、静岡県出身。スポーツライター。著書に「失われた日本代表」ほか。
〈木下〉1955年生まれ、東京都出身。フォトグラファー。スポーツ写真に定評がある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

杉山茂樹のW杯日記

2002/08/26 20:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミヤノフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 杉山茂樹の目に映るサッカーシーンは、我々が普段よく目にするTVメディアから伝わってくるそれとは、また違う味を持っている。彼独特の臭覚が感じ取っている、とも言って良いだろう。従って彼の文体は、昨今のTVメディアに違和感を感じている人たちを大いに惹き付ける——ある意味での代弁者でもあるのだ。
 本書はいわば、「杉山茂樹のW杯日記」。これを読めば、通なサッカーフリークはますますゲームに触れたくなり、そしてますますキーボードを叩く——こうして書きたくなるのである!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ワールドカップは「熱い」!

2002/12/20 22:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:片桐真琴 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2002年最大のイベントといえば、やはりワールドカップ。
地元で開催されたこともあり、日本ではこれまでにない盛り上がりを見せた。
この異常なまでの狂想曲のただ中に最も深く身を投じていた人たちといえば、スポーツライターをおいて他にはいないであろう。
その中でも、一年の3分の2を海外のサッカー取材に費やしている著者ほど、その実態を語るのにふさわしい人物はいないに違いない。
本書は、そんな著者による2002年ワールドカップ観戦紀行である。

本書は、ゲームの内容にも触れているけれども、主にスタジアムで感じたことや、日韓6往復という強烈な“旅”の様子、がメインで、「日記」形式をとっている。
著者は、試合結果や内容だけではなく、ホスピタリティーやスタジアム、観客の熱狂などあらゆる面で共催国である韓国の方がすばらしかったと記している。
私は残念ながら観戦に行けなかったので現場の様子は知らないけれど、日本ではプレスルームがプレハブだったり、案内標識が判りづらく延々と歩かされたり、会場のボランティアにウソを教えられたり、果てはスタジアムで警備員に体当たりをかまされたり、と著者は日本で散々な目にあったそうだ。
私自身の少ないサッカー観戦の経験からでも「さもありなん」と思わず納得してしまった。
あの当時、マスメディアに流れていた情報が、いかにうわべのきれいごとだけだったかを改めて痛感させられる。
日本人の著者が、言葉の分からない韓国での方が快適だったというのだから、海外から来たジャーナリストやサポーターはいったいどんな思いで日本でのワールドカップを眺めたのだろう、と心配になってくる。

と、いろいろ問題点は指摘しているが、本書から最も伝わってくるのは著者のサッカーに対する情熱であり、ワールドカップに対する「熱狂」である。
本当にサッカーが好きなんだなぁ、というのが行間からあふれ出ている。
当初は休息日に当てていた日に韓国へと旅立つんだから相当なものだ。
私にはとうてい真似できない。
それにしても「熱い」本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ライター杉山のワールドカップ日記

2002/08/26 22:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:格  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 杉山のいつものするどいサッカー分析かと思いきや,残念ながら,ほとんどただの日記。31日間,試合が見れるだけ見て,日本,韓国間を6回も往復して,レポートを必ずしたらしいのだが,そのレポートはここにはない。ものすごい強行軍であることはわかるが,それは自分の趣味のためとも言え,幸せなときを過ごしたということであり,羨ましいだけ。

 テレビでだけ観戦した立場からすれば,韓国の韓国戦以外のがらすきのスタンド(この件についてまったく触れられていないのはなぜか?),どんな試合でも温かい雰囲気で満員の日本という好対象が目立つのだが,両方で毎日を実際のスタンドで過ごした筆者によると,温かい韓国の人々,警備だけが目立ち,ホスピタリティのかけらもない日本,ということになるらしい。そこまで日本はひどかったのか。なんとなく,さもありなん,という気もするのだが,このような論調の文章をほとんどまだ見ていないのだが,どうなのだろうか。

 日本対トルコ戦よりも韓国対イタリアの方が絶対に面白い試合になると確信を抱き,日本戦をキャンセルして,韓国戦の方を見た筆者。このあたりの空気は,スタンドに足を運ぶだけでしか得ることはできないのだろう。普通の人間には縁のない話であることが悔しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サッカー・フットサル ランキング

サッカー・フットサルのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。