サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ぼくと魔女式アポカリプス

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくと魔女式アポカリプス(電撃文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/355p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3313-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ぼくと魔女式アポカリプス (電撃文庫)

著者 水瀬 葉月 (著)

これは、ぼくと彼女の前に突然現れた、ひとつの大きな「連鎖」の話だ。クラスの空気でしかない少女の告白という何の変哲もない「普通」から生まれる、無意味な「特別」の連鎖—。滅び...

もっと見る

ぼくと魔女式アポカリプス (電撃文庫)

702(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

ぼくと魔女式アポカリプス

702 (税込)

ぼくと魔女式アポカリプス

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これは、ぼくと彼女の前に突然現れた、ひとつの大きな「連鎖」の話だ。クラスの空気でしかない少女の告白という何の変哲もない「普通」から生まれる、無意味な「特別」の連鎖—。滅びた魔術種達。種の復活を賭けて行われる、人間を代役とした争い。それらの存在を知ったぼくの横で、魔女種族の代替魔術師となった彼女は戦う。そして戦うために行い続ける。哀しい微笑で、哀しい自傷を。「普通」と「特別」が混濁し、ぼくたちの眼前に残ったのは、ただ無慈悲な—第10回電撃ゲーム小説大賞“選考委員奨励賞”受賞者が贈る最新作。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

ぼくと魔女式アポカリプス

2010/03/24 20:56

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あず - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この著者の作品はどれも少々のグロテスクさやエロティックさが含まれているが、このシリーズはその割合が他よりも高くなっていると言えるだろう。読み手によってはこういった描写に嫌悪感を抱いてしまうことも有るかと思う。昨今の社会の風潮を鑑みてかシリーズの続編が発行できない状態になっているとのことで大変残念である。

 話のベースは日本で、そこに非現実な要素を加えたもの。一度死んだ者が魔法種族の手によって蘇り、種族間の争いの代理戦争をしていく物語である。主人公サイドから見てそれほど後味の悪い終わり方はしないようなので安心して読める。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ありがちで未熟

2006/06/29 22:47

7人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

ありきたりな人物配置に平凡なストーリー展開、読みにくい文章に不安定なキャラクター
痛々しく残酷で救いが無く、未熟
テーマ性がなく、読者を驚かせ傷つけ騙したいだけの作品に見えました
平凡であることを突き抜けたい人間が一生懸命書いた作品と言う感じでしょうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/30 15:51

投稿元:ブクログ

水瀬氏の新シリーズ第1巻(で良いのか?)前シリーズ『結界師のフーガ』と比べると読み易さが減っている、様な気がする。とは言っても前シリーズが読み易過ぎたので読み難い、と言う事はない。普通を嫌いながら生きる、あるいは生きようとしている『彼』と普通として生きてきた、あるいは生きようとしている何処か特別である『彼女』―そして、2人は戦う事になる。突きつけられた現実は、事実は、真実は、結末は―とても、無慈悲で。ところで所々の表現が下品だと思う、と言うのは言い過ぎだろうか。

2006/10/25 13:56

投稿元:ブクログ

説明やら情景描写がダラダラ長すぎる傾向が感じられた。
漢字単語にカタカナのルビ当てたい気持ちは分からないでもないけど繰り返されるとうざい。
無駄なエロ描写があったりするのもなんだな〜と。
表紙買いしてごめんなさい。

2009/02/09 19:01

投稿元:ブクログ

滅びた魔術種の復活をかけた戦争に巻き込まれた
生を失った悲しい代替魔術師の物語です。
魔女、翼人、エルフなど色々な種の代替魔術師が存在し
其れによって用いる魔術や必要とされる資質に違いがあって面白いです。

ドルイドとの最終決戦の切なさには心を奪われました。
ドルイド戦での救いの無さ、何を選択しても悲劇にしかなりえない非情さが
澪の苦悩がとても悲しいです。
人の世にはどうにもならない悲劇って確かに存在していますよね…。

作中の問題を感じる性的な表現についてですが
個人的には内容が面白かったのでそんなに気になりませんでした。
でも気になる方は読まれない方が宜しいかと思います。

2012/01/20 03:54

投稿元:ブクログ

自分の肌には合わないけど、設定とかちゃんとしてんなーこれは★3つだなー


なんて思いながら読んでたんですがね……最後の展開で1個増えちゃいましたよ……あー……うあー………………はぁ……

2013/12/18 20:59

投稿元:ブクログ

読書録「ぼくと魔女式アポカリプス」2

著者 水瀬葉月
出版 電撃文庫

P17より引用
“普通にはなりたくない、けれども絶対に普通からは逃れられな
い。そんな相反した願望と真理に挟まれたぼくは、やはり矛盾に
満ちた生き方に浸かっていた。”

