サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 空ノ鐘の響く惑星で 10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

空ノ鐘の響く惑星で 10(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/314p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-3348-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

空ノ鐘の響く惑星で 10 (電撃文庫)

著者 渡瀬 草一郎 (著)

アルセイフを旅立ち、ウルクの故郷ジラーハへと辿り着いたフェリオ達。ウルクの帰りを出迎えたのは父・マディーン司教だけではなかった。滞在先のウィータ神殿で神姫との異例の面会を...

もっと見る

空ノ鐘の響く惑星で 10 (電撃文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「空ノ鐘の響く惑星で 10」が含まれるセット商品

空ノ鐘の響く惑星で (電撃文庫) 全12巻完結セット(電撃文庫)

空ノ鐘の響く惑星で (電撃文庫) 全12巻完結セット

商品説明

アルセイフを旅立ち、ウルクの故郷ジラーハへと辿り着いたフェリオ達。ウルクの帰りを出迎えたのは父・マディーン司教だけではなかった。滞在先のウィータ神殿で神姫との異例の面会を許可されたフェリオ。御柱信仰の象徴である神姫・ノエルがフェリオの前に姿を現す—!一方、ラトロアに渡ったイリス達来訪者の前で、メビウス達による死の神霊を使った新たな実験が始まろうとしていた!突如ウィータ神殿を襲う惨事。そしてそこにはフェリオに復讐を誓うあの男の姿があった!!話題の異世界SFファンタジー第10弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ジラーハ編

2006/03/25 00:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

クライマックスとなるであろうラトロア編に繋ぐジラーハ編といった感じでしょうか
内容的には、三角関係のウルクをメインにしつつ、色々な人が色々うごめいています
少しずつ露になりつつある展開と、キャラクター達の気持ちが絡み合っている様子がもどかしくもあり楽しみでもありますね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/17 00:46

投稿元:ブクログ

鉄板の三角関係もついに二桁台。
序盤のイリス達のバカップルぶりも笑えたけど、やっぱりこの作品の本命は群像劇だと思った。

2006/03/12 21:47

投稿元:ブクログ

いよいよ物語りも終盤で盛り上がりを見せる第十巻。いやー濃い。非常に良い内容です。政治的な意味合いは勿論のこと、人間同士の絡み合い、そしてあの鈍感のフェリオ王子が自分の気持ちに気付いたのは――物語的にはリセリナと結ばれると思っていた私にとっては以外でした。やっとタートムとも落ち着き、舞台は次回からラトロアでしょうか?ウルクが信仰の象徴“神姫の妹”としての自分の政治的な立場に気づき、幼いころからの夢を取り戻し……自ら戦おうとする姿はすごく印象的でした。神姫ノエルの言うとおり、平和が話し合いで手に入れられるほど簡単なものではないかもしれませんが、彼女には彼女らしい優しさと凛としたいつもの「強さと優しさ」でラトロアの重役達を唸らせて欲しいです。まあ、そんな政治的なシーンからほっと息をつけるシーンも混ぜながら安定した筆力で毎度のことながら、魅せられます。神姫ノエルや、ジェラルド、ラトロアの使者、メビウス。重役達が一気に登場して(登場し過ぎて頭に入りきらないけど)、とても盛り上がる反面、もう少しで本当に終わりそうだなあと寂しい気もします。相変わらずドラマチックな展開も面白く、次回も楽しみです。

2008/07/21 17:02

投稿元:ブクログ

ジラーハに着いてからのできごと。次回にラトロアに行く前の序章。神姫ノエル、もう少しおとなしいイメージを持っていた。

2006/09/02 21:26

投稿元:ブクログ

神姫の意外なキャラに驚かされた。あのカシナートをも丸め込ませる部分は思わず苦笑い。

巻数もついに二桁になり、加速を続けるこのシリーズもついにクライマックスに向けて、走り始めました。この先どうなるか、予想は出来ないけど、BADENDはおそらくないので、期待してます。

2008/03/05 14:26

投稿元:ブクログ

次巻への伏線エピソードみたいなのが多くて中だるみの感が。例の二人がもっと性格悪かったらおもしろいんじゃなかろうか。

2010/05/15 21:35

投稿元:ブクログ

神姫ノエル初登場。色々とすごい方です。(笑)
立場を別にしても、彼女に勝てる人はまずいないのではないかと。あのカシナートですら、どうやら主導権握られてるんじゃないかと思われる節があります。
強引なまでにウルクとフェリオの仲を進めようとしたやり方には多少問題があるような気もしますが、結局のところそれでフェリオの覚悟が決まったんだからいいのかな。
とはいえ、ウィータ神殿が襲われて、ラトロアに行くことになったから、またその辺の話は延期になるんでしょうけども。
シャジールの民についても、また少し語られています。
…繋ぎ合わせると、こちらの世界の原住民はシャジールの民で、人類はつまるところ全員が来訪者の子孫で、彼らがやってきたことにより、滅亡したシャジールの民が起きるはずのない眠りから覚まされた、と。こういうことになるのでしょうか。
それにしても、まだすっきりしない部分が多々あるのですが。
謎といえば、ライナスティの事情通ぶりも謎です。話の主要部に関係はないのでしょうが、ちょっと気になります。

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む