サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 千里眼とニュアージュ 下

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

千里眼とニュアージュ 下(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-408101-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

千里眼とニュアージュ 下 (小学館文庫)

著者 松岡 圭祐 (著)

千里眼とニュアージュ 下 (小学館文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年8月18日(金)~
2017年8月22日(火)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

命のチカラ。

2005/11/28 13:17

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

やはり今回も規模が大きく、「どっかんばっかん!F15Jぶっとび捲り!ずががががん!」を予感させた上巻。だがページを繰っていくに連れ、どうも今回はちょっと雰囲気が違う。美由紀と恵梨香のコラボも、当初期待した「二人で協力して巨悪を叩く!」と言ったものではなく、言ってしまえば、世を儚んだ恵梨香に美由紀が手を差し伸べる、と言った感。過去作品の「どっかんぼっかんF15Jかっ飛び捲り!絶体絶命美由紀キター!」とは確実に読み応えが違う。敵も、これまでは悪そうな奴が悪くて、でも想像を絶する規模の悪さで読み手の度肝を抜く!といった物だったが、今回はそれもちょっと違う。ダビデがほぼ完全に協力者の立場を取ってしまうところからも、それは分かる。そうか・・・これはもしや、新しい方向性を試されたのではなかろうか・・・。
今回の作品には、二つ大きなテーマが掲げられている。現代日本が抱えた、大きな問題。「自殺」と「ニートの増加」である。それに景気の停滞を加え、深く鋭く世相を切った作品に仕上げられている。もし本当に何らかの試みがあったとしたら、僕は今回の試み、大成功であったと信じる。自殺に魅入られてしまった恵梨香。でも、命ってそんなに弱くない。命って、自分から失おうとする事を良しとしない。命のチカラって、すごい物なんだなと感じさせられる一品であった。
美由紀自身にも「いつもに比べれば、地味目のクライマックスなの」と言わせてしまっているあたりも面白い。でも、松岡ファンとしての大興奮のクライマックスは、作品読了後の一行にあったのだった。
「千里眼」シリーズ次回作は文庫書き下ろし『千里眼 背徳のシンデレラ』
続編!キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/10 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/11 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/27 21:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/07 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/28 16:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小学館文庫 ランキング

小学館文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む