 普通を嫌う高校生を主人公とした、同じ学校の生徒の一言から
変わってしまった日常を描いたライトノベル。
 普通を嫌うため校則を守らず金髪にしたりしている主人公・宵
本澪、ある日いじめられっ子の告白を受けたところから彼の普通
は歪んだ…。

 上記の引用は、主人公の気持ちを描いた一文。
そんなに普通が嫌なら、高校に進学しなければよかったのになと
思います。
 ドロロンえん魔くんとかハリーポッターのワンシーンを思い出
すようなキャラクターがいたり、その他にも何やかやと面白い感
じです。文章の言い回し等を見ていると、著者は優秀な人なのだ
ろうなと思います。

ーーーーー

2011/04/18 19:12

投稿元:ブクログ

ちょっと重いかな。
 出だしは飛ばしているので、ごちゃごちゃしていますが、だんだんと地が出てシンプルになってきます。

 最後のまとめ方がダークな感じです。

2010/12/10 00:25

投稿元:ブクログ

わかりやすく心躍るボーイミーツガールな冒険譚なんて無い。主人公は平凡どころか平凡から逃れたい願望に囚われた痛々しい少年だし、ヒロインは指を切り落として嬌声を上げ、男の友人キャラでさえ気楽になんて生きられない。ラノベの典型というよりも、伝奇系ギャルゲーへのカウンターといった感がある高二病御用達暗黒ストーリーだ。それでいてただの悪趣味に終わらないのは、登場人物たちがそれぞれちゃんと希望を持ち続けているからだろうか。お勧め。

2014/05/22 01:01

投稿元:ブクログ

やや過激なグロ描写を含む、ダークな雰囲気の魔法少女ものです。

主人公の宵本澪(よいもと・れい)は、同級生の砧川冥子が魔法少女だという秘密を知ることになります。彼女は、帽子に宿った魔女(ウィッチ)アヴェイラーズ・ウルリッヒの「代替魔術師」(ポステリオルマギス)として、「闇滓」と呼ばれるエネルギーを集めています。そんな彼女は、学園内に侵入した「ドルイド」と戦い、また彼女たちに何かを伝えようとするエルフの代替魔術師のレンテンシア・イズラデリと出会います。

こうして、非日常の世界をかいま見た澪に対して、アヴェイラーズは日常へと帰るようにうながします。しかし、彼らの意図に関わらず、澪自身も非日常の世界へと歩み出ることを余儀なくされます。澪は交通事故に巻き込まれて死亡し、魔女のエベネゼルの代替魔術師としてこの世界にとどまることになったのです。こうして澪もまた、冥子と同様に、ドルイドたちと戦い、闇滓を集めることになります。

不死となった代替魔術師が、自分自身の身体を傷つけることで魔術を使うという設定ですが、今のところあまり必然性が感じられず、グロ描写が空回りしているような印象を受けてしまいます。

2011/08/01 12:18

投稿元:ブクログ

これは、ぼくと彼女の前に突然現れた、ひとつの大きな「連鎖」の話だ。クラスの空気でしかない少女の告白という何の変哲もない「普通」から生まれる、無意味な「特別」の連鎖ーー。
滅びた魔術種達。種の復活を賭けて行われる、人間を代役とした争い。それらの存在を知ったぼくの横で、魔女種族の代替魔術師となった彼女は戦う。そして戦うために行い続ける。哀しい微笑で、哀しい自傷を。
「普通」と「特別」が混濁し、ぼくたちの眼前に残ったのは、ただ無慈悲なーー
第10回電撃ゲーム小説大賞〈選考委員奨励賞〉受賞者が贈る最新作!


* * * * *

言う事はひとつ。

え ろ い!!

表紙もですが、中も一部。
いやぁ好きだよこの感じ!

あれか。自傷イコールグロってことで、エログロ…され竜みたいですな。
えろいとか言ってますが、そんなにえろくないです。まじ一部分。

つーか冥子ちゃんかわええええ!
澪に言われて浮かれるのかわええええ!
えろいのは彼女じゃないよ!アヴェイラーズだよ!
つーかアヴェイラーズ、ババァだよな多分。いやはや見た目の違いか。

話も、私は面白いと感じました。
キャラ的には巳沙希がそんな好きではないですが。まぁちょっと、予想してたあの展開。
妹ちゃんの喋り方はすんごい特徴あって可愛らしいですな。

問答無用で☆5つ!

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む