サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バルバラ異界 4(flowers コミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: flowers コミックス
  • サイズ:18cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-167044-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

バルバラ異界 4 (flowers comics)

著者 萩尾 望都 (著)

【日本SF大賞(第27回)】【「TRC MARC」の商品解説】

バルバラ異界 4 (flowers comics)

545(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

バルバラ異界 4

432 (税込)

バルバラ異界 4

ポイント :4pt / 紙の本より113おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「バルバラ異界 4」が含まれるセット商品

バルバラ異界(flowersコミックス) 4巻セット(flowersフラワーコミックス)

バルバラ異界(flowersコミックス) 4巻セット

  • 萩尾望都
  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:2,18220pt
  • 発送可能日:購入できません

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

重ね描きされた世界

2005/10/11 15:52

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 バルバラの謎が明かされる最終巻を読んでいる間、とりわけ夢先案内人・渡会時夫の記憶が上書きされていく場面では、私自身の脳内過程が二重化されたかのような眩暈に襲われ、軽い頭痛と嘔吐感をさえ感じた。読み終えた刹那、一瞬のことだったけれど、目に見える部屋の情景が夢の世界の出来事のように思えた。北方キリヤへのトキオの思いが切なく迫ってくる。自我の孤独と「ひとつになること」。
 記憶の「上書き」というと、ボードレールが『人工楽園』で人間の脳髄や記憶に準えた「パランプセスト」(書かれた文字を抹消して重ね書きされた羊皮紙)を想起する。夢と現実の重ね描き。ここで「夢」とは「未来」(死後の世界)のことで、エズラ・ストラディの語るところによると、「人間のもつ抽象思考能力は未来の出来事に影響をおよぼす いわばみる夢は──実現するのだ」。この言葉はこの作品そのものの成り立ちを告げている。
 いや、漫画そのものがパランプセストなのだ(あるいは日本の藝能、文藝に通底するものとしてのパランプセスト)。岡野玲子の『陰陽師』と萩尾望都の『バルバラ異界』。ほぼ同時期に完成したこの二つの作品世界を縦横に遊弋し、そこに重ね描かれた観念や形象を存分に論じきった批評を読みたい(書きたい)。
 とりあえず『バルバラ異界』については、先の抽象思考能力云々と、死者の心臓に宿る記憶物質(福岡伸一『もう牛を食べても安心か』を参照すべし)、そしてケルトが手掛かりになる。「わたしの一族の発生は古い エルベ川ぞいで鉱脈をさがしながらヨーロッパを南下したケルトの古い末えいだ……男も女も早く老いた 20歳をすぎると老人になった 背も低く そう…「白雪姫と七人の小人」の物語の鉱脈堀りの小人のような ハハハ…」。
 あらためて思う。『バルバラ異界』には萩尾望都が書き得たすべての作品の記憶、そしてこれから書かれるであろうすべての作品の予感がパランプセストのように重ね描きされている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/10/13 12:48

投稿元:ブクログ

9歳で両親の心臓を食べてから7年間眠りについたままの少女青羽、他人の夢に入ることを生業としている度会、その息子キリヤ。青羽とキリヤが夢の中で作り出した島バルバラを巡って、青羽の夢と現実世界が交錯する。巨匠萩尾望都の最新近未来SFロマン。その世界観は既存の小説、映画の類を完全に凌駕しており、圧倒される。1〜3巻までの謎が4巻で一気に解ける様は快感。もう言葉にならないくらいスゴイ。同時代に同じ国に生きられたことが本当に嬉しい。この人はスゴイ。

2006/10/25 02:40

投稿元:ブクログ

萩尾先生の最新単行本のはず。
残酷〜の後、またこんなすげー作品を世に送り出しちゃう頭脳というか感性に感動してしまう。。

2006/12/21 21:53

投稿元:ブクログ

こんな結末を迎えるとは…。時夫とキリヤの間でやっと始まりかけていた親子関係が…、せつない。しかしこれってよく考えると、やつらの侵攻を手助けしたってことにもなるのか? SFでした。

2007/09/13 21:07

投稿元:ブクログ

おぉ。
すべての謎が、しっくりと収まって、ここまできれいに完結するとは。
しかも、タイム・パラドックスなテーマまでしっかりとかききって。
さすがというか、お見事です。

テーマ的には、夢の話ということで、わたしは「銀の三角」を思い出しました。

夢の中の夢の中の夢の中の夢……。
合わせ鏡のように、クラクラしながらも、お話の迷宮をあるいた気分です。

2007/02/18 12:44

投稿元:ブクログ

何で死んじゃうわけ?そして彼は伝説になるみたいな…?キリヤ君のことは時生しか覚えてないのかなキリヤ君自身すら忘れちゃってるのよね。なんかハッピイエンドだけど願いも叶ったはずだけど思うとおりにはならなかったと言う…何が本当なのかって結局わからないと言うか、自分の見ていることだけが本当で時生はいろいろ見たものが残っちゃったから…面白かったです。

