サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

名乗れ!今こそ大英雄(富士見ドラゴンブック)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

名乗れ!今こそ大英雄 (富士見文庫 富士見ドラゴンブック Role playing game)

著者 清松 みゆき (監修),秋田 みやび (著),グループSNE (著)

名乗れ!今こそ大英雄 (富士見文庫 富士見ドラゴンブック Role playing game)

税込 670 6pt

新ソード・ワールドRPGリプレイ集10 名乗れ!今こそ大英雄

税込 670 6pt

新ソード・ワールドRPGリプレイ集10 名乗れ!今こそ大英雄

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 11.0MB 無制限
Android EPUB 11.0MB 無制限
Win EPUB 11.0MB 無制限
Mac EPUB 11.0MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

遠い冒険の日々と、明日の冒険の日へ。

2005/07/22 18:44

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:*K* - この投稿者のレビュー一覧を見る

「わたし」は、未練などないからと、十数年前から納戸の片隅に放り出したままの旅仕度を目の端に捉える。ほんの一瞬。それきり、慣れてしまった仕事に戻り、昼に聞いた「彼ら」の活躍などは、使わなくなった道具のように放り出したつもりで、頭の片隅に、瞼の裏に、胸の奥に、「わたしたち」の旅がちらつく。
ソード・ワールドの「オールドファン」などと称する、わたしのような古い愛読者には、そんな面々がいるように思う。この作品は、いわゆるライトノベル系のレーベルから出ているものの、「小説」ではない。「リプレイ」という、ゲームのプレイ結果を演劇の台本様の体裁で書き起こした架空世界のドキュメンタリである。
二十年近くもの歴史を持ち、主にアメリカ製である「RPG」というゲームのカテゴリで、国産としては既に古典となった今もメジャな「ソード・ワールドRPG」の、公式の「プレイ記録」が、このリプレイだ。
これは、ゲーム開発者側が提示している「公式」の作品であるが、ゲームのファンは、自ら冒険を架空世界で楽しんでいる。自分達も、仲間とともに街道を歩き、古代遺跡を廻り、妖魔や邪神の狂信者と戦った「記憶」と「経験」を持っている。
半数は、まだ冒険に出たばかりか、近く冒険に出ることを夢見ている若者だ。残る一部は、既に歴戦の勇者であり、現役の冒険者で、わたし自身のように冒険の旅を終えて、街で暮らしながら、時折伝わってくる若い後輩達の冒険に、少し後ろ髪を引かれたりもする。(つまり、楽しみと同時にゲームの資料も兼ねて手にする読者が想定されながら、ゲーム経験がない読者、実際に人間が集まって長時間を費やしプレイするため、大人になって、機会を失うファンが結構いる)
6番目に該る本シリーズは、今巻で堂々の完結となった。
それも、本来「最終巻」である前巻収録分において、登場人物である冒険者一行に、著者も予測しなかった大事件が起こり、結末が先延ばしとなったためだ。小説のような通常の創作と異なり、著者の意向だけで登場人物の言動はコントロールできないし、ましてや発生する事象となると、現実の未来と同じくらい不確定だ。
その剣と魔法の世界のドキュメンタリも、一旦の終了。もちろん、キャラクタの人生は続くのだろうが、物語は一応の完結となる。
だからこそ今、一緒に彼らの冒険の旅を眺めてきた我々の仲間ではなく、まだ見ぬ方々にぜひ、1巻めから手にとって欲しい。
この作品の彼らのように、日々の食事代にも事欠く新米冒険者から、「大英雄」を目指せる場所がソード・ワールドの世界。
近い、あるいは遠い将来、あなたが彼らの旅した大陸の英雄となる日を願って。
「わたし」は、もう冒険の旅に出られる機会が、ほとんどゼロに近いことを知っている。
若い英雄達の活躍も、懐かしく思い出す日々の引き金にしかならない。
けれど、この「大陸」では時折奇跡が起こることも知っていて、いつか、昔の仲間が、あるいは偶然知合う誰かが、遭遇する事件が、「わたし」を旅立たせる予感も消えない。
かつて冒険の日々に共に戦った風の精霊が、決している筈の無い場所…陰る納戸の奥で、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本当の本当のラストッ!

2005/07/23 08:13

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:志岐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お疲れ様でしたーっ! と本来なら言うべきかもしれません。
だけど、彼らにその言葉はまだ少し早いのじゃないか? と思わせてくれる、本当にステキなラストになっています。
……ぶっちゃけ、冒頭からヒースは暴走するしファンドリアにいけないとガックリきてるイリーナはいるし。プチ&チビも元気だし。
そしていよいよこの巻では「ここまで大事になった」からには絶対に出てくるであろう、あのご夫妻(バレバレだぁ)が登場!
そして明かされる恐怖を帯びた夫婦生活!(ぇ
最近ちまたで流行りつつある「鬼嫁」なーんてメじゃない!?
逆DVも生々しい赤裸々なご夫妻に会えるのは……絶対にこの本だけでしょうね(^^;
こういった本編とはそう関係ない部分まで、GM秋田みやびさんの豪腕がうなって……プレイヤーが暴走している10巻です。
一応の英雄譚はこれでおしまい。
だけど私たちは待っている、信じている。
へっぽこーずはいつか絶対帰ってくるとッ!
叫びたくなる、永遠に続いてほしいなぁと思う、良作です。
これを読んだらたぶん絶対に、今までのリプレイを読み返したくなることは確実かもしれません

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

復活!そして……。

2016/12/25 14:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

よーく見ると、挿絵の中にいるのがノリーナ……。
いや、おふれを撤回してノリスの名誉回復してあげてよと思わなくもないですが。
それもへっぽこーズらしいのかもしれません。
そして以前にも冒険をした場所での因縁の対決というシメもいい。
が、ローンダミス~~~。
やっぱり渚の大神官のPCは……!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/07/24 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/29 02:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/16 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/14 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/03 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/24 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/08 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。