サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273909-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

少子 (講談社文庫)

著者 酒井 順子 (著)

少子 (講談社文庫)

税込 514 4pt

少子

税込 514 4pt

少子

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 9.3MB
Android EPUB 9.3MB
Win EPUB 9.3MB
Mac EPUB 9.3MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

オスの負け犬が少子化を嘆くのは自業自得であるが…。

2004/03/25 09:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:栗山光司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 働く未婚、子なしの同性からだけでなく、専業主婦、オスの負け犬たちからも注目されている『負け犬の遠吠え』の酒井順子さんは雑誌アエラで『結婚の条件』の小倉千加子さんと激突対談している。

 小倉:世間的に酒井さんは「負け犬」とラベリングされているけど、犬という言葉を使うことで、そんなレッテルから自由になる宣言をしたんだと読みました。ただ、あまり強く言って「勝ち犬」が過剰反応を起こしてはいけないので、キャインキャイン、痛い、痛いっていう顔をして負けたふりをする。
 酒井:「負けていない」って言い張る人を見続けてきて、痛々しいなって思う気持ちがすごくあるんです。だったら、「負けています」って白旗を掲げたほうが楽だろうと。
 小倉:負け犬を自称できない人って本当に痛い。そういう人こそ、強く「女は結婚しなければいけない」とか、「子どもを産まなくてはいけない」と刷り込まれていると思うんですよ。なのに、人には「私はちっとも寂しくなんかないわ」とか、「すごく忙しい」って言う痛さ。

 本書はタイトル通り『少子』をフォーカスしている。『負け犬の〜』と比べて全く地味な装丁ですが、著者のメッセージが具体的に簡にして要、明晰に伝わり、『負け犬の遠吠え』の助走としてこの本を書いたのだなと納得出来る。前半は少子化になった理由。後半はその対策を彼女らしいサービス精神で笑ってしまう女の妄想も挿入してキャインキャインと語る。

 理由 1:痛いので産みたくありません(無痛という状態は時として、生とひきかえにすらなるほど、貴重なものなのです)。2:なぜ、結婚というものをしなくてはならないのか?(ロウリスク・ロウリターンの選択)。3:うらやましくないから(今を楽しむキリギリスがアリの国に行きたがらないようなものです)。4:もしかすると子どもを愛することが出来ないのでは? 5:面倒くさいから(老人介護があってどうして、乳幼児介護制度がないのか)。6:シャクだから(年金が破綻するので子どもを産んでくれ、女に教育はいらない)。7:男が情けないから(限りなく透明に近い精子)

 対策 1:自分で育てない制度の構築。2:有名人に産んでもらい出産ブームを演出する。でも、実際はあまり効果はなかった。出産礼賛ソング「こんにちは赤ちゃん」をもう一度。3:男に産んでもらう、実際、かなりのところまで研究は進んでいるらしい。<私>的にはやってもいいが、痛いのは嫌いだから、細胞を提供してクローンで我慢してもらいましょう。4:戦争をしてみる(明日死ぬかもしれないという切羽つまった状況が、男性の肉体の深いところから特別な「男らしさ汁」を分泌し、女性の側は、そのホルモンのにおいに敏感に反応する)。5:宗教を信じてみる(自らの子を残すという行為は最も手っ取り早い信者拡大再生産)。

 眉唾もののブラックユーモアも交えた対策であるが、著者の本音が窺い知れる。彼女のスタンスは《一度とことん少子化をつきつめた時、そこに明るい希望が生まれるような気もする。もしも、この先、舌の根も乾かぬうちに私が出産エッセイを書き始めたら、「ああ、この人は少子化の底をみたのだな」と思っていただければと思います》ってわけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

負け犬の戯言

2004/02/07 19:51

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:流花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「このまま少子化が進んでいくと、計算上では西暦3500年頃に日本の人口は約1人、となる。」——少子化をくい止めるには、どうしたらよいか。ということから、「産まない理由」を考察してみたのが本書である。だが、その理由たるや、「痛いから」、「結婚したくないから」、「うらやましくないから」、「愛せないかもしれないから」、「面倒くさいから」、「シャクだから」、「男がなさけないから」…アホかと言いたくなる。負け犬の戯言。産みたくないなら、産まなくていい。所詮、自分がかわいいだけじゃないか。
 だが、今の世の中、右肩下がりの経済に加えて、虐待、通り魔、誘拐、いじめ、と、子供が生きにくい世の中になってしまったのも事実である。子育てをしながらも、不安だらけであろう。子供を愛する自信がないのなら、なおさら産まないほうがいい。 
 『「なぜ産まないのであろうか?」ということを考えていくと、我ながらつくづく、自分の甘さ、弱さ、ズルさといったものを感じます。もし私が自分の祖母だったとしたら、「面倒」とか「痛いし」などといって子産みを避ける我が孫のふがいなさに、憤死しそうになることでしょう。しかし残念ながらこれが、紛う方なき現実なのです。』——「おわりに」の章で、筆者はこう述べている。
 子供を産むかどうかということは、個人の生き方の問題であろう。他人がとやかく言う筋合いはない。だが、産まない人が増えていくと、どんどん人口は減り、いろいろ支障を来してくる。国家として、人類として、最終的には滅びてしまうのではないか。そんな危惧を感じているからこそ、筆者は本書を著したのだろう。
 しかし、「では、どうしたらいいか」という問いに対する答えは見つからない。
 人間は、生き物である。生き物として、遙か昔から連綿と営んできた、子孫を残し、種を繁栄させていくこと…その本能によって生きているということには、変わりはない。だが、それを常に意識して生きている人間がいるだろうか。
 小津安二郎監督の映画『晩春』の中で、笠智衆演じる父が、「結婚したくない」と言う原節子演じる娘に向かってこう言う。「お父さんはもう56だ。お父さんの人生はもう終わりに近いんだよ。だけどお前たちはこれからだ。これからようやく新しい人生が始まるんだよ。つまり、佐竹君とふたりで創りあげていくんだよ。お父さんには関係のない事なんだよ。それが人間の歴史の順序というものなんだよ。」——“人間の歴史の順序”。目から鱗がおちたような気がした。そうなのだ。こうして人は生きていくのだ。人間の生き方…そんなものを超越した、人間という生き物を突き動かしているもの。それはまぎれもなく本能である。地球という生命体の一部に組み込まれた人間として、当然果たさなければならない義務なのである。それを素直に受け入れなければならないのだろう。
 何も考えずに、結婚して、子供を産んじゃった…というのが一番幸せであろう。本来「子供を産むかどうか」で悩む事なんて、あり得ないことだったのではないか。人間というものは、生き物でありながら、“他の生き物とは別”という意識を持っている。クローン、人工授精、遺伝子組み換えなど、おそれ多くも“生命”をも自らの手で操作してしまう人間。が、そんな人間社会に、行き詰まり、閉塞感が漂っていることは否めない。「人が人を愛せない」「人間嫌い」…そうとも思える言動が世間にははびこっている。そんな世の中を、どうにかしていくことが大切ではないだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/15 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/08 23:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/09 23:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/09/22 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/30 14:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/03 23:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/03/29 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/26 11:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/25 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/26 07:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/17 02:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/08 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。