2007/06/30 17:12

投稿元:ブクログ

今年度SF大賞を受賞した萩尾望都の最新作。さすが萩尾望都…テーマが広くて深すぎるぅ…ていうかよくわからない…。夢、カニバリズム、前世の記憶、パラレルワールド、火星、若返り…そして親子関係。それにしてもすごい話の密度で4巻にまとまっちゃっていることにまず驚く。先が気になる一気読みで、ラストに急転直下の収束感が味わえます。やはりこの人の構成力は余人に真似できるものではない。

2007/06/17 21:11

投稿元:ブクログ

一気に1〜4巻まで読みました。
ファンタジーな感じで始まりながら、それは親の心臓を食べたあと昏々と眠る少女の夢の世界で、現実の世界で夢の中に入れる渡会が彼女を起そうと夢に干渉しはじめたところから、夢と現実が交錯しあい・・。

いやはや、なんというか4冊で終わるには内容が詰まってます。若返り、不老不死、親と子、遺伝子、試験官ベビー、未来、火星・・・
そして萩尾ファンなら見覚えのある欠片があちこちに・・
4巻ラストで一気に収束していきます。

 感じとしてはモザイクラセンを彷彿としましたが、より親と子の関係に重点が。結局、親にとっての「子」子にとっての「親」は、個別の生に対する愛情なのか、それともそれぞれの役割を果たす者への固執なのか。渡会とそのかつての妻にはそんな対比もみえる気がします。

 しかし萩尾作品はせつない。
(せつなさでは「モザイクラセン」が私は上なので★4つにしました。)

2007/07/16 11:09

投稿元:ブクログ

(2007.07.13読了)
2006年 『バルバラ異界』で第27回日本SF大賞を受賞
出版されてすぐ購入したのに、1年半も積んでしまいました。バルバラ異界(3)を読んでだいぶたつので、もう一度3から読むのがしんどかったのか、漫画を読むことに興味を失ったのか。活字中毒とか言いながら、読書スランプになり読んでいる本が全然頭に入ってこなくなる時期があります。
漫画も一定期間読むとしばらくぜんぜん読まなくなる時期があります。バルバラ異界を読まずにおいたのもそういう時期だったのかもしれません。「山へ行く」を読んで、バルバラ異界を思い出し、3を読み直してから4にかかりました。
バルバラ異界は、一度だけ読んでもわかりにくく、2度読んでやっと理解に近づく本かもしれません。(決してわかったとはいいかねます。)
萩尾さんは、「銀の三角」「モザイク・ラセン」で、歴史修復の試みを行っていますが、「バルバラ異界」も心理学を学んで、タイムトラベルなしで、未来修復を試みたようです。
火星での生命体の記憶の継承がどうして心臓で行われるのでしょうか?
心臓は、生命の源ではあるけれど、記憶は脳で行われるはずなので、脳で行われるのが自然と思われるのですが。
再生治療により若返った世羅ヨハネ(エズラ)が鶴亀センターから十条青羽のいる東中原研究所へ。ちょうど散歩中のキリアに入れ歯に埋め込んだチップを渡す。
「心臓筋のたんぱく質には不思議なものが含まれている。ある条件である特定の心臓を食べると記憶の封印がとかれてしまうことがある。」と言い残す。
エズラと菜々実は若返った姿で出会いエズラは一気に老いて衰弱し死んでしまう。
キリアがエズラから受け取ったチップをパソコンに接続するとエズラが何をしてきたのかが語られていた。
エズラは子供のころ母親から「赤い星の夢を見るものは未来の夢を見ることができる。見る夢は実現するのだ」と聞いたことがあるという。青羽が見る夢は・・・。
バルバラに住む青羽、パイン、タカは、エズラの遺伝子を受け継いでいる。
大黒先生の調査によるとキリアが保育園に通っていたときアレルギーショックで病院に運ばれニューヨークに転送され、1週間後には回復し元気で東京に戻った、そのニューヨークでキリアが入院していた隣のグリーン・ホームのタカという少年が同じ病院でしているという。タカは、エズラの精子と北方明美がボランティアとして提供した卵子により代理母によって誕生した可能性が高い。キリアもタカも北方明美の子供だが、キリアの父は渡会時夫、タカの父はエズラ(世羅ヨハネ)だ。
キリアとタカは入れ替わったのか?
青羽の夢のバルバラもジェノサイドで消えてしまった。
キリアは東京に帰り、お祭りの屋台から転落し死亡した。
ここから先は、読んでのお楽しみ。
(2007年7月16日・記)

2007/09/23 22:35

投稿元:ブクログ

萩尾望都作品と私の好みにだんだんズレを感じていましたが、やはり凄い(絶句)。カニバリズムや人形が逆さに落ちてきてつぶれる描写は80年代のホラーSFのよう。ラストはパズルのピースがぴったり嵌りながら、ピースのかけらである人間の心だけが納得しない。複雑な心理をうまく描写しています。

2007/12/29 23:59

投稿元:ブクログ

夢と現実の入り混じった世界は萩尾望都ワールド炸裂。複雑でいったいどうなるの?というほど絡み合った物語、最後は納得させる終わり方。さすが萩尾望都・・・。一気に全4巻読まないと話が分からなくなります。

2013/03/23 18:04

投稿元:ブクログ

2005年10月20日初版第1刷発行
2007年2月25日第3刷発行
渡会は息子のキリヤを助けようとして、逆に永遠に失ってしまった。行ってしまったキリヤは実の息子ではなく、手元には実の息子が無事に戻ったのに、実はタカだった最初のキリヤを取り戻したいと願った。
ぼくは葛藤が怖くて…
手に入らないものはあきらめよう忘れようと思うようにしてきた
もめごとや苦しみや……
つらいことから逃げて…
いまそのツケを払っているんだ
二度も捨てた息子とようやく真剣に向き合おうと努力した矢先に。
血の繋がりだけではないんだ、という陳腐な感動も、ハッピーエンドにはしてもらえずもどかしさが残る。上手く言えないけど、この寂しさを味わいたいのかもしれない。

2014/03/04 23:12

投稿元:ブクログ

眠り続けてることでそれを見守るしかない周囲の人間に謎を振りまき続けた青羽が何ゆえにそうしていたのか解った瞬間、約束されている訳ではない未来の為だけに身を削ってたのか、と思うと感情が揺さぶられる。切ない部分はありつつも、渡会が息子を思う父として着地している所が優しくて素晴らしい。

2008/11/30 13:39

投稿元:ブクログ

読んで、しばらく頭がぐらぐらした。
自分の認識している世界が絶対ではない、ということをがっつり思い知らされて、三半規管が狂ったのかと思うくらい、足下が覚束なかった。

量子論だったっけ?
観察する人の意志が観察結果に影響する、みたいなハナシ。
わたしたちは視たいものを視たいように視て、それを具現化している。
世界の在り方を決めているのは、わたしたちの意志である。みたいな。

物理空間軸とはまったく異なる世界認識の在り方。
世界が在るのではなく、わたしが認識するから世界なのだ。
ありゃ、認識論かよ。

このところ、あれこれ考えるのは「感情には質量がある」ということ。
質量があるからには、色も形も温度も湿度も触感も味も匂いも体積もあって、物理的に数値で計測されはしないだろうけれど、それは確かに、人を動かす。

I was moved. は通常「感動した」と訳す。
つまり、文字通り「動かされる」。
心の奥津城を圧倒して動かす力、即ち、感情の質量。

青葉の夢が未来をかたちづくり、青葉の夢に潜ることができる渡会は未来に干渉する。
渡会は夢の中で「助けてくれ」と訴える。
物理的な力は何も役に立たない空間で、渡会の「感情の質量」が誰かの夢に潜り込み、世界認識を変え、未来を変える。

未来が変わるということは、未来につながる現在が変わる。
現実が変わる。
記憶が入れ替わる。

認識が変われば現実が変わる。
世界は絶対ではなく、相対なのだ、ということ。

なんかいろいろ考え込んじゃった。

2009/03/08 19:49

投稿元:ブクログ

他人の夢に入り込んで調査することを仕事とする渡会と彼の家族、そしてバルバラの夢を見る少女青葉を中心に織り成す、久しぶりに読んだ萩尾望都の本格的SF。
相変わらず登場人物がべらぼうに多く、相関関係が分かりづらい。別に覚悟して読んでるからいいんだけどね。この人の場合、それが醍醐味だし。
少女版手塚治虫と呼ばれる萩尾望都の本領発揮という感じです。ディテールがやたら細かく、話の広がりが途方も無いです。これをよくまとめますな。本当に。
話は発刊がフラワーの割になのか、だからなのか、わりと大人向け(すぐ寝ちゃうしね)。けど萩尾望都読んだことの無い人にはちょっと抵抗あるかもしれないマニアックな出来。
個人的にはとても知ってる場所で話が展開するんで、なんかむずがゆい。

少女コミック ランキング

少女コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む